一人称と三人称(我想う故にカクヨム・番外編)

作者 芳賀 概夢

77

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

長編の改稿を入れる前に読んでおいてよかった。
改稿してから読んだら、のたうち回って悔しがったと思う。
(サンプル小説が面白くて、続きが読みたくなった)

★★★ Excellent!!!

人称…、ざっとくらいの知識しか無いので、嬉しい作品です。

私は自作を自分で読む度に、うわっ!?なんだこれ!となります。
小説の書き方に則って書こうとは思うのですが、中々難しいです。

一人称は楽だったなぁ…と三人称で書いててたまに思います。
得意不得意とかもあるのでしょうね。

★★★ Excellent!!!

今まさに人称について悩んでいまして、自身の近況ノートでもボヤいておりました。
まるで私のために書いてくださったのかと錯覚するような作品です。

参考になります。勉強させていただきます。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

私は三人称の多元視点で群像劇を書こうとして、悪戦苦闘しています。

脳内ではほぼ全てのシーンにおいてアニメーションが展開され、その場にいる人物A~Eの配置や動き、心理状態まで詳細に想像しています。

しかしそれを文章に落とし込む際、例えば全員が入り乱れた戦闘シーンなどではカメラ視点が次々と変わるため、読み手が混乱しやすいという欠点に最近気付きました。対処法はまだ模索中ですが、重要なヒントをいただけたと思います。

貴重なご示唆をありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

これは参考にすべきです!!

私はすでに書きあげ済みなのでもう懺悔する感覚で読ませて頂きました。
人称の切り替わるところがわかりづらいというのがあるのですよねぇ。

スタバでカタカタ……異様にその部分に惹かれてしまいました(笑)

★★★ Excellent!!!

タイトル通り、小説を書くにあたっての人称と視点移動について、サンプル小説を例に分かり易く解説してくれた有り難いバイブルです。
こんなにも大切なことを、分かったつもりになってただけだった自分を恥じると共に、拙作品のご講評の御蔭で気づけたことに改めて感謝しています。
しかし、これを書くために芳賀氏は貴重な休日を潰されたのではないだろうか、ご家族の皆さんにも申し訳なく思います。
けれども、これを読むことが叶い、やっと生きた心地がしています。
これから読まれる方はぜひ、作者が指示するように、第7話を別ウインドウで開きながら第8話以降の具体例を対照しながら読むのをおススメします。
何度も頷きながら読んだが、いまの自分には一読ではとても足りず、使い熟すための鍛錬が必要だ。今後幾度となく来訪しては学ばせて頂くつもりです。