世界旅行の刑

作者 盛田雄介

確かに「これは、そう遠くない未来の話」かもしれない

  • ★★ Very Good!!

『世界旅行の刑』がなぜ重刑なのか。
読み進めて最後に分かります。
なるほど、と思うと同時に、ぞっと寒気が走り、暗い読後感を与えます。
この嫌な読後感こそが、作者の意図でもあると思えます。
短いながらも、考えさせられる作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

銀鏡 怜尚さんの他のおすすめレビュー 256