その輝きは銀色に。

作者 糸乃 空

透き通る言葉と、その美しさに息を飲む。

  • ★★★ Excellent!!!


あたたかな幸せが一日にして崩れ去った少女と、過酷な自然を生き抜くギンギツネの物語です。
一度だけ交わった両者の視線が、次にいつ交わるのか、もしくは、もう交わることはないのか。
今後が気になる作品です。


言葉が、本当に美しい。
一つ一つの言葉に命が籠っていて、きらきらと輝いています。
内容ももちろんですが、言葉の美しさに、私はとにかく感動しました。


是非、多くの方に読んでほしい小説です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

しめさばさんの他のおすすめレビュー 7