エピローグ

エピローグ

 それは遅咲きの桜の咲く、ある春の日だった。


「旭……」


 新は苦しそうに、でも微笑みながら私の名前を呼んでいた。


「笑って、旭。俺の好きな旭の顔を――」

「新!新!!」

「ほら……旭……」


 涙を必死に拭って、私が微笑むと、安心したように……新は意識を手放した。


 ――家族の人以外は外に、というお医者さんの言葉に促され廊下に出た私の目の前には……新のお母さんが呼んだのか、奏多と深雪の姿があった。


「旭……!!」

「わた……私……!!」

「大丈夫!大丈夫よ!」

「私、ちゃんと笑えなかった!!新に笑ってって言われたのに!!ちゃんと……ちゃんと……」

「大丈夫!大丈夫だから!!」

「うわああああああ!!!!」


 大声で泣き叫ぶ私を、深雪が必死に抱きしめてくれた。

 そんな私たちの隣で、悔しそうな顔をした奏多が病室を見つめていた。



 ――どれぐらいの時間が経ったのか。


「旭さん」


 新のお母さんから声をかけられて、私たちは病室へと入った。

 そこに横たわる新は……さっきまでとは別人で、たくさんのコードに繋がれて生かされていた。


「あら、た……」

「っ……」


 新は何も言わない。


「あら……新、私ね……幸せだったよ。新とこうして過ごすことが出来て幸せだった。大切な時間を作ってくれて――ありがとう」

「あ……」

「大好きだよ、これまでも……これからも、ずっと」


 私は新に笑顔を向けた。

 作った笑顔でもない。

 涙まじりの悲しい笑顔でもない。

 新が好きだって言ってくれた、新を好きな私の思いが詰まった笑顔を。


「っ……」


 その瞬間、新の目から涙がこぼれるのが見えた。

 そして――。


 ピーーーーーーーーーーー


 冷たい機械音が、病室の中に、響いた。



 ◇◇◇



 ――パタン、という音を立てて私は何度も開いた日記帳を閉じた。


「終わった……」


 涙はもう出なかった。

 悲しくないわけじゃない。

 辛くないわけじゃない。

 それでも、今こうして私は一人でここにいる。


「新……」


 変わった未来のその先で、たくさんの日を私たちは過ごした。

 そのどれもが、私の中に欠けていた必要なパーツだった。


「ありがとう……」


 ギュッと日記帳を抱き締めると、私はそれを机の引き出しの中にしまった。



 ◇◇◇



 今日は、あの日から1年……。新の一周忌だ。

 あの時はまだ高校生で制服を着ていたのに……。


「奏多……」

「よっ」


 家を出るとそこには、黒のスーツに身を包んだ奏多が立っていた。


「もう1年も経つんだな」

「うん……」

「なんか……そんな感じしないのにな」

「時が経つのって、早いね……」


 ついこの間まで、日記帳で過去に戻って何度も何度も新と会っていたのに……。

 現実ではもう1年が経つだなんて……。


「そういえば、あれ……本当にいいのか?」

「え?」

「日記帳」

「あ……うん」


 私は持ってきた日記帳に、鞄の上からそっと触れた。

 あの日記帳を、新のお母さんに返すことに決めたから。


「だって、それには旭と新の思い出が……!」

「――いいの。これを新のお母さんに返して、やっと私は前を向ける気がする」

「旭……」

「それに……私がずっと過去に縛られてるのを、新も望んでいないと思うしね」


 あの日――新の最期を日記の中で迎えてから……何度も日記帳を読み返した。

 もう戻れないことに涙した日もあった。

 新との思い出に胸が締め付けられることもあった。

 でも……日記帳の中の新は、いつだって前を向いていた。


「だからね、私ももう後ろを向くのはやめようと思って」

「旭――やっぱり、強いね君は」

「強く生きなきゃ……新に顔向けできないじゃない」


 あんなに必死で前を向いて、生きようとしていた新に……。


「そうだな……」


 小さく頷いた奏多は――目元を擦るようにして顔をそむけた。


(新……)


 私は空を見上げた。

 雲一つない、よく晴れた空を。


(新……私たちは生きるよ。あなたのいない、この世界を)


 さらりと髪を書き上げた私の腕には、あの日貰った小さなブレスレット。

 そんな私を――優しく、新緑の薫る風が包み込んだ。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

この世界で、君と二度目の恋をする 望月くらげ @kurage0827

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ