わさびが苦くて、親父は死んだ。

作者 佐都 一

つらい時にこそ読んで欲しい

  • ★★★ Excellent!!!

亡くなったお父さんが抱えていた『自分には何もない』という思い。
大人になった主人公はある日、父と同じ思いを抱きその気持ちに共感する。
そんな時、食べた寿司のわさびの味は――あの日の父が言ったように苦かった。


この作品はきっと、作者の方に辛いことや悲しいことがあって、自信を無くしていたりした時に書いたんだろうなと、身につまされる思いになりました。

人間生きていれば辛いことや苦しいことがいっぱいあります。確固たる自分を持てない人もいっぱいいます。
僕もそうです。

それでも、時々後ろ向きになってもいいから、少しづつでも前に進んで生きていきたいなと、そんな風に思わされる作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

渡來 成世さんの他のおすすめレビュー 21