もう水族館なんて行かない

作者 夏野けい

丁寧で淡い

  • Good!

 まずは「ひとり1つの最高傑作」企画への参加、ありがとうございます。

 きちんと小説の書き方は守りつつ、下手に多くの描写はしない(あるいはこれも主人公のためか。だとしたら策士)、非常に淡い文章だけど、物語として成り立っている、丁寧な掌編でした。
 ありふれた軟派な恋愛ものでは、ただ作家が動かして楽しむための駒のようにありきたりな行動や思考しかしないことも少なくないものの、この掌編では主人公も、その恋人も、ちゃんと意思のある人間として描かれていたような感じがします。
 読みやすいけど薄くない、いいものを読ませていただきました。
 ありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

笹山さんの他のおすすめレビュー 23