軌道砲兵ガンフリント

作者 冴吹稔

すべてのエピソードへの応援コメント

  • GOT A MAILへのコメント

    3003ステーションの物語、最高!
    ヒューマンドラマにあふれた、魅力的なSFに感動してます!

    作者からの返信

    ありがとうございます! 作者的にも会心の出来でした。

    目下別作品の書籍化作業に注力しているのですが、ガンフリントの続きも楽しみにお待ちください。

    2020年7月10日 11:09

  • 同行二人へのコメント

    生き残りを模索する中に出てくる単語にニヤニヤできます
    あと、美女との絡みも!

  • 輸送艦ボストン、遭難すへのコメント

    遅まきながら読み始めました
    いきなりピンチから始まる感じいいですね

  • 生ける者の宴へのコメント

    お、これがニューボディ!

    作者からの返信

    ご高覧ありがとうございます。

    やせっぽちの赤毛の少女が宇宙の旅の果てに、まあ何ということでしょう! 全身タイツ+ゴーグルに武装ハードポイント付きの金髪サイボーグに。

    2020年6月4日 16:53

  • モナカへのコメント

    モナカ・・・おえっ!なんて恐ろしい。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます。
    発表当時から悲鳴とともに多くの読者の心をわしづかみにした恐怖の生命形態!

    いたいけな少女がこれに身をやつして宇宙を渡る、覚悟と孤独と希望。お楽しみいただけたことと信じています。

    2020年6月4日 16:50

  • 生ける者の宴へのコメント

     以前、冴吹稔さんが「天丼回ばかり注目されて、嬉しいけど微妙な気持ち」とおっしゃってたのを覚えています。でも、やっぱりガンフリントは凄い作品ですよ。そして、また第二の天丼回に巡り会えた。この回までに、色々な想いがあったのかもしれないと思うと、感無量です。天丼回は我々現実に人間に必須の「食事」をテーマにしてて、それがSFな未来の世界観、この作品にしかない設定で彩られてるから、自然とみんな好きになるんだと思います。本当に凄い!

    作者からの返信

    わあ、ありがとうございます……! 注目されるのはもちろんうれしいですし、つかみとして機能してるんならまあ不服もないのですが、やっぱりこう、いわゆるSF的なるものの要素についてはなかなかコメントもしづらいのだろうなあとかw

    食事シーンは人間が生きてることを感じさせてくれるんですよね。そこはホント大事にしたいなと常々思っています!

    2020年5月6日 17:10

  • 生ける者の宴へのコメント

    今日の昼は天丼にしよう( )

    一気読みしてます。面白いです!

    作者からの返信

    ご高覧ありがとうございます。美味しいもの食べて元気に年度末を乗り切りましょう!

    2020年3月3日 20:14

  • 未知なる敵へのコメント

    オープニングがだいたい再生される不思議

    作者からの返信

    やったぜ(=゚ω゚)ノ

    2020年1月26日 18:20

  • つかの間の安息へのコメント

    夢の展開が熱いですね笑

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!w これみんな大好きな奴ですよねw

    2020年1月26日 15:01

  • INTERMEZZOへのコメント

    こちらの世界観もガイノイドもいるのですかぁ。
    ダル中尉とアルミちゃん、いい雰囲気になっててニヤニヤ。

    作者からの返信

    このガイノイドというかセクサロイド、エピソード1の「人を満たすもの」でもちらっと登場してる娘なんですけどね。今回やっと名前が決まりました。

    クルベは「セクサロイドは趣味じゃない」とか言ってるクソリア充なので、アルミちゃんとはフラグを立ててやんねえのだ!()

    2020年1月13日 22:49

  • 次章予告へのコメント

    なろうからの二周目です。
    とうとうお次は例の……😱

    以来最中は口に出来ていません😅

    作者からの返信

    二周目ありがとうございます、そしてレビューも!(五体投地

    モナカはホントに我ながら凶悪な設定だなあと思います。読者に一種のミーム汚染を引き起こすというのはなかなかないよなあって。

    2020年1月13日 23:16

  • INTERMEZZOへのコメント

    ちょっと気まずい邂逅www
    上手くごまかせて良かった!
    (後にセクサロイドについて知ったアルミが、「利用してたんだ……」って幻滅しませんように!)

    作者からの返信

    アルミはなんとも感じてないでしょうけどダルキーストだけすっごく気まずいやつですねーw

    利用してたことよりも、自分とミレイの違いがどこにあるかでいろいろ考えちゃうかもしれませんね。悩みそう。

    2020年1月9日 14:18

  • 火星のイカ天丼へのコメント

    ティンダレイの猟犬、なんちゃってw
    いやあ、日常と非日常の混淆という事で、ディストピア飯とはまた違う文明の薫りが感じられるSF飯というものはいいものですねえ!食欲を刺激される程楽しめました!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます! なろうでの初出時から好評だった天丼回、お楽しみいただけたようで何よりです。

    ガンフリントを読めば天丼を食べたくなる!
    ガンフリントを読めばモナカが怖くなる!

    などなど、読者の意識に変化を起こす小説というのはなかなか稀有ではないでしょうかw
    二個目のやつは何ごとかと思われるでしょうが、引き続き第二章をどうぞ! どうぞ!!!w

    2019年12月30日 21:04

  • Long Way Home (2)へのコメント

    「あの子に、『家庭ホーム』ってものを味わってもらおう。そういうことだろ?」

    いいこと言いますね、クルベさん……

    作者からの返信

    わーいありがとうございます! こういうの書くのちょっと照れるけど!
    台詞に味わいがあるってのは大事なことだと思うのですよ!!

    2019年8月3日 21:37

  • Long Way Home (2)へのコメント

    すごく濃い家族が爆誕した……

    作者からの返信

    宇宙家族ロビンソン……!(いま気づくやつ

    2019年7月25日 19:01

  • 火風鼎へのコメント

    久々のセンチュリオン! やっぱ火力は正義ですよねぇ……。
    最後のシーン、衛星が接近ってもしや……。

    作者からの返信

    某所でご説明した通りなのですが、フォボスってホント例外的な運動、運行をしておるので面白いですね

    2019年7月29日 17:03

  • Long Way Home(1)へのコメント

    楽しく読ませていただいてます。
    食い込みんだ→食い込んだ 
    でしょうか?

    作者からの返信

    やや、これは見落とし。ありがとうございます!

    2019年7月15日 02:21

  • 無謀と勝算へのコメント

    お帰りなさいませ!

    作者からの返信

    戻ってまいりましたー!

    2019年7月11日 20:06

  • 火星のイカ天丼へのコメント

    うぐぅ、飯テロ……。
    でも、宇宙食=ディストピア飯ではないのは正直嬉しいです。

  • 夜来たるへのコメント

    これはまさに機動歩兵ガンフリント!
    アルミちゃんの可能性高すぎません?w

    作者からの返信

    次回は白兵戦もあります

    2019年7月1日 20:26

  • 定まらぬ布陣へのコメント

    あの大質量(かどうかはわからないけど)で低空低速飛行ってとんでもないですね!

  • 夜来たるへのコメント

    エビが消えてしまったら終わりだ……!!(そういう心配かい)
    それよりもアルミちゃん、いい仕事してらっしゃる。

    作者からの返信

    イェース!エビが消えてしまったら何もかも終わりですよ!(クルベの食生活的に)

    今後もアルミちゃんは大活躍の予定なのです、戦闘だけにとどまらず!
    ご期待ください!(はよ書け)

    2018年6月7日 19:46

  • 夜来たるへのコメント

    易の後半が示唆するのは果たして……!?

  • 定まらぬ布陣へのコメント

    アルミちゃんキャノン来たな……

    作者からの返信

    50mmでも本来個人単位で使う火器じゃないですからね、これは熱い兵装ですよ。

    2018年6月7日 19:42

  • 天よりの雷へのコメント

    往年のビデオゲームのようにロケットランチャー一丁でどうにか……なりませんよねェ

    作者からの返信

    ロケラン一本ってどれのことだろう……

    ダストドラゴンごときで俺たちを止めることはでき―ん!みたいな奴かなあ……わからぬ。

    ただ、もしかすると過塩素酸塩の酸化作用を考えると、ロケラン一発で大炎上とかも可能だったかもしれません。
    大ボラになるのが怖いんでやりませんがw

    2018年6月7日 19:41

  • 3000ボルトの運河へのコメント

    アルミちゃん推し推し回からの敵襲!

    あと、この火星の環境整える設備って魔改造したらオモシロ戦略兵器になりそう……

    作者からの返信

    コメント返信遅くなりましたー。

    マーズリング、いかにもかっこよさげですしなんか使えそうなんですけどね……まだちょっと思いつかないですw

    今回の迎撃作戦でも使いたいとこなんですが、今のところ火星の磁場の問題を担保するための設定にとどまってますね。うーむうーむ。

    2018年6月7日 19:40

  • 天よりの雷へのコメント

    今まで登場した怪物よりもデカイ……。
    そして久々の箒が!

    作者からの返信

    有難うございます! 読み返してみたらエピソード3の小惑星より(長径は)でかかった!!

    箒はオービットガンナーの運用を大きく広げるオプションですからね。今回はアステロイドディフレクター付き……。twitterでお見せしたウォーロックの登場まで、もう一段階ですね!w

    2018年5月9日 20:55

  • 天よりの雷へのコメント

    戦艦2隻分の弩級モンスター。
    でっかいと燃えますね!!

    作者からの返信

    天球を覆って飛来する巨大物体っていうシチュエーション、ぞくぞくしますよね。
    飛行高度とサイズの関係がいつも気になって仕方なかったので、今回は三角法を使って簡単に計算してみました。

    高精度計算サイト
    https://keisan.casio.jp/exec/system/1259903491

    2018年5月6日 08:05

  • 3000ボルトの運河へのコメント

    これはクルベさんとマユミさん、やってしまったな……(嫉妬)
    火星に着いたと思えば、まさかのハイヴシップ……これはアカンですな。

    作者からの返信

    ありがとうございますー

    「あー、この二人はやる事やってますね」という空気や傍証だけを書いて色気のある雰囲気、色気もくそもない雰囲気を出していくというのは楽しい試みでした。

    ハイヴって単語にはたぶん特殊な思い入れのある人も多いことでしょう。クルベたちとアルミ、そして選抜コマンド隊の奮戦をお楽しみに!

    2018年4月28日 19:48

  • エルンスト電力公社へのコメント

    章の切り替わりと共に、展開に溢れた異なる視点の物語。
    圧倒的な存在感と共に、先が気になって仕方ない導入ですね。

    作者からの返信

    こんな状況で10年も過ごしたら正気を保てる自信がないですが、彼らは頑張っています……これは冒頭描かれたクルベたちの漂流の、変奏でもあるなあと自分で思いますね。今後も何度となく同じモチーフが現れることでしょう

    2018年4月28日 19:46

  • 火星のイカ天丼へのコメント

    真夜中に読んだらとんだ飯テロでした。うぐぐ……

    作者からの返信

    食料を! 食料を用意して作戦に臨んでください!w

    2018年4月28日 19:44

  • 次章予告へのコメント

    やはりガンフリントは良い……。軍属の空気、劣勢を覆す機転と度胸、これぞという感じですね。

    作者からの返信

    実際に軍に所属したことはないのでどこまでも広義のファンタジーではありますが、訓練された凡人が柔軟な発想と機転でテクノロジー上のハンデを覆していく物語、お楽しみいただければ幸いです。

    2018年4月28日 19:44

  • Space Opera Navigat…へのコメント

    スペース・オペラ・ナビゲーション!いいですね、オシャレ…
    現場の人間の揶揄と皮肉、そしてそれを発散して掴みたかったもの。
    そういう空気がよく伝わってきます、現実の軍隊でもよくありますよね。
    さあ、いよいよブルームを使ってのアルミちゃん救出作戦ですね!
    電波キャッチからここまで、ページを割いて艦内のドラマを入れた。
    そのことが、物理的以上にミッションの難しさを伝えてくれました。
    軍隊のリアリズム、組織としての統制は、ヒーローを生みはしない…
    皆、一人の人間、軍人としてベストを尽くすしかないという現実。
    いいですね、これは他のロボット小説では味わえない魅力ですよ!

    作者からの返信

    有難うございます。この見立てと名付けの快感を味わうには、やはり前段での苦渋が必要だったなあと。

    これからのヴィクトリクス号はきっと、艦長以下全員の気持ちを一つにした働きをしてくれることと思います。

    2018年4月28日 19:05

  • 愚者たちの闘争へのコメント

    キャラクターの心情、背景、立ち位置、現状…
    複雑に絡み合って、その中でのキャラが立った作劇。
    格好いいですね、素直に憧れてしまう一話でした。
    軍隊という特殊な閉鎖組織の空気が、凄く伝わってきます。
    そういうところがまた、大人なSFだなあって。
    そして、それが面白いから自分を大人にしてくれるなあ~

  • Phrase D'armesへのコメント

    複雑な寄り合い所帯の艦で、連鎖するアクシデントの数々…!
    一気にこの章の物語が加速し始めましたね!心憎い上手さだじぇ。
    どうなるんでしょう、このゴタゴタの中でアルミちゃんの運命は!?
    助かると知ってても、「助かる過程」を紐解く快感、最高ですね。

    作者からの返信

    このあたりのエピソードは書いててすごくハラハラしてました。
    艦内に視野が限定され、自分の思惑に振り回されるマユミやメイナードがすごく間抜けに見えはしないか、人命を前にしてのこのグダグダが愚かすぎて読者の皆さんにそっぽむかれるのではないか、などなど。

    どうにかまとめてそのあとを続けてますが、いまだに少しムズムズするものがあるのです。

    ながやん先生ほか皆さんの好意的なコメントに、ずいぶん救われております。

    2018年4月28日 19:03 編集済

  • 漂流の記憶へのコメント

    これ、確かに軍隊の対応を考えれば、慎重になりますよね。
    そして、漂流経験者のマユミさんだからこそ、心情が別にある。
    この、クルベさんとマユミさんの二人の漂流経験…
    これはガンフリントの物語の中で、とても大きなファクターと感じました。
    こういうものは積極的に、書かせていただいてるスパ◇ボ「」外伝に取り入れたいですね!

    作者からの返信

    ながやん先生のスパロボ外伝、楽しみに読ませていただいてます。
    クルベがバカなところ露呈できない状況……コワイ!w

    軍隊の対応については少し詳しいフォロワーさんにきいたりして詰めました。割と有情でホッとしたものです。
    そして、閉じ込められての漂流はアルミもやってますので、これはまあガンフリントに通底するモチーフということなのかなあと。

    たぶん軍曹と爺さんのコンビの漂流を書くパートがありそうな気がします

    2018年4月28日 17:25

  • GOT A MAILへのコメント

    センチュリオントレーナー!仕様的にはEWACセンチュリオン!
    でも、名前はトレーナーのまま…ちょっとクスリと来ました。
    自分なんかは、ロボはSF風でもファンタジーな人間ですが…
    冴吹稔先生のサイエンスな世界観、しびれますね…グッときます。
    バカなんで半分くらいしか理解できないですが、そこがまたいい。
    精密なSF考証と物理学の世界が、重厚かつ簡潔な内容で盛り上げてくれる!

    作者からの返信

    ありがとうございます。多分あの名称、書類管理上の都合なんで、たぶんそろそろ指揮官用「ワイズマン」に正式変更されてるかも。

    物理に関しては商業でもっと厳密に書いてるやつがあるんでわたしのはとんだなんちゃってではあるんですが、「こんなことを考慮する必要がある」ってことだけは伝えられればいいかなって。

    2018年4月28日 17:22

  • Silent Running Cade…へのコメント

    下品な歌詞の海兵隊ソング!

    アルミちゃんフィギュアがほしいです。

    作者からの返信

    デザイン画をきっちり上げたら拾捨さんがスクラッチしてくれるかもしれねえ……

    2018年4月28日 17:20

  • 火星のイカ天丼へのコメント

    この天丼が気になって読み始めた。想像以上でした。

    作者からの返信

    ありがとうございます。火星だけどタコじゃない辺りが作者のひねくれたとこだなあと思いますw

    2018年4月28日 17:19

  • Silent Running Cade…へのコメント

    そうか…宇宙では風なんてあまり感じないですから、アルミちゃんが味わうのはこれで生まれて初めてみたいですね。
    ひとつ成長できてよかった……(´;ω;`)ブワッ

    作者からの返信

    高度3000メートル以上の空なのでかなり寒いことに今頃気づきましたw 風どころか多分機体には霜が……w

    2018年4月28日 17:18

  • Silent Running Cade…へのコメント

    アルミちゃん=リアルスーパーマン説
    割とあるかもしれない

    作者からの返信

    ど、どっちかというとアイアンマンかな!!

    2018年4月28日 17:17

  • Silent Running Cade…へのコメント

    ファイト オー! ユーフォー! に笑いました。
    そして『風』の感触を伝えるアルミちゃん嬉しそうだなあ、と。
    この勢いでクルベさんとお話しするのかな… ドキドキです。

    作者からの返信

    ちょっとバレー部のランニングっぽさも意識してますw

    中学の時の女子バレー部がグラウンド周回しながら叫んでたやつ。
    クルベとの会話は最近の更新でちょこっと実現したわけですが、いかがでしたでしょうか。

    2018年4月28日 17:16

  • 瑠璃人形のスペックへのコメント

    読書に勤しむアルミやダルキーストにほっこり

    作者からの返信

    過酷な宇宙生活ですから娯楽は質にこだわらないとですね……

    2018年4月28日 17:14

  • 生ける者の宴へのコメント

    危ない、ご飯後に読んでなかったら死んでいたところだった。この飯テロ危険すぎる!

    作者からの返信

    ガンフリントの飯テロは実際危険なので、読む前に必ず何かおなかに入れるものを用意してください。

    2018年4月28日 17:13

  • Into the next stageへのコメント

    宇宙で休暇とって実家帰省しようとするととんでもない長期休暇になりそうですね、そしてそれが叶う軍はかなりのホワイトでは

    作者からの返信

    火星軌道に戻ってくるころには戦争終わってたりして……w

    まあでもプラズマロケット以上のものが普及しない限りは、宇宙で軍事行動するのは多大な時間的ロスを強いられるでしょうし、一周忌に限っての特例とか、いろいろできてそうです。

    2018年4月28日 17:12

  • 瑠璃人形のスペックへのコメント

    アルミちゃん、すっかり最近流行りのアレとかソレみたいな姿になって……いい……

    作者からの返信

    物陰から彼女を狙う充電くんの影……! いやないですけどw

    2018年4月28日 17:09

  • 生ける者の宴へのコメント

    天丼もそうですが、すだち入れたオクラ納豆とか細かいところで良い値段するお店感。

    作者からの返信

    確かにいい値段しそう。本当は花オクラと普通のオクラは別物なんですが、きっとこれもいいとこどりの改良種に違いなしw

    2018年4月28日 17:09

  • 壜の中の不死鳥へのコメント

    アルミちゃんすげえポジティブだし、しかもなんかスーパーヒロイン誕生の兆しあるしでワクワク

    作者からの返信

    あの状況から生還して、みんなが望んだように生きればなにも無駄にならない、となればもうポジティブになるしか!

    アルミちゃんみんな愛でてくれてうれしいっすw

    2018年4月28日 17:08

  • 瑠璃人形のスペックへのコメント

    人の身体じゃないですけど、それでも元気にしていアルミちゃん見るとほっこりしちゃいます……。

    作者からの返信

    これは再生中のクローンボディとその培養施設を死守してあげないといけませんねー……

    2018年4月28日 17:06

  • 鋼の腕でへのコメント

    手に汗握る救出劇だった!

    作者からの返信

    有難うございます。小惑星に激突するピンチまでもりこんでどうなる事かと思いましたがなんとか!

    2018年4月28日 17:05

  • 瑠璃人形のスペックへのコメント

    味覚センサー大事。
    こんなところで嬉しくなっちゃいます。

    作者からの返信

    やっぱりかわいい女の子の唇にはアイスクリームやケーキを押し込んであげたいものです(ヤメレ)

    2018年4月28日 17:04

  • 瑠璃人形のスペックへのコメント

    なろうのイラスト表示用タグがの残ってるっぽいです?

    作者からの返信

    ああっw

    2017年7月20日 19:05

  • 周回遅れへのコメント

    西部劇みたいな武器のパス!

    作者からの返信

    西部劇そんなによく見るわけではないですが、なるほど、確かにそんな感じかもしれません!

    2017年7月19日 09:16

  • 壜の中の不死鳥へのコメント

    アルミ、思ったよりも悲惨なお姿に……

    作者からの返信

    不死鳥は壜の中で燃え盛る。ここまで諸々を失っても、彼女にはなお希望と尊厳が残されているのです。

    2017年7月19日 09:19

  • モナカへのコメント

    自分は実は、怪我や手術、出血といったものに弱い人間です(笑)
    テレビの緊急特番病院24時とか見ると、卒倒してしまうタイプ。
    そんな自分が読んで、恐ろしい程の戦慄を感じました…
    人間をモナカにする外敵にも、それを利用しての脱出作戦にも。
    作品の登場人物はすべからく、創作者を超えることはない。
    とすれば、こんな発想をこれだけ緻密に描けるなんて、やっぱ凄い。
    自分は今、このシーンに居合わせたかのように震えてます。
    それだけの臨場感を感じました、アルミの運命は果たして…!?

    作者からの返信

    ご高覧ありがとうございます。なろうでの投稿当日も、このエピソードへの反響は悲鳴にも似たコメントでいっぱいで、作者冥利を感じたものでした……w

    このモナカのアイデアは本来別の話しで使うはずだったアイデアを援用したもので、これで宇宙を渡るというのは散歩のおかげで思いつきました。散歩最強です。ほんと、お薦めします。

    2017年7月12日 19:55

  • エルンスト電力公社へのコメント

    読む人の年齢や知識、状態でその都度変わるのが小説の醍醐味。
    いい本とは「繰り返し読める本」だと、自分は思っています。

    アルミという少女と、カビと埃にまみれた薄汚い絵本。
    キャラクターの内面だけでなく、多くの情報を内包してます。
    例えば、精密機械だらけの宇宙ステーションで、カビと埃?
    そのことが、自然とアルミたちの過酷な環境を伝えてきます。
    絵本の逸話、最低な環境のステーション、取り残された焦燥感…
    なんて優雅で豊かな小説表現でしょう…相変わらず素晴らしいです。
    この作品はきっと、多くの年代に愛され、繰り返し読まれる物…
    そんな勝手な予感すら感じてしまいます、二章も導入から最高です!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    過分なお言葉をいただいた気がしますが、ほんと長く読み継がれるような本にならないものかなあと。概ね時代が変わっても価値を失わない、普遍的な物語を書いているつもりではあるのですがw

    この絵本はステーションに逃げ延びたとき、別の子供が持っていたのが廻り巡ってアルミの所有に帰したもの。そこにも描かれないいろんなドラマがあるのです。

    表紙の焦げ茶色のシミは、血痕かもしれません。


    なろうにある短編版と違ってアルミが熊を思わせる義体に入ることは多分ないのですが、人ならぬ異形に身をやつして苦難の旅をする、という意味では、熊皮男の絵本の寓意は依然生きています。この後どうなりますか、引き続きごらんください……!



    2017年7月12日 19:53

  • 次章予告へのコメント

    晴らせぬ恨み、晴らしてしんぜよう
    オービット!

    作者からの返信

    ここまでの読了ありがとうございます! オービッ!!

    2017年7月12日 19:56

  • 鋼の腕でへのコメント

    未来の蟻絶対殺すウーメンの救出成功ですね。
    賢者モードそれ違う、使いどころが違うw

    作者からの返信

    時代とともに言葉の意味は移り変わり、ときに失われていくものなのです()

    2017年7月12日 19:57

  • ダブル・バインドへのコメント

    挙動を変えやすいのは人型ならではですねえ。
    試作品を試験せずに使う、普通ですね!

    作者からの返信

    真田さんの伝統は受け継がれているのですw

    クルベがコンテナに手をつっこむシーンとか、このロボでしがみついておいてノズルの向きを変える手法とか、人型の利点らしきものをかけたのでロボもの的によかったです!w

    2017年7月12日 20:00

  • シンデレラ・サーチ 2へのコメント

    この順当に作戦をこなしていく感じは盛り上がる!
    特に救出作戦なら尚更!

    作者からの返信

    有難うございます。おおもとが個人製作シューティングゲームの企画だったので、ひっきりなしにピンチが来るのはいまだにそれ引きずってるのかもしれませんw

    2017年7月12日 20:02

  • シンデレラ・サーチ 1へのコメント

    スペースシンデレラという新たなジャンルを開拓した気がします。
    オービット! オービット! ガンナー!

    作者からの返信

    次はスペースラプンツェルで行ってみるとしよう! オービッ!ガナー!

    2017年7月12日 20:00

  • 未知なる敵へのコメント

    これは僕の大好物の陰謀のにおい!

    作者からの返信

    ご高覧ありがとうございます、陰謀というか……何も考えてない敵なのでサトリでも対処できません! コワイ!!

    2017年7月12日 19:58

  • 次章予告へのコメント

    アリ死すべし、慈悲はない(忍殺

    作者からの返信

    アルミは通りすがりだ。だが、アリは殺す!

    2017年7月12日 19:56

  • Space Opera Navigat…へのコメント

    つ、つまりアクセル全開でスッ飛んでいくぜ航法ですね?

    それはそうと、ここに至るまで一連のくだりで、組織の一部として働くことの大変さを再確認させられました。
    マユミ大尉がんばれ。本当、がんばれ。

    作者からの返信

    ご声援ありがとうございます。マユミもクルベも、本章の終わりまで徹頭徹尾頑張ってくれました。

    次の航海ではヴィクトリクス号の中もいろいろ変わっていそうな気がします。

    2017年6月26日 18:56

  • Phrase D'armesへのコメント

    宇宙の環境と同じくらい、人間関係がままならない……!

    作者からの返信

    こういう時に組織の性格が出るし、問われるのですよね……

    雨降って地固まる、となればよいのですが。

    2017年6月26日 18:55

  • GOT A MAILへのコメント

    つくづく、宇宙では人間の日常的感覚は通用せず、ゆえに本来足を踏み入れて良い領域ではないのだなぁ、などと考えさせられます。

    そしてSOS受信した!

    作者からの返信

    ご高覧ありがとうございます。宇宙ヤバい。ほんとマジヤバいです。
    書いてる本人が頭くらくらして、神秘体験を語ってしまいそうに(なりませんが)。

    2017年6月26日 18:54

  • 旅立ちの歌へのコメント

    最高でした!

    作者からの返信

    ありがとうございました!

    2017年6月26日 18:53

  • 六億キロの誓いへのコメント

    このシーンめっちゃいいですね!
    グレッグとアルミの「心を一つにする」で、思わずじーんときちゃいました

    作者からの返信

    ありがとうございます。今振り返ってもこの章は登場人物たちの心の深いところまで描けたと思います。

    2017年6月26日 18:52

  • エルンスト電力公社へのコメント

    おおっ、ついにアルミちゃんが!

    作者からの返信

    はい、いよいよ登場です。無重量のステーション内でくるくるスピンする絵本のイメージ、この章でとても好きな部分なのです……w

    2017年6月26日 18:52 編集済

  • 同行二人へのコメント

    緊急事態なのにどことなくロマンチックな関係性の描写にグッときました。

    作者からの返信

    ご高覧ありがとうございます。

    こういう緊迫したシチュエーションこそ、恋が芽生える最高の温床だと思います。日常のぬるま湯の中では色あせてしまうタイプの恋になる危険もままありますが……w

    2017年6月21日 14:44

  • シンデレラ・サーチ 2へのコメント

    何というデリケートな救出作戦……どうか見つかってくれ!

    作者からの返信

    次回更新もお楽しみに。盛り上げるプランをだいたい組み立てられました。

    2017年6月21日 14:42

  • 旅立ちの歌へのコメント

    鳥肌たつなあ
    アルミちゃん……!

    作者からの返信

    有難うございます。途中の計算とか設定のすり合わせとかなかなか大変でしたが、この章を書き終えた時の満足感は大変大きなものがありました。

    引き続きお楽しみください!

    2017年6月21日 14:42

  • 未知なる敵へのコメント

    素晴らしい歌だ!

    Guns! Guns! Guns! Guns!

    作者からの返信

    有難うございます。この後にも歌が出てきますので是非ご賞味ください。

    2017年6月21日 14:39

  • Space Opera Navigat…へのコメント

    宇宙活劇航法、なんて洒落た名前だろうか

    作者からの返信

    「どうだい、かっこいいだろう(伊集院光)」

    有難うございます。こういうのは思いついた時点で勝った気分になりますw

    2017年6月21日 14:39

  • 火星のイカ天丼へのコメント

    もう一度読みに来て再び、天丼が食べたくなる学習しない私w

    作者からの返信

    有難うございます。何度でも読みに来てくださいw

    2017年6月21日 14:38

  • 愚者たちの闘争へのコメント

    ほんとに喜劇だった……
    ていうか大笑いしてるけど司令官が大変な事になってますよw

    気胸といえばハンガーで治した話を思い出しました

    作者からの返信

    緊迫でシリアスなシチュエーションってバランスを一つ崩しただけで喜劇になっちゃうんですよね。そのへんはむつかしいところかも。

    結局1シーンも活躍しないまま消えるピット大佐に黙祷!!w

    2017年6月21日 14:30

  • Space Opera Navigat…へのコメント

    スペース・オペラ・ナヴィゲーション、かっこよすぎて鼻血でます。

    作者からの返信

    有難うございます。二章では涙、、三章では鼻血という形で皆様の水分を搾り取らせていただいております。……一章は涎かな?

    2017年6月21日 14:29

  • Space Opera Navigat…へのコメント

    宇宙活劇航法……何とも洒落た名前だ……。

    作者からの返信

    有難うございます。先にこっちの英語名を思いついてからまじめな方の名前は単語を探して拾っていった次第ですw

    S.O.N.!!

    この作品の劇中世界では、古今の様々なSF創作物はしっかりと存在し、みなそれを踏まえていろいろとジョークを飛ばしたりするような感じです。4章でもちょっと触れる予定

    2017年6月21日 14:28

  • 次章予告へのコメント

    無音の中のプロローグ…でしたけれど。めちゃめちゃ熱いじゃないですか!
    この先もお付き合いさせてくださいませ。

    作者からの返信

    最新話までの読了とtwitterでのコメントも有難うございました。今後ともどうぞ、よろしくお付き合いください。当方からも伏してお願いいたします!

    2017年6月21日 14:24

  • Phrase D'armesへのコメント

    急なミステリー、この艦色々大変すぎですよw

    作者からの返信

    雨降って地固まる、という感じにこの後艦内が高いレベルでまとまってくれると良いのですが…!w

    まだ名前も出ていませんが前の艦長がいろいろと自分色にしすぎた感じですね。

    2017年6月21日 14:23

  • 愚者たちの闘争へのコメント

    まさか、こんな風に解決するとは。一本、取られました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。プロット段階では作者にも全然予測できておりませんでした。

    不確定要素としてダルキーストをブリッジに押し込んだのが、よい触媒作用を果たしたようですw

    2017年6月5日 12:50

  • 火星のイカ天丼へのコメント

    ハセガワ・ナノマシンに見えました…。
    紋甲いかのイカソーメンを食べたくなりましたわい(マテ)

    作者からの返信

    その誤読は狙ってのものです。ありがとうございます!

    紋甲イカ美味いですよね。まわってる寿司でいいから久々に食いに行きたいものです。

    最近は回らずに高速で往復するみたいですがw

    2017年5月31日 03:15

  • 火星のイカ天丼へのコメント

    ああー!!!! この回!!!!!
    好きなんですよこの回!!!!!
    現代の日本と変わらぬ情緒みたいなものが感じられて!!!!!

    作者からの返信

    私も気に入っています、がこの回をあまりクローズアップすると、全体への印象がややゆがむ気もしますねw

    ともあれ、離散国家となった日本がその文化をよりどころに日系人の中で生きている、そんな世界観を味わっていただければ。

    ディマイお待たせしました!

    2017年5月29日 09:42

  • オオヤマへのコメント

    まさかカクヨムでガンフリントが拝読できるとは……!(フォントが違うので新鮮な感じで拝読できますね)
    個人的にフォント自体はカクヨムの方がかっこよくで好きなので、嬉しいです。

    じわじわ二周目を愉しませていただきますね。

    追記:レビューの出来が気に喰わないのでちょこちょこ書き直しています、ご迷惑をおかけします。

    作者からの返信

    二週目有難うございますw

    私も投稿してみてこのフォントの良さにちょっと感心しなおしています。
    ―とーの区別がつけやすいのがいいですね!(そこか)
    レビューはカクヨムの場合なろう程気合い入れなくていい気がするので、どうか感じたままを率直な言葉で、お気軽に!

    2017年5月29日 09:39

  • 輸送艦ボストン、遭難すへのコメント

    まさかこちらでも読めるとは……嬉しい……

    作者からの返信

    こちらではイラストを掲載できないので、カクヨム版限定エピソードなどのサービスを考えています。

    2017年5月29日 09:37

  • 次章予告へのコメント

    ついに来た、て感じですね

    作者からの返信

    有難うございます。新天地を求めてやってきました。どうぞよろしくお願いいたします。

    2017年5月28日 12:31