恋に落ちた私は、彼のフォロワーになった

作者 安室凛

143

50人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

デジタルネイティブ、なんて呼ばれもする。小学生のうちからスマホを持ち、メッセージアプリを使いこなす。
これからの高校生たちに、こんな恋は珍しくないのかもしれない。

ネット経由のやりとりで、心がときめく。

そんなシュチュエーション萌えの話かと思ったら――


違った。

人と人が惹かれ合うのが恋なのだもの。
やっぱり最後はハートで勝負なのだ。

紫式部の頃から変わらない、一途な一途な恋心が眩しいお話。
ときめき補充に是非どうぞ。

★★★ Excellent!!!

――

まさに青春!
好きな人とすれ違うだけでドキドキしたり、目が合うことが人生最高の喜びだった10代の恋愛を思い出させる作品でした。ニヤニヤが止まらない。
最後の一言、好きだなー。

★★★ Excellent!!!

――

一目惚れした先輩を、Twitterでフォローする…
いかにも今どきの高校生っぽい設定から始まる物語。

SNSが始まったときの、人と人との奇跡の可能性が一気に広がるような、そんな期待感。
それは、新しい環境に飛び込むときの期待と不安にも似て。

Twitterとともに二人の恋模様を追いかけて行く演出にとてもリアルタイム感があり、ラストにたどり着いた時には心底ほっとするような臨場感でした。



こんな恋愛がしたい人生だった…w

★★★ Excellent!!!

――

ほんの少しの勇気が、それを現実のものにする。
好きな先輩に送った一通のリプ。それが画面越しに見ているだけだった関係に終わりを告げる…。

先輩が少しずつアリスの存在に気付いていく様子にキュンキュンしました!
可愛らしい高校生の恋愛に口元が緩みます♥

★★★ Excellent!!!

――

SNS《ツイッター》をフォローしたことが切っ掛けで始まる恋愛を描いた短編で、今どきの高校生の恋愛を丁寧に描いている。

入学の日に出会った先輩をフォローした女の子と――
弓道部に所属する先輩の二つの視点で物語は進んでいく。

↪️1 ⇄ ❤12

作中ではこのような絵文字が使われ、ツイッターでやり取りをしている雰囲気がしっかりと伝わってくる。ライトな文体で読み進める手が止まらなかった。

とにかく胸がきゅんとする演出や一人称での語りがこれでもかというくらい押し寄せてきて、まるで少女漫画を一冊読み終わったかのような満足感と読後感を与えてくれる。

恋愛小説に飢えている方はぜひ!

★★★ Excellent!!!

――

ガラケーユーザーの私はツイッターがどういう物か漠然としか知らないのですが、これにはハマりました。

一目ぼれした先輩の事を知るために彼のツイッターを見る……だけのはずが気持ちを抑えられずにだんだんアクションを起こしていくのを見て、こんな事をして大丈夫なのか?下手したら素性がバレないか?と思いながらも、亜莉子の恋が上手くいくことを祈りながら読み進めました。

自分のした事を思い返して、先輩からの返信を見て一喜一憂する亜莉子がとても可愛らしく、彼女の恋を応援する友達のような視点で読むことが出来るお話です。

★★★ Excellent!!!

――

スマートフォンもツイッターもラインもわからない私。

昔は、文を下駄箱にこっそりと放りこみ、パンパンと柏手などうち、お返事がありますように、と祈る。
これが電子の力でなされるのが、今か!
ほほ笑ましいやんけー。

君は作品の雰囲気をぶち壊しに来たのかね?
いや、そんなつもりはありません。
昔の人にも、この作品の中で揺れ動く青少年男女の心をイメージしてほしくて、ごにょごにょ……。

一人称が交代で来て、登場人物同士では見えていないことを読者に伝え、最後にすとんと着地する。
また、女子二人の会話と、直後の内心のつぶやきが笑いを誘うこと。
収まりが非常によく、読み心地がいいです。
ぜひ、ご覧になって下さい。

★★★ Excellent!!!

――

今は、読了後の満足感で胸が一杯です。

とても真っ直ぐで、もどかしくも素敵な恋のお話でした。胸キュンさせられます。

Twitter形式の話の進め方が斬新で、それが物語のキモになりとても面白かったです。

スマホ越しに見詰めるだけの恋をする彼女の、先輩とのやり取りに一喜一憂する姿に思わず微笑み応援したくなりました。

これはもどかしく甘酸っぱい恋のお話です。甘々です。だけど、間違いなく素敵なお話でした。

★★★ Excellent!!!

――

レビュー下手なので控えていたのに、思わず書いてしまうくらい、本当に素敵な物語でした。
主人公と一緒に恋をして、不安になったり喜んだり。
そんなことが自然にできた作品でした。
ほんのり頬を染めたピュアな女の子の気分で、わたしの大事なひとにもとびきり優しくできそうです。

★★★ Excellent!!!

――

なんかすごく素直に感動できました!
恋愛とSNSって多分最近の小説では普通に増えてきたテーマなんだと思うけど、この作品はとにかく2人の距離感がすごく良く書けていて、主人公を応援する気持ちを一貫して持つことができました。あと、どこかしらひねった話ばっかり読んでた身として、そういう素直な話が逆に新しく感じたりもしました(笑)

とにかく楽しい作品です。文章が平易でキャラクターもあざとくないのに、彼女たちの存在感がくっきりしていて読みやすかったです。
人気出て欲しいな。

★★★ Excellent!!!

――

今や高校生でも当然の如く普及しているぜスマートフォン。

そんなスマホのツイッターを題材に、高校生女子が好きな男の先輩に想いを募らせていく恋物語です。

心情描写に深みがあって、ドキドキが伝わってきましたね。ドキドキです!

ツイッターを使っている場面の見せ方も、スッキリしながらもすんなりイメージできる見せ方で良かったです。

色々不慣れな女子高生ちゃんがスマホの画面を見ながら、想いに真剣になっている様子を、是非お楽しみください!

★★★ Excellent!!!

――

『いいわねえ、私にもこんな時期があったわ』と在りもしなかった妄想の学生時代を思い出して、お茶でなくスポーツドリンクをグイッと飲みたくなる、そんな作品。スマホとSNSというツールを使い、画面の中ではないリアルな彼の隣まで来たアリスちゃん、がんばれ、と応援します。そして瑞々しい作品を生んでくれた作者さんにも拍手。

★★★ Excellent!!!

――

入学式の日、にぎやかに沸き返る新歓の人混みの中で、
凛とした袴姿の彼に目を奪われて始まった、アリスの恋。

好きな人のことを知りたい、表も裏も隅から隅まで。
スクラップファイルに綴じるように全部保存したい。

SNSが普及した現代からこそのドキドキと、
SNSがあってもなくても不変のドキドキと。

甘酸っぱい懐かしさを覚えながら、少女の恋を応援したくなる。
そんなささやかでありふれて精一杯な、キュートな短編小説。

★★★ Excellent!!!

――

SNSで交流するとき、相手が友人でも顔見知り程度でも、はたまたネット上だけのお付き合いでも、いい歳してドキドキしてしまいます。
だって、ちょっとした言葉の行き違いでケンカ、なんてことになりかねないし。
その上、恋が絡むと、ドキドキ100倍です。
脈があるかないかリアルで友達と相談して、反応に一喜一憂し、あれ? アリスちゃんと46歳おじさんゲイのやってること、ほぼ同じかも。
恋の前に人は成長せず。一つ学んだかもしれません。
あと、詳しくは記しませんが、描写の技に唸りました。
微笑ましく青春を過ごす登場人物たちに、★みっつ。

★★★ Excellent!!!

――

高校の先輩後輩によるイマドキの恋愛事情を爽やかで軽やかに描く作品。
憧れの先輩のことが知りたくてSNSを活用するヒロイン。

読んでるうちに、SNS便利! 自分の時代にもSNSさえあれば! 
なんて負け惜しみが思わず口から漏れてくる。
だけど、きっかけはSNSだとしても先輩がヒロインのことを意識した一番の理由。
それはSNSでの気の利いた『返信』でも熱心な『いいね』でもなく……

本作を読み終えると、ああ、やっぱり自分にはSNSがあってもなくても一緒だったなと気持ちよく納得しました。

先輩が『いいね』したのは、体育祭での彼女の……

青春消化不良の方も、現在青春真っ只中のかたも是非ご一読を。

★★★ Excellent!!!

――

今や学生たちにとっては当たり前のスマホやSNS。
そんな現代のツールを通じて憧れの先輩と交流を試みる恋する乙女、ありす。

短編小説なのであまりここで語ることはできませんが、青春の学生時代を思い出してきゅんきゅんしながら読んでいました。

今はこうやって繋がることができるんですよね。時代の移り変わりによって、距離の縮め方も変わってきているなと思いました。

青春っていいなぁと感じさせてくれる作品です。皆さま、ぜひ。

★★★ Excellent!!!

――

 高校とSNSを舞台にした、爽やかな青春の一コマを描いた作品です。
 主人公、アリスは入学式の日に一目ぼれした弓道部の先輩、イチハルのSNSアカウントを無言フォローします。
 初めは、SNSを眺めるだけの、憧れの(本人は恋と思っていますが)存在であった先輩に、少しずつ近づいていく過程がとても自然で、共感できます。
 アリスのときめき、とまどい、気遣いがとてもかわいらしいです。

 アリスの友人のケイカも、一見クールですがとても優しく温かく、アリスを支えている大切な存在です。
 SNSでのやりとりに重点を置く作品でありながら、リアルの高校生活も描かれていて、よりSNSの場面にリアリティがでていると思います。

 さて、一目ぼれされたイチハル先輩の反応はというと――。
 タグにハッピーエンドと書かれてあるので結末は想像できるでしょうが、彼の、アリスへの第一印象がどのように変わって行くのかも見どころの一つです。

 15センチがテーマとなると身長差や相手との実際の距離などがすぐに思い浮かぶところ、スマホの長さというところに着目された作者様の発想も、すてきだなと思いました。

★★★ Excellent!!!

――

スマホの画面の中に並ぶ文字。
SNSでやり取りされるメッセージは、近いようでいて手の届きそうのない不思議な距離感。

憧れの先輩のことを知りたくてSNSのアカウントをフォローするというのが、現代のスマホ文化らしく、いまどきの若者っぽさをよくあらわしてます。

友人の恋愛事情に焦ってそれがなぜかSNSのほうに向いたり、体育祭で先輩と同じチームになったのに、現実では何ひとつ交わらなかったりして、15センチの画面の中の世界に翻弄される様子がうまく描けています。

SNSをきっかけにはじまる物語、ぜひ楽しんでみてください。

★★★ Excellent!!!

――

僭越ながら推敲のお手伝いをさせていただきましたので何度も読んでおり、内容についてはよく知っています。

初めてライトノベル風の作品に挑戦されたとのことですが、今どきの高校生の心情が一人称視点でよく書けており、感服した次第です。

ただの一目惚れなのに、少々行きすぎた恋心を燃やすアリスちゃんと、クールながらも中身は相応の乙女なケイカちゃん。
そしてアリスちゃんの憧れの存在、ステキなイチハル先輩と、キャラも個性的で、また前述の通り心情がよく出ているため、まるで生きているかのようです。
なにげないやり取りにも味があり、愛着を湧かせてもくれるのです。

15cmというメインテーマをまさかそこに盛り込んでくるとは思わなかったので、度肝を抜かれました。
完成度の非常に高い、オススメの一作です。

次も頑張ってください、応援しています!