蛍火~約束の湖で~

作者 スティーブンジャック

68

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とある夏の日、密かに恋い焦がれていた彼女と共に祭りに向かう約束を果たすことが出来た主人公。賑やかな祭囃子の中に映える、蛍の光よりも美しい彼女の姿。
そして時は経ち、もう一度2人は祭りの日に出会い……。

各地で開かれる「お祭り」は、単に賑やかに皆で楽しむだけに留まらない様々な由来があるものです。そして、その中にはかつてこの祭りの賑わいの一員となって楽しんだ人たちと再び同じ時間を過ごす、と言うものもあります。
2人が体験したこの出来事は、もしかすると奇跡でも偶然でもなく、このお祭り、そして美しい蛍の灯火が導いた「必然」だったのかもしれません。
夏のひと時、どこか切なくも暖かな光のような短編作品です。

★★ Very Good!!

眩しい。なんていう眩しい物語なんだろう。

……ああ、でもこういう瞬間が続くことは無い、と。

すべては忘れ去られて過去になってしまうのだと。

知ってしまっている、大人な自分が嫌になる。


そんな、ボクと同じ汚れちまった心の持ち主にお薦めします。

★★★ Excellent!!!

 美しい自然や祭りがさらりと描写され、世界観に引き込まれます。
 「彼の岸に 何を求る 宵闇の 川の上の 一つ蛍は」
 という齊藤茂吉の短歌を思いだします。
 とてもきれいで、とても切ない物語が、ここにあります。
 この物語は、静かな余韻をあなたに残すことでしょう。