オンリーユー・フォトジェニック

作者 乙島紅

95

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なんて、なんて爽やかな好青年なんだ!
乙島さんの軽快な筆致と好青年の描写は、実に相性がいい。
それは氏の書いたほかの作品からもひしひしと感じられる。
この作品の主人公も、いや、作品世界までも。すべてが爽やか……!
そしてちょっぴりせつない。
そんなストーリーを綺麗にまとめるのは、簡単なようで難しいはず。
一本のショートムービーを観たあとのような読後感。満足です。

★★★ Excellent!!!

一度目は、そのピュアで切ないストーリーに涙しました。
二度目は、「俺」にシンクロして物語を読み、涙しました。
三度目は、読み手を必然的にその結末へといざなう「物」や「言葉」が実にさりげなく、しかし、綿密な配慮によって、作中に散りばめられていることに気付き、息を飲みました。

四度目は、そのすべてをいっぺんに味わい、涙しました。

★★★ Excellent!!!

噂になっていたので実はこそこそ読んでました。
作者さんの別作品を読んだあとでのこの短編。いやはや期待通りですね。
ううん、ちゃんと男の子からふってあげるのが強い人だなと感じました。
少しばかり見知った土地なのでそこにも注目しましたが、ちゃんとシンボルを入れてきましたね。もう少しこの土地である理由が欲しいということで、☆2にするか3にするか迷った挙げ句3にしました。
すっきりとした文章に相も変わらず嫉妬気味です(笑)

★★★ Excellent!!!

登場時点の主人公の服装とキャッチコピーで、ある程度の可能性の予測はできる。

それでも、しっかり魅せて、じんわりさせられるのは、さすがの構成と筆致。オトシマ氏、こういうの書かせたらホント得意ね。

フォトジェニック。自分もよく使うけど、良い使い方を見せて頂きました!

★★ Very Good!!

初期の4000字版、最初に投稿された版、そして街コン用完成版。
少しずつ描写が異なる三パターンすべて、拝読させていただきました。

お互いに素の自分を見せられる相手、そんな二人だからこそ紡げる物語です。
口とは裏腹に互いを想う心は本当に優しくて、こんな人がいてくれる二人が本当に羨ましいです。

きっと最後まで、彼は幸せだったんだろうな。

★★★ Excellent!!!

東京でデートする男女のお話。短すぎるよ、いろいろ短すぎるよぉ。。。という感想がまず最初に出ました。個人的に最後が素晴らしいと思います。彼女がまた写真のような表情を見せるときが来ますように……と思うのは野暮というものでしょう。彼女にとって、そして彼氏にとって、これは永遠のデートであると信じたいです。飛んでしまった部分の話も、後日譚も読んでみたいです(チラッ

短いですが、良い作品です。どうぞ一読ください。

★★★ Excellent!!!

わずか2000文字の中に、二人の人生と絆とがにじみ出て、池袋の町並みに零れる光までもが脳裏に浮かびました。

そして、主人公の決断とその行動に、涙が溢れてきます。
(職場で泣きそうだぞ!どうしてくれる!w)

それでも、決して湿っぽい話にならず、池袋の街で人が生きたそのことが、美しく息づいていく、後味の爽やかな物語です。

主人公だけが知っている彼女の魅力が伝わる瞬間にグッときました。

★★★ Excellent!!!

池袋には、学生の頃近くに住んでいたこともあり、非常に思い入れも思い出もある街です。

新宿や渋谷と違い、どこか落ち着きのある雰囲気は非常に居心地が良く、引っ越した後も時折訪れてはあてもなくぶらついたりしています。

本作はそんな池袋を舞台とした、一人の男の子と一人の女の子、そして写真が織り成す物語。

ネタバレになりますのであまり多くは語りませんが、字数もそう多くありませんので、ぜひ読んでみてください。
作者である乙島様の、軽快で丁寧、それでいて優しい描写が、少年少女を活き活きとさせています。

これからは、ほんの些細な瞬間でも、目に、心に焼き付けていこう、そう思えました。

切なくも、どこか心が暖かくなるお話。
是非に。