魔法少女 ミラクル★オラクル  最終話「正義が、愛に敗北する日」

作者 呼吸する器具

46

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自分を犠牲にしようとする魔法少女、このアイディアだけを見るとそこまで珍しくないかもしれない。
しかし、本作は「自分を犠牲にしようとする魔法少女を救う」話ではなく、すでに犠牲になってしまったあとの物語として展開する
少女は何のために戦ったのか? 少女を救えなかった少年は残された世界で何を思うのか……? 物語の構成がとても上手い。

また、過去の回想として書かれる魔法少女の戦いは大迫力でこちらも魅力的。

全体を通してすばらしい表現力で、ぐいぐいと読み進めてしまうこと間違いなし。変則的なアイディアを高い筆力で見事にまとめあげている作品。

★★★ Excellent!!!

どうなるか。読めば分かるさ、としか言えません。

全ての事柄が収束して、何も無くなった空間に宇宙を生み出すほどの爆発が誕生するように、

生きる全てを失った男子中学生は、それでも足掻いて、足掻いて、足掻いて、導火線に、火を付けた。

なんとも、何言ってるか分からない。。

読めば分かるさ、としか言えません。

それにしても、この作者の作品をもう一作読みたいと思っていたら、次回作品予告が始まるという。。

楽しみにしております。

そして楽しませていただきまして、ありがとうございました!!

★★★ Excellent!!!

魔法少女の物語かと思ったら、ある一人の魔法少女を想い続けた少年の物語でした。

その想いは純情というか偏愛というかそれ以上のもので、最初からラストまでの主人公の感情の激流がとにかく圧巻です。
ほどよく厨二で作りこまれた設定と圧倒的文章力と怒涛の展開に、なんというかもう脳を殴られ続けて止まりません。
特に〈現実となり得なかった可能性〉を現実世界に引っさげて乗り込んでくる〈戒獣〉の設定なんかはどストライクです。
そして救いようがない物語のようで救いがあるように見えてしまう物語の積み重ねは、ぜひ皆さんの目で確かめて欲しいです。

長くなりましたが「これぞ小説だ」と言いたいほどに完成度の高い作品でした。 埋もれているのが勿体無すぎる名作なので、ぜひ皆さんにも読んでいただきたい一作です。