世界旅行の刑

作者 盛田雄介

161

74人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なんだこれ……すげぇ!面白かったです!!!

「世界旅行」が刑だと言い渡された、囚人横山。
最初の一年間決められた国へ向かう。
世界旅行の刑を行う際は、必要な日用品、どこでも使えるクレジットカードが支給される。
そして、一年後は天国、彼は自由で旅ができるようになる。
なる、はずなのに……。

「それでは、これより罪人横山敦の『世界旅行の刑』を執行する。扉を開けよ」

監獄の外、本当の世界はどうなっているのか。
シャバの空気は……刑の本当の意味とは。

これは、そう遠くない未来の話なのかもしれない。

★★★ Excellent!!!

世界旅行をすることが刑。必要なものは支給されたクレジットカードでなんでも買える。
なんて羨ましい刑なんだ!

……と思っていたのは前半部分。

あっと驚くどんでん返しがあります。

自由とはなんでしょうか?

そんなことを考えさせられる作品です。

ショートショート好きにオススメの作品です。

★★ Very Good!!

タイトルはなんか楽しそうな雰囲気が漂っているのですが、作品の最後で「世界旅行の刑」の真相が明かされます。
旅行に必要なものは全て支給されるシステムもあり、途中までは「何それ、楽しそうだな~」なんて思いながら読んでいました。
ラストで待ち受ける主人公へ言い渡された刑罰の正体とは何なのか?
是非読んで確かめてみてください。

Good!

世界旅行と聞けば、普通は、ウキウキと楽しい事を連想しますからね。最後のオチとのギャップが1つのアクセントになっています。
ただ、個人的には、中国大陸に渡るまでのシーンも詳しく描かれていたら、もっと臨場感が出たのでは?と思います。
ところで、クレジットカードって、どこで使うのでしょう?

Good!

一発のアイデアで簡潔に物語が出来上がっています。星新一のようで、楽しく読めました。物語では明かされていませんが、何故5回も刑は執行されているのに「世界旅行の刑」の真実を囚人たちは知らないのか?「囚人だけに情報統制がされている」?なら新人の囚人はどうなのか?一般人が「外の世界に戻れることを夢見ている」ならば、一般人には情報統制がされていないということにもなりますし…などの疑問が出てきて考えるのが面白く、二度美味しいです。そこに作者しか知らない裏設定があるのでしょうか。気になります。