【朝読】 1000文字源氏物語♬

作者 桜井今日子

45

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

源氏物語を全部読んだとこありますか?
学校で一部分だけ読んで、それ以来触れてないという方は少なくないはず。
いつか全部読めたら良いな……そんな風に思ってはいるけど、読みこなせるか不安で手を出せていない。。。そういう人が意外と多いのではないでしょうか?
この作品はそんなアナタにぴったりです☆
エピソードごとに作者様がわかりやすい解説を入れてくれていて、本文を読んだだけでは理解できなかった部分を解説で補足してくれます。
そのおかげで、この時あの人物はどんな気持ちだったんだろう?など登場人物の心情に思いを馳せる余裕すら見いだせました。
そして紫式部って本当にスゴイことをやってのけた人なんだなって改めて思い知った次第です。
こんなに為になる読み物、なかなか無いです!
平安時代の価値観や風習にも触れられるし、めちゃオススメです☆

★★★ Excellent!!!

「中高生の皆さん向けに大長編『源氏物語』を現代の話し言葉に【超訳】しました。
朝読向けに1日1000文字程度ずつにまとめました。
平日更新、4月新学期から3月の学年修了までの1年で『源氏物語』全五十四帖をご案内します」

こっ、これはッ! なかなか出来ることではありません!

作者さんがこのような思いで取り組まれた『1000文字源氏物語♬』は、話し言葉なので、古文の教科書や参考書をガン見するより内容が頭に入ってきやすいです。
中高校生の方々、休み時間や休日などお時間のある時はもちろん、通学中や朝読書にいかがでしょうか?

元中高生の方々には、読んでいくうちに「ああ、そんなエピソードあったあった!」「どんな女性だったっけ?」など記憶が蘇ったり、改めて当時の文化や生活様式がわかったり、学生の頃とは別の発見や楽しみ方があること請け合いです。

また、平安時代は現代の常識とはかけ離れてるとはいえ、現代と変わらない人の心の機微にも触れられ、ハラハラドキドキ、「ええ〜! どうなっちゃうの!?」「ううっ、切ない……」などとても興味深い、恋愛物のバイブルとも言える『源氏物語』。

古文の材料として学校で習う一部分だけ触れるなんて、もったいない!

どのエピソードもたったの約1000文字。
さらっと読めて、一喜一憂。
意外とコメディ回や、あの光源氏とは友情を貫いた女性もいたりと、知ってみると面白い。
より詳しく知りたくなった時は、作者さんの『【超訳】源氏物語 ~いつのころだったかしら?~』や『【別冊】源氏物語 ~俺はいつでも本気だぜ?~』等もお勧めです。

一読者として、源氏にはツッコミを入れずにはいられない。
どんな目線で読んでもあたたかく受けとめてくれるお話です。
是非のぞいていかれませんか?


※「episode18 ふたりの女性と娘のこと  松風」までを拝読後のレビューです。
引… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

古典が好きな人も、少し苦手だと思う人も、1000文字なら気楽に読めます。
そして気付けば源氏物語通に!!

学生も大人も朝の通勤通学タイムやコーヒータイムに気軽に読むことをお勧めします。

女性ばかりでなく、男性も源氏物語のコアな知識を持っていれば女性との会話も弾むことでしょう。

日本人なら知っていて損のない教養を是非この機会に!

★★★ Excellent!!!

言わずと知れた、時を越えた名作、源氏物語。だけど難しそうで、わざわざ読む気になれない。そんな方は、ぜひ入門編として読んでほしい本作。一話1000文字程度でわかりやすく書かれているので、ちょっとした時間にサクッと読めて、大事なところもちゃんと理解できるようになっています。

そして、完全初心者はもちろん、そこからもう一歩進んで、ある程度の内容は知っているぞという方にもオススメ。
毎話毎話、本分が終わった後に楽屋トーク的なものがあるのですが、そこではこのエピソードをどう思うか、個人の主観で書かれています。
今とは常識の違う時代、様々な登場人物が入り乱れる源氏物語。当然、同じ場面でも読み手によって様々な感想を抱くことでしょう。
自分以外の意見を聞くことで、そうだと納得、あるいは違うのではないかと疑問を抱く。そんな風に楽しむことで、ますます源氏物語が好きになること間違いありません!(^o^)!

★★★ Excellent!!!

昔々、平安時代。紫式部によって書かれた恋のお話、『源氏物語』。
名前くらいは聞いたことがあるけど、読んだことはない。主人公の源氏が、たくさんの女性と浮き世を流す話という事くらいは知っているという人も、少なくないのではないでしょうか。

古いお話だから、面白くなさそうなんて思っているのなら、それは偏見です。千年経っても名作として語り継がれる理由は、面白いからです。

この『1000文字源氏物語♬』では、そんな源氏物語の要点、魅力を、ざっくりと解説してくれています。
内容を読んでみると、人には言えない秘密の関係や、幼馴染みの一途な恋のお話など、現代でも鉄板になっているドキドキのシチュエーションが、数多く見られました。

今ある恋愛話のお決まりのパターンは、実は千年前から存在していたのです。
そんな時代を越えて受け継がれていく胸キュンシチュエーションが、どのように描かれていたのか。興味のある人は本作を読んで、源氏物語の魅力に触れてみてください。