鮭さんのショートショート(とても面白い)

作者 鮭さん

予想を裏切り続ける

  • Good!

 まずは、「ひとり1つの最高傑作」企画への参加、ありがとうございます。

 「ミミズの耳」が傑作だと言うことでしたが、ついつい他にもいくつか読んでしまいました。
 まず「ミミズの耳」では、淡々とテンポよく話が進み、ああ、「いわゆるありがた迷惑、よけなお世話」って啓蒙かな、とか思っていましたが、オチで「えぇ…」と予想のはるか下(いい意味で)を攻められて思わず脱力しました(いい意味で)。
 とにかくテンポがよくサクサク進む話の中で、まるで突飛な展開、まるで阿呆らしい登場人物たちの思考がなぜか面白い、とても不思議な作品でした。
 私としては「鍵盤豆腐」が気に入りました。
 シュールを突き詰めたような、しかし妙に納得できるような、よくわからないけど面白いものを読んだ、という不思議な満足感があります。
 初めてこういうものを読ませていただきました。
 ありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

笹山さんの他のおすすめレビュー 23