警報

作者 RAY

102

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

流れるように綴られる文章、読んでいて引っかかる部分がまるでなく、作者様の文章力の高さに、まず溜息をついてしまいます。

日常風景が続く中、同じく日常の一部であるはずの踏切。
しかし何やら今日の踏切には不穏な様子がちらちらと。
おそらくは作者様の仕掛けられたいくつかの描写で、意図した通りに不安な気持ちにさせられてるんだろうなあと。ここでもう一度溜息。

と、これ以上は。後は読んでみてください。
怖さはもちろんですが、味わい深い文章にも同時に出会えるんじゃないかと思います。

★★★ Excellent!!!

エッ! …………………………………………………………………………

読了後、気を失っていた事実を表現してみました。

主治医から、ホラー小説は――待って、これはどこかで一度使用したフレーズ。レビューにコピペなんて、お里が知れてしまいます。

あらためまして、最初から。

これってありますよね。いえいえっ、この物語の中盤までのことです。
ラストシーンのような展開が日常茶飯事にあったら、それこそかかりつけのドクターに診ていただなければなりません。

ただでさえ何が起きるかわからない踏切を題材に、見事にコワイ物語が紡がれております。
このお話を完読し、涼しげな顔で口笛を吹かれるなら、すぐにドクターに検査をご依頼ください。手遅れにならないうちに。

★★★ Excellent!!!

偶然出会ってしまった非日常。開かずの踏み切りという場、そして時間と距離の設定を上手く使った、上質のホラー掌編だと思います。
いやが応でも人の死を意識させられる場所だけに、これは怖いです。

★★ Very Good!!

これは明日、自分の身に起こってもおかしくない1シーン。
そんな気になるホラーでした。ふとした拍子に気づいてしまった違和感が、取返しのつかない事態へと発展していく。
ありそうですよね。「本当にあった怖い話」の短編に出てきそうです。

最後の一文が、またぞっとする。

★★★ Excellent!!!

一度だけ向う側の人が消えたってことがあってそれ以来踏切で向う側の人を見ることが出来ません。

この小説のようにすれ違っていたら…すれ違っていたから今があるのかもわかりませんね
一行読むたびのドキドキ感がたまりません。日常の風景だからこそあるかも!って思ってしまいます。
だから怖いです。

★★ Very Good!!

主人公が危ないと思う行為。その意味するところは?
主人公に言った言葉の意味は何だったのか?

色々と考えると今日は昼寝できそうにないです。