マチカツ!

作者 乙島紅

居場所は、いつだってそこにある……。

  • ★★★ Excellent!!!

転勤族故に、故郷や居場所の概念が薄かった伊佐見渓。

そんな彼は最初は腐っていた。それは奇しくも住んでいる古巣市――うずら通り商店街の寂しさと同じようで、どこか暗い物になっていた。
しかし彼は、商店街は変わった。商店街の活気を取り戻そうとするマチカツ部、地域の人々、そして彼らの絆。彼らのしてきた事は、ラストで大きな意味となって帰ってくる。

商店街の未来が輝かしい物になったと同時に、その場所が渓にとっての『居場所』になった。だからこそラストの台詞が重く感じられる。

これ程熱く、切なく、そして輝いている物語を色んな人に知ってもらいたい。そんな想いをしてくれる、素敵な物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

大学に通うためだけに、この街にきた主人公。
その彼は、ちょっとしたきっかけで、そこのシャッター街になりつつある商店街を盛り上げようと企画する学生たちの「マチカツ」に参加することになる。

しかし。
続きを読む

榊あんかさんの他のおすすめレビュー 242