12月8日のラヴソング―拝啓ジョン・レノン様―

作者 馳月基矢

ロックな彼女のラヴソングに続け!!

  • ★★★ Excellent!!!

「イケメンで才能あるミュージシャンな彼氏」<「音楽」という主人公ようこは、保守的な大人たちから見たら、もっと「普通」になるよう勧められてしまうかも知れない、そんな20歳の女子。

メジャーになりたい、でも、そのために媚びたり、納得いかないことはしたくない。
尊敬する偉大なミュージシャンに追いつきたいだけ。
どんな時も自分に正直。正直過ぎるほどに突き進む彼女は、ロックそのもの。

一方で、ミュージシャンならではの、音楽とギターへの強い想いや、一般的な恋愛とは一見違う方に向けられた愛情と嫉妬が、芸術的な表現で描かれていて、惹き込まれました。

男らしくてカッコいい彼女の、端からは見えにくい心の中は……?
ツンデレ、いや、ツンツンな彼女に、年下の彼は応えられるのか?

スポットライトを浴びて爆発するようこさんを、みんなで観に行こう!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

かがみ透さんの他のおすすめレビュー 298