天邪鬼の帰る場所

作者 橘 月

愚かさの犠牲になった天邪鬼の行方

  • ★★ Very Good!!

社会全体の間違いが悲劇を生む悲しさは、現実世界のことを思い起こされて、身につまされる思いです。

人物の設定がとても練られており、一人一人のドラマと人間性が胸を打ちます。

美麗な描写に確かな心情の吐露も混ぜられた、とても完成度の高い物語だと感じました。

愚かさの犠牲は、罪もない少女に被せられる。ああ胸糞が悪いですが、だからこそよかったと思える結末。ええ、見て損はしないでしょう。

本題ですけど、縁が超可愛い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

大人たちが罪を犯し、大人たちが隠蔽し、大人たちが……。
そんな村にたどり着いた薬師の深と、山彦鳥と呼ばれる喋る鳥の緑。
天邪鬼に取りつかれた問題児の与依を理解しようと進んで動く姿や、与依のどうにもな… 続きを読む

遠藤孝祐さんの他のおすすめレビュー 233