異世界の邪神が海産物ぽかったので食べてみた

作者 とくがわ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第11話へのコメント

    NTR(邪神)か。浮気で怒るより卵とか産みつけられてないか心配になるな。

    作者からの返信

    実際…ヤバそうですね…
    托卵ならぬ托邪神です…

    2019年2月14日 22:30

  • Supplement 2:邪神ですが飛…へのコメント

    中々の怪作でした!
    でも、デカい海産物って食べがいがありそうでいいですよね(笑)
    日本人は水族館に行っても展示物を食べたくなりますし

    他の人にもおすすめさせていただきます~

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    怪作って言われたんですが、クトゥルフ仲間のしぃる先生によると「イタリアだかにも似たやつあるよ」とのことです。やっぱり…
    本作もですが新作もよろしければお読みいただけますと幸いです。

    2018年6月7日 06:36

  • 第9話へのコメント

    ナマコ、あまり食べなれないから美味しく感じたことないのですよ。
    漁港で新鮮なやつなら美味しいのかなあ。

    作者からの返信

    ナマコも新鮮なものはコリコリで美味しいですし、逆に干しナマコも美味ですね。

    2018年6月2日 20:26

  • 第2話へのコメント

    なwwwべwww
    鍋かよっ!

    作者からの返信

    はい、鍋です。
    歴史上早い段階で煮るという調理法は確立しました。

    2018年6月2日 20:25

  • 最終話へのコメント

    食の追求に貪欲な日本人はある意味最強になりやすい世界かもしれないw

    作者からの返信

    最終話まで読んでいただきありがとうございます。
    恐怖で硬直させて捕食が通用しなくてパニクってる邪神を捕食しかえす、蛇を食らうカエルみたいな主人公です。そういえばネコも複数のネズミ相手だとヤバい時があるそうです。ネズミに食い殺されたネコって結構いるとか。

    2018年1月31日 21:28

  • Supplement 1: 邪神ですが…へのコメント

    何かで読んだのですが欧米人がクトゥルフ神話に恐怖を感じるのは「神は絶対的に人間の味方」という信念とか信仰があるから人類の敵になる神という存在自体が恐怖らしいです。
    日本だと普通に祟り神とか居るのでその辺のギャップが凄いんでしょうね。
    あと前回のコメントでカニ蒸しの話ですけど中国は水が汚いから煮ると泥臭くなるからなんですよね
    なんで蒸す、揚げる、焼くが料理の基本になってしまう。
    変わったやつだとカニの酒漬け「酔蟹」なんてのもあります

    作者からの返信

    神の概念の違いですね。
    人間の神はそれは人間の味方でしょうけど、人間の神が世界を作ったか今の形にしたかは…

    蟹の酒漬けとはまた乙な味な予感がしますね。中華で是非賞味したいです。

    2018年1月31日 21:30

  • Supplement 0:邪神ですが飲…へのコメント

    ある中国人曰く、「カニは蒸すにかぎる」。 鍋にカニは邪道。まさに、邪神。

    作者からの返信

    蒸しガニ!そういうのもアリですね。カニ自体を楽しむか鍋という「世界」を楽しむか。悩ましい。

    2018年1月28日 10:55

  • Supplement 0:邪神ですが飲…へのコメント

    日本って世界でも数少ない、人と神が同居する世界だからこういうオチも良いですね

    作者からの返信

    ヒトとカミの共存は邪神も含まれます。なお食うか食われるかの関係は今回はない模様。むしろ一緒に食います。

    2018年1月28日 11:06

  • 第8話へのコメント

    メルトリウスにイスカリオテが帰還したことを告げているのってみゆきですよね?第2章2話ではイスカリオテの事を知らなかったようですが、勘違いでしょうか?

    作者からの返信

    あ、これ結構致命的なミスですね…

    知ってたことにした方が辻褄が合うので、そちらが正式ということにいたします。

    2018年1月19日 15:17

  • 第15話へのコメント

    誤字報告
    早い早い早い、もう少しで当たる!
    →速い速い速い、
    動作の場合は「速い」です。

    作者からの返信

    ありがとうございます。修正いたしました

    2018年1月19日 15:15

  • 最終話へのコメント

    お疲れさまでした。予想外に良い話風な終わりに…
    NTRは邪神関係だったから削除されたんですね。よかったなイソノ。

    返信追記です。
    てっきり、最後ウニとかいろいろ食い過ぎて追い出されるのを想像してたので…すみません。
    あとカップルになってからも長野ちゃんに虫食わされたりするのかな、とちょっと期待してました。

    作者からの返信

    最後までお付き合いいただきありがとうございました!

    予想外にいい話風って…むちゃくちゃな話だからこそシンプルなほうがいいかなという気もします。
    NTRに関しちゃ師匠がオマケで消しといてくれたのではないかと。多分NTR相手も間男もカツオもみんな忘れてます。

    2017年9月27日 12:09

  • 最終話へのコメント

    完結お疲れ様でした!
    日本人(というか主人公)独特の感性と痛快な戦闘描写にとても楽しませていただきました。
    質問なのですが、イカの司書ちゃんに元ネタはあるのでしょうか?味方サイドの邪神が邪神だっただけに気になったもので。

    作者からの返信

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    独特な感性といいますが、日本人なら普通なんじゃなかろうか、邪神が海産物で美味そうは(え?ぼくだけ?)

    実は司書ちゃんの元ネタは完全ではないですがあります。と言ってもホンモノからは全然別物になっていますが。

    ラーン・テゴスという邪神で、イカにハサミが生えた絵で描かれることがあるヤツです。「博物館の恐怖」が出展もとですね。

    最近、ヤドカリに擬態するイカが現れたのでそれも元ネタです。(実在します)
    流石に美少女に擬態はしませんw

    2017年9月11日 02:53

  • 最終話へのコメント

    >……世界は、あるべき姿に戻った。火山の島、アトランティス。深海の邪神。触れると発狂しかねない宇宙の真理……
    ま、まさかっ……磯野や長野ちゃんが邪神の巨大な海産物や昆虫共を食ったり食わせたりしていたのは、もうその時点から徐々にSAN値が減少していく様を表わしていたってことなんでしょうか? 昔の外国人が日本人の海産物を生食する光景を見て恐れ慄いていたのも、もしやそういうことだったのかっ…!?(白目)


    完結お疲れさまでした。今夜頃にはスーパーで半額になった刺身類を食べて(意味不明な)余韻に浸ろうかと思います……

    作者からの返信

    一説によるとどうも邪神は邪神食わせて眷属増やそうとしているとも言われます。(食わせて増やす系の「マタンゴ」の原作者もクトゥルフ系の作品を書いています)
    もっとも、食わせて増やしてやると言っても絶滅するまで食われたらたまったもんじゃないですから、磯野くんと長野ちゃんは「もういいから帰って」とクトゥルフ界から追い出されたってとこでしょうか。
    クトゥルフ界の特定外来生物に指定された二人です。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    2017年9月10日 16:09

  • 最終話へのコメント

    完結おめでとうございます&ありがとうございました。
    全くブレない主人公で突っ走って28光年、いったいどこへ行くのだろうと思ってたら、まさか行きて帰りし物語って王道なラストとは驚きました。
    冷静に考えると夢オチBADENDでもあるんですがヒューマンスケール的には永遠みたいなもんですしTrueEndは宇宙的真理を知ってSAN値が減りそうなのでGoodEnd28で満足です。

    作者からの返信

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    本来クトゥルフものだと、真理知ったら発狂なんですよね。ですが主人公は邪神化寸前して発狂回避の上、その記憶を脳から持って行かれて元に戻る(世界もあるべき姿に戻る)。TRUTHにはたどり着けなかったわけですが。

    夢オチみたいなものではありますが、身体はそのことを覚えているんですよね。桂正和先生の「夢戦士ウィングマン」のラストもそんな感じだったような。

    しかしこの宇宙の寿命56億7000万年しかないのか…

    2017年9月10日 07:16 編集済

  • 最終話へのコメント

    完結おめでとうございます&お疲れ様でした。
    化け物(海産物)を食い散らかしながら無双する主人公に最初は引きつつも観ていましたw
    さて、戻ってきた二人の今後はどーなるのか気にはなるけど何となくドタバタした日常なんだろうな


    最後に作者様へ、面白い作品をありがとう

    作者からの返信

    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    やっぱ引くよなぁ。色々と。登場人物たちもみんな主人公に引いてますし。

    磯野くんと長野ちゃんですが、多分変な海産物とか虫とか食べに行ったりすんではないでしょうかね。なんとなく上手く行くとは思いますよ、なんせ師匠(主神)の加護ありますし。

    2017年9月10日 07:07

  • 最終話へのコメント

    完結お疲れ様でした。
    今頃思ったけどウニのやつ下手な攻撃よりも転がり回った方がイソノ達も戦い難くなっていたのでは・・・?

    作者からの返信

    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    ウニですが、移動は仮足で行い、基本転がらないんですよね。転がられたらしんどそうですが。

    2017年9月10日 07:04

  • 最終話へのコメント

    完結おめでとうございます。
    楽しい物語をありがとうございました。

    作者からの返信

    こちらこそ、最後まで読んでいただきありがとうございました!

    2017年9月10日 07:03

  • 第8話へのコメント

    >厨二病は寛解したから俺。
    再発したり後遺症(黒歴史)を引き起こす事もあるんだよなぁw

    作者からの返信

    寛解というところがポイントです(完治したとは言っていない)
    むしろ後遺症の方が問題かも。黄の王も後遺症に悩まされるのかもしれません。

    2017年9月5日 08:35

  • 第8話へのコメント

    イカなだけに、『本気でいかせてもらう』発言は何かの駄洒落なのかと二度見に三度見してしまいましたねぇ思わず……w

    作者からの返信

    正直そのつもりはなかったです。多分それツッコマれたらコケてたかもしれない黄の王。

    2017年9月4日 21:40

  • 第6話へのコメント

    目の前で同族が食われるのはSAN値ごりごり減るだろうなぁw
    ましてや相手が圧倒的な強さとあればなおのこと。

    作者からの返信

    実際のところ、邪神はどっちなんだろうと。
    そして彼らが攻めようとしてたのはよりによってその邪神のような連中の巣ですよ。

    いや良かったんじゃないですか、これで。

    2017年8月30日 23:45

  • 第5話へのコメント

    食邪神鬼と書いて『しょくじんき』と読むとか個人的に超面白っすわwwwwwwwwwww


    『好敵手が』、『狙っている』、『後ろから』……………アッーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー‼‼?(不要な深読みorz)

    作者からの返信

    邪神と書いてカミと呼んでたりします。なお、数え方ですが、柱を使ってます。

    また狙われるのか、穴る

    2017年8月29日 08:18

  • 第4話へのコメント

    >後には何やらゲソやらハリセンボンやら転がっている。腹が空っぽになったからなんか食べたいな。
    ゲソはまだしもハリセンボンの方は例え毒抜きしようとも止めときなはれw
    猫の糞から採取して作ったコーヒーじゃあるまいし、流石に自身の吐いた卵から孵ったのを食べようなんて正気とは思えないよっ!?
    ………………って注意したとしても食べるんだろうなぁ彼らの場合orz

    作者からの返信

    さすがにハリセンボンには手を出さないような…自分のゲロ食うのはちょっと…

    2017年8月28日 19:22

  • 第4話へのコメント

    最大の敵はパートナーw

    作者からの返信

    とも言えなくもないような…
    でも結果的に彼女のおかげで秒殺できたと考えるとなんも言えねえ…

    2017年8月27日 21:27

  • 第3話へのコメント

    戦いが終わったらハリセンボンを飼う事にしよう。名前はノーマス。

    作者からの返信

    ハリセンボン…フグの仲間なんで食べられるワケですが、卵に毒は意外でしたね。確かに卵にはトゲはありませんし。

    2017年8月24日 14:21

  • 第2話へのコメント

    ウツボが・・・海のハンターが出落ちとは。
    ならば次はシャチかサメか!?

    作者からの返信

    そろそろ決着をつけることになりそうです。色々と。

    実はこのテーマ書きたかったんですよね。忘れてる方も多いでしょうが本作は一応邪神ものです。(この展開は連載3話くらいで思いついたので、やっと、と言う感はあります)

    2017年8月22日 08:18

  • 第20話へのコメント

    >『それはそうですけど、でも逆に……え?ちょっと貝くん……イソノさん、VXってなんですか?』
    『VX』と聞いてすぐさま思いついたのが、RPGツクールのRTPでしたorz
    最近よく遊んでるからかなぁ……


    一体邪神共と何処へ飛ばされようというのか…………………ど、DODのEエンディングみたいな展開は大歓迎ですだよ?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    作者からの返信

    昔は結構遊んでましたねぇ…

    …Eエンドはダメ。絶対。

    2017年8月17日 20:10

  • 第20話へのコメント

    *いしのなかにいる*にならないと良いけどw

    作者からの返信

    さて…どこに転移してしまうのでしょう…

    2017年8月16日 23:56

  • 第19話へのコメント

    あんまり生食してると邪神アニサキスとかに腹を破られちゃいますよ…
    せめてルイベかヅケで。

    作者からの返信

    邪神アニサキス…甲殻類だと多分別の寄生虫ですね、いるとしたら。

    本来の生食は確かに危険なことが多いです。もっとも、養殖だとそこまで危険じゃなかったりします。本作の邪神、割と養殖物(邪神による)です。

    2017年8月16日 21:11

  • 第19話へのコメント

    ウミグモだと!?見たことも聞いたこともない海産物登場っ!
    ってことでちょっと調べてみましょー……こ、コイツって只の寄生生物なんじゃないですかね?やたらと体や足が細長いし、そもそもこういう節足動物って苦手なんですよn…そういや最近スーパーであさりをよく買って食べてますが、もしかしたら中にはコイツの侵入してるのがいたかもっ!?って思うと、その……………ちょいと素でゲロりそうですorz

    作者からの返信

    本文にも記載しましたが、ウミグモによるアサリの食害はかなり強烈なもので、東京湾の千葉側のアサリが絶滅したこともあります。

    ちなみに、甲殻類ですんで食えるかといえば食えます。味の方はうまい説とマズイ説が…

    2017年8月15日 20:43

  • 第19話へのコメント

    ウミガメのスープは最近知られるようになってきましたね
    理不尽な答えほど好きですw

    作者からの返信

    そうですね。ウミガメのスープ系の正答率が高すぎる人はサイコパス疑惑あります(言い過ぎ

    2017年8月15日 09:02

  • 第19話へのコメント

    モ、モンスターエンジン…

    作者からの返信

    実は祭司と最初に会った時も途中までそのやりとりしてます。

    2017年8月15日 09:01

  • 第18話へのコメント

    やはり毒持ちは戦いにくいか
    電気ナマズとか出たらどうやって対処するかな

    作者からの返信

    電気系は濡れてるところだとヤバいですが、大気中に放電かませる生物は自分が知る限り幸いなことにいません。(邪神ならやりそう…)

    デンキウナギですが、電気を発生させる器官は筋肉の変形です。食べられます。

    2017年8月12日 22:55

  • 第2話へのコメント

    鍋用意(*^^*)

    作者からの返信

    鍋を探す旅が始まります

    2017年8月12日 19:07

  • 第17話へのコメント

    エビとイカでトムヤムクンかなと思ったらクラムチャウダーでしたか。
    さすがにハーブの調達が無理そうですね。

    先日こんなんを読みまして、日本人より実は魚も虫もいけるタイ人の方が邪神に強いのでは…と思ってしまいました。
    新たな変態枠があるとしたら、料理上手なニューハーフのタイ人キックボクサーを推薦させていただきますw
    ナンプラーもツクルヨー

    セミはソフトシェルのうちに食うべし
    http://cont.t-com.ne.jp/dpz/191165_1.html

    作者からの返信

    ハーブもありましたが環境的にパクチーとか難しいかもしれません。(あとぼくパクチー嫌い)
    中国や韓国、スペイン以外にタイもありましたか!虫もイケるし。…邪神どこ狙ってんだろ。(普通に中東とかアメリカとか狙うと思う)

    変態枠て…誰が変態で誰が常識人枠なんでしょう。多分祭司は常識人枠。邪神だけど。

    2017年8月10日 08:47

  • 第17話へのコメント

    攻めて来るわりに攻撃性の高いウツボとかは来ないんですねぇ
    美味しいのに。

    作者からの返信

    ウツボやウミヘビも来そうですねそのうち…
    ウミヘビですが、爬虫類のウミヘビと魚類のウミヘビがいます。

    爬虫類のウミヘビ、有毒なヤツもいますが確か沖縄とかでは喰われてます。日本人ぇ…

    2017年8月9日 23:09

  • 第17話へのコメント

    『エビ』と『イカ』、それに乳製品を使うとなれば……チーズでフォンデュるつもりかな?と思ったらクラムチャウダーでしたw
    そこでふと思い出した、カ◯プヌードル・シーフード味にお湯じゃなくてホットな牛乳を入れることでクラムチャウダー味になる、という都市伝説(?)…………今度、試してみようと思いますw


    確かに最近のは物語の開始頃より文化レベルが急上昇してきてますよね。その契機となったのは…………終焉の地からこの島に流れてきたあの辺り頃からだったかな?
    まさかこれが邪神達による勇者弱体化作戦の一環であったとは、この時誰も予測していなかったっ……!!(妄言)

    作者からの返信

    クラムチャウダー、乳製品不足をどう解決するかが問題ですね。シーフードヌードルですが、低脂肪乳にすればあっさり目、普通の牛乳だとこってりした感じです。

    弱体化と言いますが、コンスタントに喰われてます邪神。味噌や醤油が手に入ったということは…

    2017年8月9日 21:30

  • 第16話へのコメント

    カブトガニを乗せるのもいいけどイソギンチャク乗せてふさふさ~とからかうのも効きそうである。

    作者からの返信

    そっちの人にウミシダとか海藻を載っける必要もありそうですが、よく考えたらそろそろ頭髪砂漠の人かわいそうになってきた。

    2017年8月8日 00:40

  • 第16話へのコメント

    ………邪神に下半身事情を心配されたorz
    屈辱だ…そう、実にKU・TSU・JO・KU・だっ!!!!
    とりあえず元の世界に戻れたら、当時イソノ氏の純粋な心を弄んだ糞アマにカブトガニをひっくり返したのを見せつけようそうしようよぅwwwww

    あわよくば、そのまま顔にペタリと貼り付けよう(疑似・フェ〇スハガーだっ!)wwwwwwwwwwww

    作者からの返信

    まぁ相手からしたら「人間の男なのに反応しないとか、もしかしてED?」位は思いますよね。
    クソアマより先に邪神のどたまにカブトガニを…

    2017年8月7日 21:43

  • 第15話へのコメント

    虫食いの長野ちゃんがエビを見て美味しそうは尤もですな。
    エビは海中の昆虫とも言われてるしw
    余談だけどカニは蜘蛛に近いらしい。

    作者からの返信

    多分彼女の場合は、エビが木にしがみついてても美味しく食べるでしょう。
    昆虫の原型ですが、カゲロウの類が比較的原型に近く、おそらく三葉虫などに近縁の類から分岐していそうです。

    カニ、クモ、サソリ辺りは遠い親戚ですね。

    2017年8月6日 22:04

  • 第15話へのコメント

    >「つ、強い!強すぎる!」
    「やはり勇者様たちは別格だ……」
    未食組よ、インターフェース持ちでないアフィラムやカイロスまでもが共に狩ってるのを見て何とも思わないのん?wwwwwwwwwwwwwwww


    ウチはエビの場合、焼き・茹でに関わらず頭及び触角から尻尾の先までしっかり丸ごと食す派ですw
    昆虫なら……うん、小学生の頃にバッタというか親戚から差し出された佃煮のイナゴを一匹だけ摘まんで食べたっきりですね……
    (本音:某奇食漫画やこの小説に影響されてちょっと興味の沸いてきてる昨今、改めて思い出せば何とも勿体ないことをしたもんだ…orz)

    作者からの返信

    まぁそれが狙いなんですよね。精神耐性できそう、ってのを見てもらうことが目的。見た人が一人や二人ではないってのは大きいですね。
    対邪神インターフェースなしでも、多分カツヲや長野ちゃんは雑魚なら狩れるんじゃないかと。

    昆虫食ですが、初心者向けは蜂の子、イナゴですね。どちらも食品(しかも高い!)です。カイコも美味しかったです。中国では生きてるの食べる地域もあるそうですが、さすがにキツい。

    2017年8月5日 21:44

  • 第14話へのコメント

    えーと、金属加工なら司祭に頼めば良いんじゃないかな?
    喋る包丁作れるほどのスキル持ってるし友好的だし。

    作者からの返信

    一般的な金属加工の技術、彼が持ってたらいいんですがね…
    ガラス加工したいのに半導体技術者が役立つか、みたいな話ではあります。
    (微妙に役立ちそうな気はします

    2017年8月3日 08:40

  • 第14話へのコメント

    今頃だけど、ウーパールーパーまでいくと最早只のゲテgウォッホンゴホンゴホンッ!
    ……あーっと、奇食の域だよね本当今更だけどさぁ……orz


    ………………邪神壁、上手く養殖とか出来ないものかなぁ……?

    作者からの返信

    ウーパールーパーって別にゲテモノって言うほどでもないよな、と思い始めてるぼくは汚染があかんレベルに達しています。

    邪神壁養殖、多分逃げられる気がします…

    2017年8月2日 21:51

  • 第2話へのコメント

    umasou

  • 第13話へのコメント

    ハゲというとカワハギ?

    作者からの返信

    一応バルゼブは人間だと思います、多分。
    祭司にも頭髪はないですが。(あっても困る)

    カワハギ邪神……カツヲと一緒にクラゲ食べるヤツだったりして…

    2017年8月1日 07:06

  • 第13話へのコメント

    ギリシャ人もタコのマリネとか食うし結構耐性ありそう

    作者からの返信

    多分ありそうな気がしてきました。
    人類の半分以下なんじゃないかな耐性無しは。
    (それでもそこ狙われたらしゃれにならない)

    2017年8月1日 00:05

  • 第13話へのコメント

    >「母もこの世界の人間ではなかったからな。私の髪は父と同じだが、母の髪は黒」
    「……それって……長野ちゃん」
    「私たちと同じ日本人!?」
    ふむふむ成る程、一応現段階での仮説としては遺伝子が仕事したが故に、ってことか。
    ………これまでの度重なる露出行為で無意識に根性鍛えられたが故に、とかって思い込んでいましたわ割と素でwwwwwwwwwwwwww
    実際衆人の真ん前でゼンラーになるのって、結構羞恥心刺激されますでしょ?それを敢えて行うことによって、そして繰り返し行うことによって自力で耐性付けたのかな~って思ってたんですよ、はいぃ……

    作者からの返信

    伏線はなくはなかった、こともあったようなないような。

    ・カツオ同様完全に取り込めない
    ・そもそも邪神の前で恐怖も気絶もしない

    このあたりですね。

    あと、マギエム母ですが…ハーフですね。純日本人では頭髪金髪は出ません。

    2017年7月31日 21:48 編集済

  • 第8話へのコメント

    > 「どうしてお前は邪神食を流行らせようとしてるのか」
    第一に同じ趣味の同志を増やそうという意志があるんだろうけど、第二に食い続けることで海産物に対する恐怖心を薄れさせようという魂胆があるんでしょうねぇ………………いや、第一のしか感じられないやw

    作者からの返信

    99パーセントそうだと思います。
    1パーセントくらいは後者もある…かもしれない…

    2017年7月30日 00:16

  • 第3話へのコメント

    こんなこと実にどうでもいい話なんでしょうが、俺は『NTR』は“寝盗りor寝盗られ”ではなく“乗っ取り”と読む派ですw

    作者からの返信

    ほぼ、同義な気がします…

    ぼくは寝取られ好きじゃないんですよね実は。(自分の嫌いなことを登場人物に押し付けるスタイル)

    2017年7月30日 00:15

  • 第2話へのコメント

    何だよ、祭司の才に嫉妬した物真似野郎なだけなのかよコイツ……

    作者からの返信

    ぶっちゃけ、小物ですわこいつ。
    とは言え、そんな小物に人生歪められたってのがまた腹立つとこですね(リアルにたまによくある)

    2017年7月29日 21:49

  • 第1話へのコメント

    >俺らはブルーギルかなんかか。
    寧ろ邪神側からしたら、フナかと思って釣り上げたのが実はピラニアだったでござる、みたいな心境かと思うんですよ、はい……

    作者からの返信

    確かにそうですわ。
    ピラニアどころかカンディルとかそのくらいの危険生物ですよカツオとか長野県民の人。

    2017年7月29日 21:48 編集済

  • 第20話へのコメント

    > 海棲生物を常食しているような人間達に、我々自身や端末の精神干渉が効果が現れにくいことがわかった』

    「つまりこいつのような、海産物が主食みたいな人間にとっては、邪神は脅威どころかただの海産物ということになるのか」
    いつかアフィラム・アレンの二人も、磯野氏みたく海産物ハンターとして邪神狩りをするようになってしまうというのか……

    作者からの返信

    着実にアレンくんは毒されてます…

    2017年7月29日 21:47

  • 第19話へのコメント

    > 『我々も情報以外に、肉体構成のために有機物の摂取も必要だからな』
    あぁ、だから人間の脳髄チューチュー吸うだけじゃなくて丸ごとかじりとかしてたんですか邪神ってw

    作者からの返信

    まぁそんなところですね。
    なんだかんだいっても身体は海産物なので。
    情報さえなんとかなれば人間食う意味は実はあんまりありません。

    2017年7月29日 21:46 編集済

  • 第16話へのコメント

    核なんて使わせたら、某SF作品みたく最終的には人類同士でボッカボッカ核兵器でドンパチやらかして食料自ら滅びてしまうぞ邪神共ぇ……orz

    作者からの返信

    実際のところそこまでバカ邪神ではないのでご安心(?)を。

    2017年7月29日 21:45

  • 第15話へのコメント

    今思ったんですが、これまで登場した中でマトモに邪神してそうな見た目してるのって祭司と大淫婦及びその娘さん位なものじゃなかろうか…?
    司書さんは……う~ん…………変身能力がそれっぽくて他は……び、微妙だなぁorz

    作者からの返信

    邪神ですが、イカタコ系以外も結構います。
    ダゴンなどは魚人ですし、サスカッチのようなの、カエルのようのもいますね。

    2017年7月29日 21:44

  • 第14話へのコメント

    もう噂に尾ヒレ付いて出回ってるのか……
    この世界では人類は弱者に分類されてるから、そのうち人間じゃなくて別世界から襲来した邪神悪神の類いだって方向に変わりそうな気もするwwwwwwwwww

    作者からの返信

    逆に救世主扱い…はなさそうですか…

    2017年7月29日 21:42

  • 第11話へのコメント

    このユムシ共は男色家なのだろうか……
    もし女性メンバーも一緒に来ていたら………………うん、考えない方がいいな。
    下手したらアフィラムん家の夜の性活に腐った要素が混ざりかねない……orz

    作者からの返信

    そっちか…
    夜の性活が大惨事より女性陣いなくて良かったと、男性陣は思ってるのではないでしょうか。
    実際、カンディルは女性器を狙ってくるので…

    2017年7月29日 21:29

  • 第10話へのコメント

    えいよーじょーたい………………
    そりゃあ人間の一匹や二匹どころかもっとたくさん食い殺してきてるのなら、結構なえいよーたくわえてますよね~……(現実逃避)

    作者からの返信

    実際栄養蓄えてそうな感じではあります。
    つまりそんだけ犠牲が出ているということに…

    2017年7月29日 21:18

  • 第11話へのコメント

    サンショウウオはししゃもみたいだったなぁ。旨かった。


    ちなみに食べたのは小型のカスミサンショウウオかトウキョウサンショウオと思われる。
    オオサンショウウオはゼラチンプルプルで(私は連行されました)

    作者からの返信

    なんと。シシャモの味とは想定外でした。
    やはり日本人と邪神なら日本人圧勝は間違いなさそうな気がしてきます。

    ちなみにどのサンショウウオでしょうか?

    2017年7月29日 09:52

  • 第7話へのコメント

    そういや終焉の地で遭遇したものの何とか逃げざるをえなかった原因のヒョウモンダコ、アイツは今頃どうしてるのだろうな……(現実逃避)

    作者からの返信

    ヒョウモンダコ、どうやって食べるのか、それが問題。

    2017年7月29日 00:35

  • 第5話へのコメント

    > 『わかった!……これで、私は……』
    ん?祭司は一体どうしたんだr…………
    『信奉者は先程海産物のスープを食わされた所』
    →『その信奉者の情報を祭司が吸い取る』
    →『海産物の味の情報が祭司に伝わる』
    →『擬似的に祭司は同類の味を知ってしまった』
    →『祭司は海産物の味を覚えた!』
    …………擬似的に共食いをさせられたって事になるんですかそうですかorz

    作者からの返信

    ここでは「邪神を裏切ってしまった」と思っています。
    …共喰いの情報も伝わったか…

    2017年7月29日 00:34

  • 第2話へのコメント

    そういや蟹とか海老って、蜘蛛とかと同じ虫の分類だって話を聞いたことありますね……

    作者からの返信

    甲殻類とクモはそれなりには近縁です。サソリとクモの方がより近縁ですが。

    2017年7月29日 00:33

  • 第20話へのコメント

    様々な魚料理で使える大根おろしの出番はまだでしょうか? なければレモン等の柑橘類でも構いません!(笑)

    作者からの返信

    あ、柑橘類イイですね。
    今後検討します。

    2017年7月29日 00:32

  • 第18話へのコメント

    > 『発狂した人間の身体を使う邪神は割と多い。延髄を経由して操作している』
    磯野氏をこの異界に引き込んだ例のヤツもその内の一匹、ってことか…………引き込めてたのなら、もしやまだ生きてるのかな?

    作者からの返信

    どうでしょう…?

    2017年7月29日 00:32

  • 第17話へのコメント

    昔の日本のエロ絵師(偏見)は偉大だった…!

    作者からの返信

    偉大すぎて恨み買ってしまったんですがね…

    2017年7月29日 00:32

  • 第16話へのコメント

    常識人兼苦労人で見た目がこれまでで一番邪神っぽいヤツキターーーーっ!!?

    作者からの返信

    祭司ほんと苦労人ですね。
    味方の邪神も少ないし、人間とは対話できなかったし。

    2017年7月29日 00:31

  • 第13話へのコメント

    アフィラム氏の異常な反応からして血縁者なのかな?と思ってたら奥さんでした!Oh...

    作者からの返信

    そらアフィラムからしたら(殺す覚悟したとは言え)嫁にキスされてたわけで…

    2017年7月29日 00:30

  • 第12話へのコメント

    何だ苗床になってたのは彼女じゃなかったのか。違ってて良かったのか、違ってた事に残念な気持ちを抱けばいいのやら迷いますねorz

    作者からの返信

    違ってて良かったと思います。こんなとこであっても気ぃ悪いような。

    2017年7月29日 00:29

  • 第11話へのコメント

    NTR彼女はそのまま放置するのかな?っつーか彼女が居るならきっと間男のヤローも何処かには居そうですねw 或いはもうとっくに餌になってるのかな……

    作者からの返信

    二人はどうなったんでしょう?
    ぶっちゃけその後についてはわかりません。

    2017年7月29日 00:28

  • 第9話へのコメント

    今度はナマコッスかぁ…
    大根おろしと酢醤油で食べると美味しかったっけなぁ……

    作者からの返信

    ナマコはコリコリ感があって中々美味いですよね。
    干しナマコも別の美味さがあります。

    2017年7月28日 22:55

  • 第3話へのコメント

    この世界の人類は、海の生物に対する恐怖心が抜け切れなかったが故に滅びる寸前だというのか……!?

    作者からの返信

    そうですね。
    某有名作家のような感じで海産物に恐怖を抱いています。

    …そんな世界に日本人が来た日には…

    2017年7月28日 22:05

  • 第11話へのコメント

    サンショウウオは表皮の粘液が山椒の匂いに似ているからそういう名前になったらしい(実物見てないから本当か知らないけど)
    アホロートルのから揚げとか天ぷらもどっかで聞いたが食いたいとは思えんなw

    作者からの返信

    サンショウウオですが、自分も匂いを嗅いだことは無いですね(大小とも見たことはありますが)。
    近縁のカエルもあちこちで食べられてますし、基本的には普通に食べられる食材ではあると思います、アホロートル。

    この前売ってるの見ましたが、一匹2500円の超高価な食材ですので手が出ませんでした。

    2017年7月26日 23:16

  • 第10話へのコメント

    深刻な話が半裸で台無し

    作者からの返信

    引き続きシリアスは投げ捨てるスタイルで行きたいと思います。

    2017年7月26日 23:13

  • 第8話へのコメント

    その内刺客にイモガイとかカツオノエボシとかスベスベマンジュウガニが来そうな感じ

    作者からの返信

    毒系は天敵ですね…
    喰えないヤツと戦うのはどうするべきか。

    もっとも毒系だけになるってことはないと思います。毒系、毒持つコストが大きすぎます。

    2017年7月22日 23:17

  • 第7話へのコメント

    人間の脳はHDに換算すると1兆バイトとも言われているけど
    更に想像から創造まで出来ちゃうからなぁw
    スパコンのAIだって過去の参照から引っ張ってくるのが精一杯だし

    作者からの返信

    創発についてですが、人工知能などで起こるかどうかは微妙なところかな?と思っています。起こったら面白いんですが。
    (それだと人工知能から膨大なエネルギーが?)

    人間の脳の持つエネルギーって実際のところはそこまでじゃ無いのかなぁ…?

    2017年7月18日 18:16

  • 第6話へのコメント

    ヌタウナギですか…近縁のヤツメウナギは親類が川で捕ってたので、醤油を絡めて炒めて食ってました。油たっぷりで人を選びますが、結構クセになる味でした。コラーゲンたっぷりでプルプルで、ビタミンB群やEが豊富なのでリ○ビタンみたいな後味でしたね。

    作者からの返信

    ヤツメウナギは昔干物を食べたことがあるような。あまり印象に残ってないです。

    2017年7月18日 18:17

  • 第20話へのコメント

    残念イケメンが活躍できる場があるとは……。
    鍋に穴が空いたのは辛いですね。ゲソ揚げ食べたい。

    作者からの返信

    残念イケメン、最近出番がないのでちょっと考えてみます。
    ゲソ揚げ美味しいですよね。

    2017年7月18日 18:17

  • 第6話へのコメント

    高周波ブレ・・包丁!
    水の中で使ったら周囲の魚が取れそう

    作者からの返信

    ガチンコ漁ならぬ高周波漁!
    ソナーとかでクジラが死んだりしていますので、これはこれで危険だと思います、海棲生物にも。

    2017年7月16日 00:04

  • 第5話へのコメント

    香港で食ったことあるけど、結構いけたなカブトガニ(笑)

    作者からの返信

    料理の仕方や場所によっても味が変わるんですよね…
    カブトガニも美味いという話もよく聞くんで、当たり外れあるなぁとは思います。

    2017年7月14日 13:08

  • 第5話へのコメント

    カブトガニの毒というアニメをおもいだしてしまったw

    追記
    Webで見れるので時間あるときに探してみてください
    トンデモなギャグですw

    作者からの返信

    残念、未見です。
    カブトガニは毒は無かったと思うんですが……

    2017年7月14日 13:08

  • 第4話へのコメント

    昔、何かの本でアミエビのかき揚げが出てて、それが凄く旨そうと思ったなぁ。

    作者からの返信

    アミエビも美味しそうですが、シロエビのかき揚げ一度食べてみたいです。

    多くの動物がアミエビを捕食しますし、やっぱり美味いのだろうか。

    2017年7月10日 23:07

  • 第4話へのコメント

    アミエビだと塩辛に!

    嗚呼🎵酒が欲しいです。

    作者からの返信

    バージェスモンスターともなると、味は想像するしかないです。
    とは言うものの甲殻類なので、ある程度味は期待できる気はします。アミエビ味なら酒が飲みたくなりそうです。

    2017年7月10日 22:42

  • 第3話へのコメント

    二刀流とか尋常じゃない腕力と技術が
    いるだろうけどね。
    しかし包丁で相手の武器破壊って
    刃こぼれとかないのかな

    作者からの返信

    バランスを取るのも難しいと思います。日本刀は片手でも使うことはありますが、標準的日本人だとちょっと厳しいかもしれません。
    刀を折るのは側面を狙えるなら可能性はあると思います。もっとも技量がないと難しいでしょうが。

    2017年7月10日 22:40

  • 第2話へのコメント

    偽ライダー的なのが出てきましたね。
    形状によっては「柳葉も欲しかったんだ」とか言って鹵獲されそう。

    作者からの返信

    包丁2号機ゲットですか。
    二本あるんだよなぁ…

    2017年7月6日 20:17

  • 第2話へのコメント

    俺が怖いのか?来いよ邪神、包丁なんか捨ててかかって来い!

    作者からの返信

    割とそんな感じです。
    因縁のバトルと相成りましたが果たして。

    2017年7月5日 22:49

  • 第1話へのコメント

    久しぶり?の貝類
    サザエやアワビはいつ出会えるやら

    作者からの返信

    確かに。よく考えたらサザエもアワビもいないとおかしいことに気がついてしまいみした。近いうちに出演するかもしれません。

    なお、アレはまだの予定です。
    (まだ未出演のあいつです…)

    2017年7月5日 22:23

  • 第20話へのコメント

    離婚原因の一つに食事の不一致がある位に食生活の理解は重要ですね。

    作者からの返信

    そうですねー。
    ダイオウグソクムシですが、一応食べられなくもないようです。今回は食べなかったんですが…

    2017年7月4日 06:48

  • 第19話へのコメント

    まさかカツヲx包丁がツンデレカップルだったとは。

    エイは煮付けたが余ったら、冷蔵庫で冷やすとプルプルの煮凝りになりますよ。

    一番好きなのはぬた(味噌酢あえ)ですが。
    ぬたのレシピ例 https://cookpad.com/recipe/505451

    作者からの返信

    あだ名はカツオしかないですな>主人公

    エイもフカヒレ同様コラーゲン豊富そうですね。

    2017年6月29日 18:13

  • 第19話へのコメント

    邪神が創ったなら柳刃とか出刃とかに変形出来そうw

    作者からの返信

    変形機能とか夢はありますね。
    もっとも祭司作だから、彼は割とそういうのやらなそう。

    2017年6月29日 18:13

  • 第19話へのコメント

    包丁と槍交換したら捌きにくくてしょうがないね。

    作者からの返信

    包丁と言いつつ普通に武器ですからねぇ。
    と言うよりマグロ包丁はマグロ解体以外には使いにくそうです。

    2017年6月28日 22:36

  • 第17話へのコメント

    ウナギには山椒は欠かせませんよね。
    私には山椒の無いウナギは考えられないです……(泣)

    作者からの返信

    自分もウナギには山椒が欠かせない派です。

    2017年6月25日 19:03

  • 第17話へのコメント

    邪神にHDDのデータを食べてもらう
    サービス業はじめれば一定の需要ありそう

    作者からの返信

    さすがにHDD直はムリですが、なんらかの方法でいけそうではあります。
    脳細胞を培養して脳を再現する研究なども行われています。

    http://www.afpbb.com/articles/amp/3057782

    バイオコンピュータとコンピュータを接続などできれば…

    2017年6月25日 08:38

  • 第16話へのコメント

    どんなものでも擬人化して萌える日本人も軽く邪神だと思う

    作者からの返信

    そうですねぇ…大概狂気の産物だろって言いたくなります。
    司書ちゃん萌えの人とかいそうで怖い。イカなのに。

    2017年6月23日 19:28

  • 第16話へのコメント

    核分裂じゃなくて融合の方か
    よりやばいじゃないか

    作者からの返信

    ようやく邪神(黄の王側)たちがヤバいことがわかってきたと思います。ガチで人類絶滅させにきてます。

    2017年6月22日 06:04

  • 第15話へのコメント

    イカとうなぎの絡みを想像するよりも、真面目っ娘と触手の絡みに変換するんだ。

    作者からの返信

    ウナギなんで全身これ触手と考えたら…
    イカちゃんには悪いけど、すいません笑ってしまいました。

    2017年6月21日 00:00

  • 第15話へのコメント

    ヤドカリイカ娘が出たならウナギイヌもアリでしょうか。アレ見た目邪神っぽいし。

    作者からの返信

    ウナギ犬とはまた懐かしい…

    2017年6月20日 00:52

  • 第15話へのコメント

    侵略されるイカ娘

    作者からの返信

    まさに…
    しかし人外が人外に襲われる展開になるとは…

    2017年6月19日 23:27

  • 第14話へのコメント

    貝とかイカとかばかりで魚が出てこないね。
    海に入るし強襲する?

    作者からの返信

    貝以外も割と出しているつもりなんですが…(ナマコとかヒトデとか…)
    魚もそのうち出させてもらいます。ご期待ください。

    2017年6月18日 16:08

  • 第1話へのコメント

    こんにちは。
    群生層→群生相
    だと思います。

    作者からの返信

    あ!

    ご指摘ありがとうございます。
    修正します。

    2017年6月18日 07:44

  • 第13話へのコメント

    次元跳躍で地球侵攻…当然フネはダ〇イアス的なものなんですね。
    最近は中国の漁船が日本以上に際限なく獲るから邪神なんて即殲滅されてしまいますな。

    作者からの返信

    日本もそうなんですが、食料問題がある中国も海産物保護には消極的です。
    この問題については個人的にはかなり危惧しています。

    …こんな作品で真面目にいうことではないですが。
    あとダライアスは外伝が一番好きです。

    2017年6月17日 07:12 編集済

  • 第6話へのコメント

    昔、海辺でマヒトデを焼いて食った(食わされた)ことあります。
    足の中の肉(卵巣)をほじって食べました。
    焼きウニよりボソボソして生臭くて、イマイチでしたね。
    肉食だから生臭いんだな~やっぱ昆布食ってるウニとは違うな~、という感想でした。

    作者からの返信

    マヒトデ経験者が!
    おそらく味はウニと比較すると落ちるとは思っていましたが、明確に差があるんですね。
    作中の邪神(しょくざい)ですが、残念ながら半分くらいしか食べられていません。

    2017年6月17日 07:10