聖女禁装ゼスマリカ.XES-MARiKA(完結済)

作者 東雲メメ

122

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

男の娘主人公が、カッコイイ!!(大事なことなのでひとこと紹介と合わせ二度言いました)
この物語の主人公は、胸を張ってそう言える存在だ。
可愛らしく可憐でありながら勇敢で包容力があり、詳しく言うとネタバレになってしまう為もどかしいが、悩みと心の傷を抱えながらも尚凛々しく立ち上がり、己の弱さやマイナスの面を知らされながらも尚清らかで、それでいて、一個の人間であり続ける。
男の娘という意味では特異な存在だが、様々な人生を生きる様々な読者が、共感できる悩みを持つ人物だ。
自分は何者なのか。自分は他人からどう見られたいのか。自分はどういう自分でありたいのか。自分を誇りに思える事は何なのか。自分について明かしたいこと。自分について明かしたくない事。何を持って自分を肯定し、何を以て他者と繋がり、何のために生きるのか。自分の嫌な面や辛い過去とどう向き合うのか。
主人公だけでなく、ソレを取り巻く人物達も、それぞれにそんな要素と向き合い己をより美しく磨き上げていく。
美しく、そしてカッコイイ。しなやかで、可憐で、熱く、それでいて煌く。
男の娘がコスプレドレス型スーパーロボットで戦うというブッ飛んだ小説でありながら、普遍的かつ現代的な様々な課題に向き合い読者に助言する素晴らしい物語です。

★★★ Excellent!!!

 多少ネタバレが入るが、この小説の主人公である逆佐鞠華は嘘つきだ。

 けれどその嘘は自分を守り、そして多くの人に笑顔を与える為のものではあるものの。変化していく状況は常に彼から多くの代償を突きつける。

 そうやって彼は己が作り上げた虚構に縛られ、身を削りながら結末に向けて駆け抜けていく。最後に彼が辿り着く結末に関してはご自身の目で確かめて欲しい。



 なんて真面目な話はこれ位にして、やっぱり鞠華きゅんが可愛いんですよ! ぶっちゃけTwitterを検索して鞠華ちゃんの姿を見て下さい! 本編だけでも魅力十分なんですが作者のメメさんご本人が描き下ろしているイラストと合わせるとその魅力が加速するんです!

 多数のビジュアルイメージによってカジュアルな雰囲気を強化しながら、その実ロボット物として太くシリアスなテーマを描き出すマルチな魅力がある作品だと思っております!

★★ Very Good!!

 サブカルチャーと語られるオタク文化の中にも、主流(メインカルチャー)と傍流(サブカルチャー)が存在すると思う。それは「流行り」や「売れ筋」といった言葉で語ることはできないものだ。

 この作品は、まさに主流と傍流を合わせ持った作品と言えるのではないだろうか? 「ロボット」という熱血要素——王道を辿りつつ、「男の娘」や「動画配信者」という若者に人気のある文化——現代日本のサブカルチャーをとりいれた世界観。ジェンダー問題さえも乗り越えて、さまざまなキャラクターが映える展開!

 これらが合わさっているから「読んでいて楽しい作品」になっているのだと思う。例えば、主人公たるマリカは「可愛い」とも思えるし、「熱い! 男を見せた‼︎」と思える。可愛い所では「男の娘の面白さ」を垣間見られるし、熱い所では「ロボット物の主人公らしさ」を実感できる。こういうある種のギャップがあって、それが調和していて、納得させられる。だから面白い。新感覚だ。

 戦闘回を見ても、日常回を見ても、キャラクターを見ても、ロボを見ても、どの観点で見ても「楽しい」のである。読んで良かった。そう思えた。

 さあ、ロボット好きも、男の娘好きも、ラッキースケベ好きも、集うが良い!

★★★ Excellent!!!

主人公マリカを始めとする強烈な個性のキャラクター、そして男の娘、ユーチューバーといったトレンドを全面に押し出した絶大なインパクト、ロボがドレス(というアーマー)をまとって戦うという設定の妙、しかし根底にあるのはしっかりとしたロボ物の王道であり、お約束イベントやメタな要素、様々なネタが高次元でまとまった逸品。

この設定から文章的お遊び(冒頭で本当にクリックしそうになったのは自分だけではないはず)まで、ややもすると下品になりがちな要素が、非常に質が高い読み応えのある作品に昇華されている。

見た目のナンパなイメージと違い、そこに描かれるのは人としての熱い生き様。
初見の印象で読まず嫌いなのは勿体無い。ぜひ一読してほしい。

★★★ Excellent!!!

 2030年代となった東京。
 売れっ子『男の娘』WeTuberであるMARiKAこと鞠華は、オフイベントのためビッグサイトで開かれるオタクイベント『コミサ』へと赴く。
 そこで出会う衣服を模した謎の外敵『アウタードレス』。アウタードレスの襲撃によって死の淵に立たされようとしていた鞠華の前に現れる、下着姿の兵器『インナーフレーム』。
 導かれるようにそれへと乗った鞠華は叫ぶ。
 己が心を力に変えるために──「ドレスアップ・ゼスマリカ!」

 昨今、市民権を得てきたであろう『男の娘』文化。自他ともに認める男の娘スキーである作者様は、これまた自他ともに認めるロボスキーであることから、なんとその二つを合体させてしまったのである。

 そんな前提から始まるこの作品は、冒頭からもう読者の心鷲掴みである。「『もっと見る』ボタンが押せないバグがある!」という言葉は一時期(極小規模ではあるが)流行語にすらなりかけたのである。それからも分かるだろう!? 読む人々の心鷲掴みなのである。かくいう私も鷲掴まれた!

 メインのキャラクター三人がきちんと立っているところも見物だ。インターネットでのアイドルである男の娘・鞠華も、時にコンプレックスを匂わせ、そして根底にある『少年』としての熱い心もしっかりと見せてくれる。
 諸々の設定がインパクト大な百音も、普段はぶっきらぼうながら女形としての人生に苦悩する姉御肌(?)な嵐馬も物語を盛り上げる。きっと読んでいると、あなたにもお気に入りのキャラクターがいることだろう。

 こちらも今では当たり前となった動画投稿者。今作内では『WeTube』と名付けられたそれを通して行われるようになったインナーフレームとアウタードレスのバトル、いわゆるヒーロービジネスとしての側面も作品に華を添えている。視聴者からのコメントが時に力になり、時に搭乗者を戸惑わせる。

 そし… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

女装とロボと動画配信者いう化学反応が、この怪作を産んだ!
恐ろしいアイディアともに繰り広げられるのは、意外にも王道。
女装してるのに、たまに男気を出したりしてかっこいい。でも、かわいい。
だが、それがいい。

倒した敵、アウタードレスを纏うロボーーインナーフレームはドレスにより特殊能力を行使できるようになるんですが、それは操縦者も同じ。つまりは、コクピットで服装が変わるわけです。
こんな、女装に特化したロボ、見たことない!

そして、たまに差し込まれるWeTubeのコメント欄や0chのスレッドがありそうな感じで、奇妙なリアリティを醸し出す。

最新最鋭の王道、それがゼスマリカです。好みにぶっ刺されば、マリカきゅんのファン間違いなし!

ただし、これにより危険な趣味に目覚めても当局は感知しないので、そのつもりで。








あと、メインヒロインはアラサーポンコツエリートです。メインヒロインはポンコツエリートです!(大事なry

★★★ Excellent!!!

普段は地味な少年、しかし動画投稿サイトでは人気でめっちゃかわいい女装男子・マリカ。そんな彼が巨大ロボットでガチバトル!

趣味全開で、女装男子として最高に輝いている彼の姿が魅力的です。化粧やブラ跡を気にする生々しい女装描写が読ませます。
Web上と現実、少年と女装男子という彼の二面性からくるギャップ・誤解――この手の王道も作者さん流にしっかり書かれていて、軽妙なストーリー展開も面白い。

女装関連のアクの強さに負けず、ロボット周りも熱い。装甲というか【服】を纏うロボ。男の娘なマリカが乗るからこそ面白い、独創的なメカ設定の下で繰り広げられれるバトルは一見の価値アリですね。

女装男子と男の娘は違うんじゃとかめんどくさいことを思ったりもするのですが、たかだか言葉の違いは「マリカきゅんかわいい!」という最重要点の前では、とても瑣末なことなのかもしれません。彼はそれを改めて分からせてくれる、素敵な主人公だと思います。
男の娘って素晴らしい。

★★★ Excellent!!!

型破り上等!!
だらしない姉ちゃんに男の欲望ぶちまけながら女装男子に性癖を歪めてください!!
ただそれだけで充分なんです。
でも更にJCのご褒美や口では言えないあれやこれがあって私の性欲……ゲフンゲフン……色欲が満たされました

★★★ Excellent!!!

 WeTuber(ウィーチューバー)というどこぞの動画投稿者みたいな事をしている美少女『逆佐鞠華(サカサ マリカ)』。これでも何と男である。男である(大事な事なので二回言いました)

 まさかのロボット作品の主人公が、ノリノリの女装男子というちょっと変わった作品! しかしその実態はまさに爽快で王道! なおかつマリカが可愛い。(結局そこかよ

 さらにドレスを徐々に着ていくと言う『ゼスマリカ』も面白い! 未だ未完成だが、それゆえに「これから完全になれば一体どうなるのだろう」と期待感を感じせざるを得ないですね!

女装男子×ドレスを着るロボの変則SF作品、男の娘好きにはもってこいです!!

★★★ Excellent!!!

 この作品、一言で表すなら「アイディアの勝利」!

 女装男子、Y〇uTuber、そしてドレス状の追加装甲を纏って戦うロボというアイディアを軸にして、それら全てを見事に繋げて見せているのです。
 初っ端から変則的なキャラクターが登場する作品ではありますが、序盤の展開もまさに王道。されど、アクの強い根本設定と上手くリンクしている為に、なるほど!と唸らされる描写が多々盛り込まれています。

 女装男子マリカ、気になったらあなたも是非チャンネル登録を!

★★★ Excellent!!!

 冒頭のこの短い文章で、まだ多くが謎に包まれている中…自分がどうしても皆様に読んでいただきたくてレビューするのは、ここ!この『ガチでリアルな美形男の娘』の描写が凄くいいんです。動画配信で超絶人気、だけどリアルでは地味なぼっち気味少年。初のオフ会と上京、SNSへの入れ込み様から服装&化粧を気にする様など、本当に女装男子をよく知って書いてる!てか、女装子が書いてる!(違)これからこんなかわいい、ホントにいそうな臨場感のある男の娘が…ロボで戦っちゃう訳です。これは注目、オススメですよ!プロローグに詰め込まれた『ネットの男の娘あるある』だけでも見て、そしてハマって!