〈カクヨム計劃トリビュート/〉

作者 七瀬夏扉@ななせなつひ

少しでも多くの人達に、この企画に参加してほしい

  • ★★★ Excellent!!!

 トリビュートという言葉には、「捧げ物」、あるいは「贈り物」という意味がある。これは主にポジティブな意味として、相手に敬意を表した表現として用いられるんだけど、英語という言語は常に皮肉じみた表裏一体の意味を持ち合わせていて、この言葉には「貢ぎ物」という意味もある。
 いずれにせよトリビュートという言葉は、遠い立場にある人、敬意を表するべき相手への賛辞や贈り物という、少し畏まった意味をもっている。
 例えば有名アーティストのトリビュート・アルバムは、その伝説的なアーティストに対して敬意を表するために組まれるものだ。尊敬する人を想い寄せ合った作品群。それがトリビュートだ。

 彼、伊藤計劃は『WALK』第57号(2008年12月)によせて、次のような言葉を遺した。

『そしてわたしは作家として、いまここに記しているようにわたし自身のフィクションを語る。この物語があなたの記憶に残るかどうかはわからない。しかし、わたしはその可能性に賭けていまこの文章を書いている。
 これがわたし。
 これがわたしというフィクション。
 わたしはあなたの身体に宿りたい。
 あなたの口によって更に他者に語り継がれたい。』

 彼は、あなたの中に彼の物語が生き続けることを望んだ。
 それがあなたの口によって語り継がれることを望んだ。
 だから僕らは、それを知りたい。
 私は、彼の生みだした物語が、あなたに根づき、あなたによって語られるのをみたい。
 それが彼へのトリビュートとして、この計劃<Project>に寄せられるのをみたい。
 彼もきっと、あなたの物語をまっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雪星/イルさんの他のおすすめレビュー 100