ダフネの祈り

作者 エディ・K・C

32

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

のかな、と思えました。

どこかでゆるく登場人物達が繋がって物語が作られていて、カクヨムでは僕は初めて見たタイプです。

知らないふりして被害者面したり、会う口実に利用してみたり、思いきり頼ってみたり。
ひとりひとりが完全に倒れてしまわない様に、意識的にか無意識か、他人を使って自分を立たせている。
それでもいい、と慰めるメッセージにも感じるし、踏ん張って立っている人には、休めと優しいメッセージに思える。

この解釈でいいのか、分からないですけど『想像しよう』と書いている通り、いろんな事が想像できる懐の深い小説だと思いました。

想像することを、行間を読む、なんて言うけど、行間にたっぷり描ける人が居てこそ言えることなんだなと、改めて思いました。

★★★ Excellent!!!

予想を超えたところで偶然が折り重なっていく、大変緻密な作品です。一人、二人のエピソードで終わってしまいそうなところで、別な関係人物が絡まり、世界をじりじりと広げ、あるいは狭めていく。
人間、どこで何があるか分かったもんじゃないですが、それを明るくも暗くもなく、淡々と、しかし感慨深く掘り下げていく。
不思議ではありますが、いや、不思議だからこそ、大変な感銘を受けました。

そしてそれを支える、洗練された文章がまたすごい。『良い』んじゃないんです。『すごい』んです。やはり、ヒューマンドラマ特有の文体ってあるのでしょうか。
作品そのものだけでなく、文体的なアプローチという意味でも、大変すばらしい読書体験をさせていただくことができました(^^)

★★★ Excellent!!!

一人称視点での描写に臨場感やリアリティがあって、それだけでも十分に読ませてくれる物語です。

しかし、本作の最大の魅力は、最後まで通して読むことによって浮かび上がるバックボーン、全体像にあります。
パズルのピースなどと喩えましたが、その実像はもっと繊細です。
隣り合ったピースだけではなく、すべてのピースがリンクして、一つの物語を作り上げています。

なので、読みやすさに任せて一気に読み進めると、私のようにそのリンクがこんがらがってしまう恐れがあります。

ですが、心配ご無用。
この物語は再読に耐えます。
読み返せばきっと新たな発見、気づきがあるはずです。

★★★ Excellent!!!

またしても、である。この作者に、してやられたのは。
現代ドラマのカテゴリーだか、私はあえてエモーショナルなミステリーと解釈したい。

ここに登場する俺と僕と彼女と。そして天才的ピアニスト。
運命の糸が、一枚の写真で作られたポストカードに集約する。

ただ、そこはこの作者。一筋縄ではいかない。
社会風刺や恋愛や家族愛や友情を織り交ぜながら、散りばめた想いを、流れるように滑らかに集めていく。

一人ひとりの登場人物の置かれた環境と語る言葉。
その中にはとても深刻で辛い状況もあるが、しかし切なさの上に柔らかなベールをかけられたような感覚を覚える。

ゲーム。写真。そして神話。
散りばめられたモチーフが、現実とは少し距離を置いた、俯瞰から物事を映しとったものだからだろうか。

ひたすらに祈ること。手を差し出すこと。慈しみを捧げること。
集約した運命の糸は再び解きほぐされて、やがて祈りが奏でられるのでしょう。
想うことは祈ることなのでしょう。

抒情性を持った極上のミステリー。
あなたにも、春の夢を見る枝を覗き見てもらいたい。

★★★ Excellent!!!

天の星ほどある分岐点から、ラインをつなげていくのは自分自身しかいない。
そんな感想が、ふと、頭を過りました。

バックに流れるある物語を理解した上で読むと、より一層、感慨深くなります。

答えはいつだって一つきりじゃない。

幼き日に抱いた想い、そこから前進する力、そんなものが感じ取れる大人の読み物です。

★★★ Excellent!!!

それぞれ他人同士のはずなのに、それは見えない何かで繋がれていて、時の刻みと共にキャスト達が一つになろうとしていくアンサンブル・プレイ。

時にコミカルに、時にシリアスに。
きせかえカメラをカシャカシャと切り替えて撮るたびに、次々と読み手の想像力が新たに溢れてくるような文章表現が素晴らしいです☆

★★★ Excellent!!!

作者さまの作品はいくつか読ませていただいてますが、とにかく読ませる力と、最後の落とし方がとても素晴らしいものがあります。

今回の作品にも溢れるほどの作者さまの魅力がちりばめられています。

物語は、ずばり、想像するとはどういうことかという問いかけです。そのために、一見繋がりのない登場人物たちが、最後にはまるでカメラのレンズに集約していく様は、読む人の心を揺さぶってくるでしょう。

広がった世界と広がらなかった世界。その二つを想像という仕掛けで繋ぎあわせる。ある写真に穴を空けようとしたのは、閉じた現実をカメラにセットしても、広がる世界は見えないからなのかなと思いました。

想像の数だけ、解釈が成り立つ作品です。みなさまも、まずは一読されて想像の羽を広げてみてください。

無限に広がる世界に、貴方はどんな未来を写し出すでしょうか。大人の方にはぜひともオススメしたい良質な作品です!!