二十歳のおばあちゃんへ

作者 高尾つばき

熾火のように燃やし続ける恋心。その想いを届ける相手はもういなくて……。

  • ★★★ Excellent!!!

 終始一貫して優しさが満ち溢れたお話です。優しくて、切なくて、涙が止めどなく零れてきました。途中から読めなくなるほどに。

 永遠の恋心。
 ぜひご堪能くださいませ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

楠 秋生さんの他のおすすめレビュー 465