ガトーショコラを甘くして Change bitterness to sweetness

作者

84

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

苦味さえも甘く。傷すら思い出に。サバサバだって可愛く。
そんな魔法を使えるのは、恋した相手ただ一人。
くるぞくるぞくるぞ、きたー!と、にやにやしながら読んでしまいました。なので電車の中で読むのはあまりオススメできない……いや、いっそ車内を明るくしてしまうのも良いかもしれません。幸せな気持ちになれました。

★★★ Excellent!!!

上手いですね!最初にあり得ない情景。あとは一途な女の子の迷いに迷う様が読み手の心を掴んで一気読みですよ。宮原君は良い男性のシンボル的存在。さあ、男性の何割くらいいるかな、こんないい奴。よくぞ、書いてくださいました。

★★★ Excellent!!!

ガトーショコラ。甘くてほろっとおいしいお菓子。
心をこめて作ってくれたバレンタイン ♡

でも、あげた相手が最悪ならば、ただ苦いだけ。
手作りを嫌う人がいるって聞く。
こころこもってるセーターとかありえない。って。
手で結んだおにぎりが食べられない人がいる。
きっと想像力が強すぎるんだね。

でもね、相手のきもちを考えたら
口に出していいことと悪いことがあること、知っておきたいよね。
こんなに長いこと 彼女は辛かったよ。傷ついたよ。

だから本当によかった。ほっとした。宮原君がいてくれた。

ね、つきあうとか、すきになるかどうかとか置いといて
男の子はさ、にっこり受け取るくらいしても きっと罰当たらないよ!

★★★ Excellent!!!

初々しい心に深く刺さった棘。その痛みを癒してくれたのは——。
かつての苦い思い出に苦しめられる主人公の心の内と、その傷が癒される幸福感を丁寧に描いた、素敵な作品です。

高校時代のバレンタインに、好きだった人から浴びせられた、あまりにも残酷な言葉。
どうにも拭いようのない痛みが、読むほどにリアルに伝わります。
自分自身にもどうすることもできずにいたその痛みと、卑屈に下を向いていた彼女の心を優しく癒したのは——。

最高に素敵なバレンタインデーを堪能できる、とってもBitter&Sweetな物語です。

★★ Very Good!!

お恥ずかしながら…オレ様も、この女性の気持ちが何となくわかる気がする。

学生時代の頃、友達に彼女がいてちょくちょくチョコレートケーキを彼への差し入れに持って来ていたのだ。
当時のオレ様は何気ない風に見て何も言わなかったが、そんな彼がとても羨ましく、甘い思いをする機会もなく彼女もいない自分の身の上がとてもミジメに思えたものだった。

そんな侘しかった過去を思い出したものだから、主人公が最後にようやく笑えたことにほっとしたのだった。
もしかしたら作者は、オレ様のようなみじめな思いをした人、悲しい思い出を持った女性を救済するような気持ちでこの作品を書いたのかも知れない…そんな風に思った。
この人が受賞することになったのは、きっとそんな感性が認められたからなのだろう。

柊さん、おめでとうございます。これからもこんな作品を書いて下さいね。


…って書いたけどやっぱり悔しい悔しい、キーーッ!(泣) オレ様愛用の釘バットで血祭りにあげてやるーーっ!

★★★ Excellent!!!

苦い恋のトラウマに悩む主人公。一生懸命作った会心のガトーショコラは、けれどたった一言で見たくない、触れたくない、食べたくない、辛い思い出を濃縮したものへと変化した。壊れた恋心と共にーー

大人になった彼女にガトーショコラが食べたいと言った彼の笑顔に読んでいるこちらがドキドキしました。最後のやりとりは正にスウィート!!
思わず心のなかでガッツポーズを決めて「あまーいっ」と叫んでしまいました。

傷を抱えたビターな君とスウィートな恋。堪能させていただきました。バレンタイン直前。未読の方はぜひ、バレンタインまでにお読みください。甘いガトーショコラとコーヒーを用意して…

★★★ Excellent!!!

いわずもがな、バレンタイン企画の話でしょう!

ラストにやられました、これを読めばあなたにも甘いチョコレートが口の中に広がるでしょう!

ぼ、僕ですか? 僕はチョコレートアレルギーなので食べれませんが、小説で充分に甘いひと時を味わいましたw

次の作品にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

主人公にとっては、とても、とても苦い経験を経てトラウマになっていた、チョコの手作り。
だが、その経験はなんとも甘い甘い過程によって、溶かされていって、そして……。
とまあ、いろいろ「あ〜」な感じに悶えながら読みました。
文章を彩る心理描写の何もかもが愛くるしい。

★★ Very Good!!

傷付いたヒロインの甘い恋の始まりにきゅんきゅんしました。

多感な時期の女の子相手に「気持ち悪い」なんて言葉を吐く男に腹立たしさを感じますが、そんな過去も傷も甘いチョコレートで塞がれてしまうような甘いお話でした。

ヒロインの傷付き方も考え方も拗ね方も凄く女の子女の子していて可愛らしいです。

★★ Very Good!!

いやはやですよね。ごめんなさいね。中年男性なので俺は完全に対象読者ではないと思うがつい引き込まれて最後まで読んでしまいましてね。凄かった。怒涛の甘さ。そして宮原くんのスーパーイケメンっぷりと来たら。俺が同じこと言ったら犯罪ですからね、と思いながらつい昔手作りチョコでミスったOLになってしまいちょっとときめく始末。たまにあるんですよねこの謎の感情移入。いやー宮原くん……。すごい男だな。とにかく宮原くんがかっこよかったです。それしか言うことなくてすみません。こういうイケメン像は絶対自分には描けないと思うので他人に描いてもらうしかなく、なんていうか夢があってよかったです。