フルコースの途中で

作者 アキラシンヤ

在りし日の君へ

  • ★★★ Excellent!!!

描写が見事です。作者様の技術力には感嘆するばかりです。
料理ひとつひとつの繊細な描写、そして向かいの席に座るはずだった「在りし日の彼女」。
それはとても繊細で、そして哀しい。
主人公はずっとこの日を待っていたのか。
作中から読み取れるのは、その長い年月。
そこには、「愛」が感じられます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

なぎのきさんの他のおすすめレビュー 92