一人称と三人称(我想う故にカクヨム・番外編)

作者 芳賀 概夢

まさに困っていたトピックでした。

  • ★★★ Excellent!!!

私は三人称の多元視点で群像劇を書こうとして、悪戦苦闘しています。

脳内ではほぼ全てのシーンにおいてアニメーションが展開され、その場にいる人物A~Eの配置や動き、心理状態まで詳細に想像しています。

しかしそれを文章に落とし込む際、例えば全員が入り乱れた戦闘シーンなどではカメラ視点が次々と変わるため、読み手が混乱しやすいという欠点に最近気付きました。対処法はまだ模索中ですが、重要なヒントをいただけたと思います。

貴重なご示唆をありがとうございました!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ベネ・水代さんの他のおすすめレビュー 46