僕はリュックサックからポスターを出したりはしない(短編)

作者 鶯ノエル

137

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 序盤はメイドカフェとその客のオタクという流れで、非現実的な空間に読者は放り出される。しかし、次にはもう現実が待っている。この展開の速さで、読者は多くの共感を得ることになる。オタクな主人公が、現実の「メイドさん」の学生生活に起こった「事件」を解決するために奮闘し、結果――――ぼろぼろになる。しかしこのことで、主人公と「メイドさん」の距離は一層縮まり、ほっこりしながらも、ドキドキなラストに導かれる。「メイドさん」は本当に良い子だな、と思いながらも、いつの間にか主人公を応援している自分がいました。おそらく、それだけ感情移入がしやすかったという事だと思います。
 「非日常」と「日常」が巧く書き分けられ、構成もしっかりしている。ただの「ラブコメ」ではなく、「現代ドラマ」という枠の中なのが納得できる一作でした。
 是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

 可愛い。可愛すぎて、萌え死にそうになります。

メイド喫茶に通う主人公、その理由は『まるちぃ』というメイドさんに惚れてしまったからである。
そんなある日、『まるちぃ』に出会う主人公。

そんなこんなで、主人公は彼女のために戦うと決心する。
素敵すぎます。敵に勝っても、負けても、彼女の笑顔さえあれば生きていける。
そんなヒーロー魂が主人公から感じ取れます。

本作を読みながら、オタクってなんだろうなと考えさせてくれました。
リュックサックからポスターが出ていないオタク。
リュックサックからポスターを出しているオタク。

とはまぁ、ハッピーエンドですので、ニヤニヤしながら読めます。

では、読者の皆さんに、素敵なメイドさんの笑顔が届きますように!
そして、作者さんに、盛大なありがとうとごちそうさまを!


★★★ Excellent!!!

なんかもう、最高でした。
オタクが好きな人のために勇気を出すお話です。こういうの好き。本当に好き。

とあるメイドさんが目当てでメイド喫茶に通う、控えめなオタクのお話なのですが、まさかの展開、ラストは爽快、語彙力崩壊。ニッキュ、ニッキュ。

短編なのにキャラが立っててすごいです。ピザデブくん、なぜか憎めない……。彼らの物語を、もっと見てみたいと思いました。

というか、私がここでどんなに素晴らしいレビューを書いてもあまり意味はないのです。

なぜなら……
『僕はリュックサックからポスターを出したりはしない』
こんな面白そうなタイトル、読まないわけにいかないじゃないですか!

それでも私はレビュー書きましたよ。だって、面白かったから!
ニッキュ、ニッキュ。

★★★ Excellent!!!

色々と思うところはありますが、楽しい作品でした。
コミカル風なのにシリアスさがあって。

本編を見ると、オタクはこんなんばっかじゃないお! と私のパトスが叫びましたが、題名の意味が変わりますね。
思った以上に深い意味を持った題名で、弱くて、かっこ悪くて、でも強くて。
そんな印象を受けました。

★★★ Excellent!!!

まず、妹凄くいい。
出番少ないですが、好きです。
そして、何よりまるちぃに萌えます。

黄瀬さんとまるちぃのギャップがたまらんかったのですよ。

オタ豚になりきれないオタクの精一杯の勇気に敬礼です。力足りなく悪党成敗の事の顛末に笑ってしまいました。

腕力だけじゃない。
 うまく言えないけれど僕には『まるちぃ』の支えとなる力がない。

文章引用ですが、この節でグッときました。主人公の不甲斐ない気持ちが真っ直ぐ伝わり、この部分を何度か読み返してました。

オタと猫耳メイドの織り成すシンデレラストーリー。萌えと恋と素敵なお話はとても面白く素敵なお話ありがとうございました。ご馳走様です(>_<)

★★★ Excellent!!!

メイド喫茶で働く『まるちぃ』のことを好きになったオタクが主人公のお話です。

好きな子の笑顔のために、戦うその姿はカッコイイです!
純粋でいて、正義があり、ぎこちなさもあり……。
彼のまっすぐな視線に注目です。

それから、サブキャラの伸之くんも必見です。
彼の発言はストーリー上、とても重要なものだったし、彼の行動、とても良い味出してます。
コンテスト応募作品で、「15㎝」の使い方も絶妙でした。

★★★ Excellent!!!

 んふふぅー、メイドと聞いては馳せ参じぬわけにはいきませぬぅ。
 ほ? 拙者でございまするか? いやいや、ただの通りすがりのカクヨムユーザーであって、決してオタクではありませぬぅ。バンダナは最近暑いから汗で巻いているのでありますし、チェックのシャツはママが・・・・・・あいや、待たれぃ、ままある服装でござるよ。ジーパンの裾を折っているのは、せ、拙者まだ成長期でありますから足も伸びますから。靴が汚れて穴が? いやいややや、数々の修羅場を潜った証。上から下まで真っ黒? くくく黒は格好イイ色でしょうが! 指ぬきグローブでござるかっ? 物を持つとき滑らないようにでござるよッ!

 んふー! んふぅーっ! れ、レビューでござるぅ!

 んん~、ニッキュ、ニッキュ♪ これだけでこの作品を読む価値はあるというものですなあ! ただでさえ萌え~なメイドたんが猫耳とは萌え萌え~でござるぅ、んふぅ、神、そう、神ですな。猫耳メイドこそが至高!

 そして、にくきゅー萌えにゃんセット!
 オムライス! ミニサラダ!! ドリンク付き!!! 2000円!!!! たはーっ! たけぇーwww

 んいやぁー、あいや待たれぃ、そこな紳士淑女諸君んー。
 至高神、猫耳メイドたんがぁ、ドリンクを美味しくするおまじないをかけぇ、ケチャップにお絵描きをしぃ、サラダをまぜまぜしてくれるのですぞぉ?
 高い? 否! 断じて否! 高くない! 反語、くはっw

 えっ? いや、待って待って? 拙者たちの『まるちぃ』がメイドを辞めちゃうって、どういうことなのっ?
 立てよ-、立てよ、須藤氏ぃ、拙者も影ながら応援させて頂く所存!

 ・・・・・・いや、泣いておりませぬ。
 拙者とてリュックサックから、今期エロゲから全年齢対象にリメイクされたアニメのポスターを引き抜いたりはいたしませぬ、グスッ。
 良かったですなぁ、須藤氏ぃ。
 … 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 この作品を拝読して、初耳だったことが二つあります。ひとつは、「リュックサックからポスター」の意味です。「オタク」を自称する私ですが、メイドカフェが流行るはるか昔に成人してしまったため、恥ずかしながら、「ビームサーベル」は知っていても、タイトルの意味は見ただけでは分かりませんでした。いろんなオタク、いろんな楽しみ方があるものです。
 二つ目は、主人公のような「三次元オタク」が抱える辛さ。私は「二次元オタク」なので、安心してお気に入りのキャラクターを末永く愛でられますが、「三次元オタク」の場合は少し事情が違うのだと、改めて知りました。

 主人公が恋した相手は、三次元の猫耳メイド、つまり普通の女の子です。相手が生きているからこそ、拒絶されることもありますし、店を辞められたらもう会えなくなってしまいます。「控えめなオタク」の主人公にとって、しつこく付きまとうなんてもってのほか。彼の一途な優しさが泣かせます。
 しかし、「控えめ」な彼は、愛しい猫耳メイドの事情を知って、ついに立ちあがります。しかも、オタク的なやり方で正々堂々と! 「非オタとは違うのだよ、非オタとは!」と言わんばかりに潔い主人公に、心底惚れ惚れいたしました。

★★★ Excellent!!!

オタクな男子高校生、須藤樹と、そんな彼がお気に入りのメイドカフェで出会った女の子、『まるちぃ』。初々しくまっすぐな二人の恋の行方を爽やかに描く物語です。

冴えないオタクで、ごく平凡な高校生、樹。それでも、好きな女の子へまっすぐに自分の思いを届けようとするその姿は、心をギュッと掴まれます。そんな彼の想いに、少しずつ動かされ、変わっていくまるちぃ——。お互いの心の動きが丁寧に、温かみを持って描かれます。

無理だと思うこと、不可能かもしれないこと。でも、本当に強く願うなら、まっすぐな気持ちで向き合うしかない。そうすることで初めて、何かが動く——かもしれない。
結果を考えてしまうと、きっと動けない。だから、叶えたいことには理屈抜きで食いついていかなければ。

平凡に思えた主人公が持っていた、相手を想うまっすぐに熱い心。それが現実を動かしていく心地よさは、読み手に前向きなパワーを分けてくれるようです。

15センチがギュッと心に染み込むラストも、とても若々しく爽やか。前向きな明るさに溢れた、気持ちのいい読後感の物語です。

★★★ Excellent!!!

言いたいことは応援コメントに全て書き込んでしまったので、そこから転載します。

「15センチ」の描写を、最後の最後に一瞬だけ出すのみにとどまる、その書き方に感銘を受けました。

お題を重視するあまり大々的にテーマを前面へ押し出した作品が多い中、本作はひっそりとさり気ない演出が良かったです。

人と違うテイストは、間違いなく武器になります。
新人賞は、似たようなありきたりの作風だと埋もれてしまいますから、一風変わった新しいものを探すのが主目的です。

主人公の冴えないオタクは、意気込みだけは立派だけど、結果を出せない力不足。元凶の不良どもに勝つのではなく、惨敗してしまう体たらく。
こういう所も新しいですね。大抵は、どうにかして勝ってカタルシスをもたらすのに(笑)。

他とは一線を画した個性派。そこを最大限に評価したいです。

★★★ Excellent!!!


まずタイトルに惹かれました。
いったいこのタイトルにどんな意味が込められているのだろうか、と読み始めれば最後、気付けば終わりまで一気に読み進めていました。

そして、起承転結のテンポが素晴らしい。15000字という制限の中、まったくストレスを感じずに読み進められることの快感といったら、たまらないものがあります。

気になるタイトルの意味も、ストーリーの中でしっかりと回収していて、後味のすっきりとした王道ラブコメになっています。
本当に、文句のつけようのないエンターテインメント小説でした。

是非、もっと多くの方の目に入ってほしいと思って、レビューをさせていただきました。

★★★ Excellent!!!

メイド喫茶の子を好きになってしまった男の子。
彼女が突然辞めてしまった原因を聞いて一念発起、果たしてDQNとの対決はどうなるのでしょうか!

とにかくオタク少年の微妙な心理描写と、行動力が素敵です。
女の子は自分のために戦ってくれる男の子が気になるものなのですね!
爽やかなオタクライフの物語、面白かったです!

★★★ Excellent!!!

猫耳メイドさんに一途な思いを捧げているオタクの須藤君。
それは彼にとって至福の時間であり、大切な時間であった。
だが突然にそのメイドさんが辞めてしまい……

というところから始まるなんとも楽しく熱い物語!
王道ともいえるストーリーで、すっかり夢中になってしまいます。
コメディータッチで描かれる軽快な文章。
可愛い女の子はかわいく、男の子は実に男の子らしく、の応援したくなるキャラクター達。
さらにひねりのある展開と、現実味あふれるストーリー運びがなんとも魅力的な作品。

そしてメインテーマでもある15センチのもたらすものとは!?

とにかく楽しく読める作品です。
是非読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

 メイド喫茶。オタク。
この二つのワードで浮かび上がるのは、薄暗いイメージが多いのではないでしょうか。
 ですが、15センチに至る確かな緩急とブレのない物語の筋道は心地よくラストへと作者様は導いて下さいます。
タグにある、「ビームサーベル」の正体は必見です。

 一見しますと、オタクの知識がなければ読み辛いと感じられるかもしれませんが、そのような心配はありません。
メイド喫茶の店員さんも、オタクも同じ人間です。
受ける痛みや思いも同じだと、偏見を改める機会を与えて下さる作品だと感じました。

 私も、アニメや漫画、ゲームを愛する人間の一人です。
素敵な物語を、ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

メイド喫茶に足繁く通う主人公。
だが表にはオタク感を出さないという、恥じらいも持っています。
そんな親友はモロオタクなのですが、肝心なところで逃げ足が早いのもやっぱりオタク。
そんなオタクの一途な恋は実るのか。

あっさりと読めてしかも癖になる。
楽しいお話でした。

★★ Very Good!!

王道ですね。いいですね。シンプルゆえにストレート。
ところで、全然違う読み方を思いついてしまったんですけど、すいませんね、許してくださいね。

猫耳メイドではなく、リアル猫に脳内で置き換えてみると、多分猫好きにはたまりませんね。
そしてリアル猫でも成立しそうですね。
フレンズだし。

★★★ Excellent!!!

タイトルの、「リュックサックからポスター」にピンときたら、ヲタ検定2級の資格があります。
冗談はさておきまして、今作は「僕とキミの15センチ」物語参加作ということで、どこに「15センチ」を持ってくるのか楽しみに拝読いたしました。
主人公はメイド喫茶に入り浸る男子高校生。そして想い人はそこで働くメイドの女子高生。これだけでも、ヲタッキーが喜びそうなシチュエーションです。そこにふりかけられたスパイスが、絶妙に効いてきます。
そしてエンディングに、キーワードの「15センチ」が登場します。ここまでの運び方が、とても面白いのです。大トリに用いられる「15センチ」、これはぜひご覧いただいて、一緒に胸をキューンとさせませんか。40センチから15センチへ、と煽らせていただきます。

★★★ Excellent!!!

メイド喫茶やオタクの男の子をモチーフにした、ほのぼの恋愛ストーリー。

オタクの心の中が垣間見えて、クスッと笑えるシーン満載の物語です。

地の文やセリフのユーモアに引き込まれがちですが、それも卓越した筆力によるもの。
無駄な文章がなく、スムーズで読みやすいです。
タイトル、リズム、センテンスの長さは、元々のセンスなのか習得したものなのか。羨ましい。

こちらの作品の裏テーマは、勇気でしょうか。
オタクくんは勇気を振り絞って、大切なものを守りました。

★★★ Excellent!!!

サブカル要素を扱ったオタクの純愛ストーリー。
メイド喫茶に通うオタク少年と、そこで働く女の子のお話です。
勝手な先入観で、ラブコメ寄りの話かな?と思って読みはじめたのですが、予想以上に真っ直ぐな青春物でした。
1万4000字強で、綺麗に起承転結が描かれています。
人気ラノベのパロディ的な要素もありますが、元ネタを知らなくても楽しめる作品ではないかと。
読後感も爽やかで、面白かったです。

★★★ Excellent!!!

自他共に認めるれっきとしたオタク──と言うほどには開き直ることができない、アニメが好きでメイドカフェにも足繁く通う主人公・樹。
彼はメイドカフェで働く『まるちぃ』に恋をしてしまったのですが、ある時「素」のまるちぃと会い、彼女がメイドカフェを辞めてしまうことを知ります。
彼女を必死で引き留めようとする樹ですが、まるちぃ……いえ、素の女子高生まどかから見れば、彼はキモいオタクそのもの。
もはや『ご主人様』ではなくなった彼は彼女からひどい扱いを受けて傷つきます。

けれども、真性オタクの友人からとある噂を聞き、自分のとった態度を反省して謝罪に来たまどかに、彼は『ご主人様』として『まるちぃ』の復帰を促すべく彼女を傷つけた存在に立ち向かうことを宣言します。

勇気を奮い起こした彼に奇跡は起こるのか。
『ご主人様』『まるちぃ』として再びメイドカフェで再会することはできるのか。
そして、『ボク』としての気持ちに目覚めた樹の思いはまどかに届くのか。

今どきらしい純情物語が読み手に与える読後感は、「青春っていいな」「一途な恋っていいな」という、いつの時代にも感じることができる甘酸っぱい爽やかさに溢れています。
オタク少年のピュアな恋をぜひ応援してあげてください(^^)

★★★ Excellent!!!

オタクの主人公いっちゃん。
そんないっちゃんは、けれどもポスターをリュックサックから出したりはしない“消極的”なオタクです。

彼が足しげく通うメイドカフェ。それは大好きなメイドさん『まるちぃ』に会うため。
影ながらまるちぃの活躍を喜び、彼女に想いを寄せるいっちゃんは、ある日学校帰りの彼女とばったり遭遇し……

大好きな女の子を想う気持ちは、時にはオタクを騎士にする!
純粋な想いが突き動かすいっちゃんの背に、思わずエールを送りたくなりました。