【超訳】 源氏物語   ~いつのころだったかしら?~

作者 桜井今日子

古典へ再チャレンジ!!

  • ★★ Very Good!!

以前、瀬戸内寂聴先生が対談の中で、「最初に触れた源氏物語は、与謝野晶子訳でした」と言っていたの受け、『源氏物語』与謝野晶子(訳)に挑戦するも、すぐに挫折した。

元々古典には苦手意識があり、ちんぷんかんぷん。
読破できる気がせず、そっと本を閉じましたw

きっとこれは与謝野晶子(訳)が良くないのだと責任転嫁。
他の訳に挑戦するも挫折(だって意味が分からないんだもの!)。


あくまで「超訳」だから、これを読み終えて「源氏物語を読んだことがある」とは言えないけれど、準備読書としてちょうどいいのではないだろうか?

原文は厳しくとも、現代語訳であれば「超訳」と突き合せて読めば理解もできるだろう。
読解を助けるテキストとして一読の価値あり!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

小暮悠斗さんの他のおすすめレビュー 31