空が茜色に染まるころ

作者 如月芳美

魂と魂の愛、そして二人の運命の行き着く先を、見届けよう!

  • ★★★ Excellent!!!

愛って、究極的には、魂同士の引きよせと繋がりだと思うんです。DNAや次元を超えた、心と心の繋がり。
そういう出会いがあって、困難に直面したら、あなたはどうしますか?
この物語を読めば、そのヒントが得られると思います。

さらに、その先に待ち受ける二人の運命。
主人公二人の心の叫び、男の友情。
書いてて泣けてきました。

ぜひぜひ、登場人物、ひいては作者の思いの丈を受け止めてみませんか?
ハンカチを手元に忘れないように!

思い出すだけで、涙が止まらないじゃないですかー! 作者のバカー!!

でもね、愛するってこういうことだと思うんですよ!
号泣(泣)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

譜田 明人さんの他のおすすめレビュー 754