di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~ それは、権謀の〈天使〉が紡いだ、機械仕掛けの幻想譚……

作者 月ノ瀬 静流

126

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

描かれている世界の情景描写があまりにも美しく、しばし見とれてしまいます。自然と目の前にその光景が浮かんでくるかのように繊細な文章はプロの領域で、素人の書いたネット小説とは思えないものです。情景描写だけでなく戦闘シーンも素晴らしく、その緊迫感がひしひしと伝わってきます。

登場人物も数多いですが、どのキャラクターにもしっかりと息が吹き込まれていてどれも活き活きとしているところも魅力的です。
間違いなく一度読み始めたら止まらなくなるので、ゆっくりと時間のとれる時にじっくりと味わうべき作品かな、と思います。

★★★ Excellent!!!

目の前に情景が浮かんでくるかのような繊細な描写で、かと思えば戦闘シーンではテンポよく、緊迫感がひしひしと伝わってきて思わず息を飲みます。

複雑な人間関係が物語を彩りますが、どのキャラクターにもしっかりと練られた設定があるのか、登場人物が増えるとありがちな誰が誰だか分からないという状況には全くなりません。
むしろ名前だけでしか出てきたことのない人物でさえ、多少次の登場まで間が空いてもすぐに「ああ、あの人か」と思い出せる程いつに間にか強く印象付けられています。

登場人物だけでなく彼らを取り巻く環境も緻密に描かれており、結構重厚な設定ですがそこはキャラクターと同様すんなりと頭の中に入ってきます。

一度読み始めたら止まらなくなるので、ゆっくり時間が取れる時にオススメです。
私は細切れにしか時間が取れず、このレビューを書いている時点ではまだ三章までしか読めていませんが、早く続きを読みたいような、でも楽しみは取っておきたいような、そんな気持ちになる作品です。

★★★ Excellent!!!

ネット小説を今まで読んでこなかったため、「このレベルの高さがネットにあるの?」と一番最初の感想として思ってしまいました。映像で頭の中に浮かんでくるような繊細で緻密な描写と世界観、本当に心臓が動いていそうな登場人物達に体温を感じて、どっぷりと世界に浸かりました。

世界観を「美しい」と表現するだけでは浅ましくて、登場人物を「かっこいい」と言うだけでは軽々しい。そんな一言二言では表現出来ないような魅力が、酔っぱらってしまいそうなほどに詰め込まれています。

独特な世界観と上品な文章に濃度の高い登場人物、話の流れも思惑と思考と立場が交錯し合っています。が、重厚であるのに難しさは感じませんでした。そしてその全てが無理をしているわけでもなく自然で「あぁ、この人にしか書けない作品だなぁ」とため息がもれました。たとえ映像化しようと漫画化しようと、私はおそらくこの文章が好きなんだろうなぁって思います。

(第二章、4.鳥籠の在り処-2までのレビューです)

★★★ Excellent!!!

現代に近い世界観で織りなされる任侠SFもの、といえば『テクノライズ』を想起する方が多そうですが、そんなことはなく、上品な文体も相まって綺麗に物語が進行していきます。

過激さを求める方には物足りないかもしれませんが、そういうのが苦手な方は楽しめると思います。

★★★ Excellent!!!

一言で言うのであれば、格好いいと評価してしまう自分と、ズルいくらいに楽しめます!

この物語の世界観は、洋風を思わせながらもキャラの名前は中華風?言葉が適切かどうかはわかりませんが、キャラもとにかく個性豊かです。

ルイフォンなど、少しアニメの鋼殻レ○オスの主人公を思い出しながら、勝手に脳内でイメージを膨らませていました(笑)

地の文も読みやすく、まさしくライトノベルのお手本と言わんばかりで惹き付けるのが上手すぎます。

設定も緻密で文章も綺麗で、プロが書いているようなので、勉強にもなります。
読者、所謂読み専の方々もこの作品に触れると描きたい衝動に陥るので注意ですね!(笑)

★★★ Excellent!!!

ハードながらも王道なボーイミーツガールから、物語は始まります。

蓋を開けてみると、隅々まで綿密に繊細に張り巡らされた人間模様に度肝を抜かれるのがこの作品。
一話一話が濃密で、息つく暇もなく惹き込まれていきます。
味方も敵も入り乱れるため、はらはらしながら見守る展開には、何度翻弄されたか分かりません。
主人公周りはもちろんですが、味方側も敵側も丁寧に描かれており、無意味な人など一人もおりません。

美しい文章や背景描写はもちろんですが、特に心理描写が秀逸です。
彼らの心の動きに、何度泣かされ、何度踊らされ、何度希望を見せてもらったか。

この物語を読み終わった後、必ず自分の中に大切な何かが残ります。
後悔はさせません。是非とも、手に(目に?)取って頂ければと思います。

★★★ Excellent!!!


天空の神フェイレンと同じ色を持つ王族の他は、黒髪黒目の大華王国。王族、貴族、平民、自由民という四つの身分制の国だ。クラッカーとして情報を生業にする少年ルイフォンは凶賊・鷹刀一族総帥の末子でもあった。近親婚を繰り返す鷹刀一族は皆美しく聡明で強い。人工的に最高傑作の遺伝子を有する一族であり、未だ謎も多い。一般にはただ力ある凶賊組織のひとつとしてみられているであろう。現総裁鷹刀イーリオは血で血を灌ぐ抗争の後、今の凶賊・鷹刀を作り出した。時期総裁候補は長兄エルファン、その次男リュイセンは性格こそ違えど姿や声は酷似していた。



デヴァインシンフォニア計画。その計画者はせめてもの罪滅ぼしにと、一人の少女を差し向けた。強くまっすぐで穢れなき魂に魅了され、物語は加速する。



神と天使と悪魔と人。情報と計算と感情と記憶。無垢な彼らはいつしか、世界の裏側へ足を踏み入れようとしていた。



(↑叶遥斗解釈につき誤りが含まれる可能性がございます)


というわけで、ざっくり振り返った概要をまとめてみましたがあってますかね?間違ってたら教えてくださ(ry

ルイフォンとメイシアのMake Loveを楽しむもよし。王族貴族凶賊と闇の組織の世界情勢とこれから起こる大事件を楽しむもよし、各種イケメンがいいこと言ってくれるのにハァハァするもよし。知的好奇心を存分に満たして楽しませてくれる完成度の高い逸品です。

★★★ Excellent!!!

純粋さは残酷さにどの程度立ち向かえるのか。

題材、結構深いと思うんですよ。「家」単位の思惑と、親族を道具というか駒みたいに動かしていく感じが。いかにもお家騒動というか、それが国家まで侵食していきそうだから厄介なんですけど。

そういう壮大な、というよりドロドロしたものに、純情なボーイ・ミーツ・ガールを掛け合わせてしまう。メイシアとルイフォンの白さがより際だつというか、なんというか。絶妙です。

できることなら家というしがらみを抜きにして幸せになってほしいなーと思う関係ですが、家に関わるからこそ物語として面白くなるので、ジレンマです。

★★★ Excellent!!!

文章でここまで魅せることができるのかと、1話目冒頭を読んだだけでも舌を巻いてしまいました。
五感でナチュラルに表現されたのどかな雰囲気。リアルでテンポの良い戦闘描写。場面に彩りをもたらす演出。時間のある時にゆっくりと浸りたくなるような、心地良い文章です。
また特徴的なのは、その世界観です。
凶賊たちが刀を振るい、貴族のような特権階級が金の力でそれらを支配する――そんな世界でありながら、近未来的な要素も入り込んでいます。すんなり物語に入っていけるのが不思議なくらい、独創的な世界です。

私のレビューを読むより、実際に物語を読んだ方が手っ取り早いかもしれません。ぜひ、最初からじっくり読んでみてください。1話目まで読んだら、もうこの物語の虜になっているでしょう。

★★★ Excellent!!!

愛する父親と異母弟を助けるため、我が身を犠牲にする覚悟で凶賊と呼ばれるマフィアの巣窟へ足を踏み入れた貴族の少女、メイシアと、彼女と行動を共にすることとなった、凶賊の青年・ルイフォン。

しかし、二人の出逢いすら仕組まれた罠で――?

まず目を惹かれるのは、絹織物のように美しい文章。
そして、会話が進むごとに、見えていなかったものが見え、そうだと信じていてものが覆るかのような、よく練られた重厚なストーリー。
さらにさらに、流麗な描写で、出てくる人物が脇役に至るまで、魅力的で奥行きのある人物に描かれています。

もう、これでハマらないほうがおかしいです。

この素晴らしい物語を、ぜひ堪能してください!

★★ Very Good!!

文章が綺麗でびびります(ブルブル)。

すんなりと映像を想起させる流れるような文体。

猫っぽい好奇心を感じさせるルイフォンは真っ直ぐで無邪気。穢れを知らない貴族であるメイシアは芯は強く聡明である。

張り巡らされる計略がとても考えられており、キャラ同士のやりとりは、たった一言で命を削られそうなくらいに緊迫しています。

とても雰囲気づくりに長けており、背景設定もしっかりとしている印象です。

凶賊でありながらも、人道からは外れていない鷹刀一家の絆と手強さに、胸が激しく踊り出す。

★★★ Excellent!!!

近況ノートで「説明が多い回は気が重い」と書かれていますが、説明、多すぎるとは思いません。
そもそも、表に出そうと出すまいと、綿密に設定しているからこそ説明もできるのです(^^)
月ノ瀬 静さんとは別のサイトでもおつきあいがあり、ご本人が理系である事を存じていますが、この壮大な物語にも設定と言う一本の筋道が通っているからこそ、心地良く、ある意味安心して読み進められるのだと思います。

★★★ Excellent!!!

 凶賊の少年と貴族の少女の出会いから始まる、SF、ファンタジー、アクション、そして人々の心など、様々な魅力にあふれた作品です。

 シャープで磨き込まれた文章で紡ぎ出されるのは、新旧の技術や文化が共存した、アジア風の世界での物語。
 それは独特の世界観なのに、くっきりと映像やにおいが浮かび上がってくる。そして序盤からぐいぐいとその世界に引き込まれていきます。

 濃密な時間の中で次々と展開される出来事。心理戦にはらはらしたり、展開に驚いたり、時に頬が緩んだり。

 私がこの作品に惹かれたのは、物語の面白さ、文章の美しさ、個人的な好みに突き刺さった世界観、そして、登場人物一人ひとりの「人物」としての奥の深さ、心の複雑さです。

 人物一人ひとりが抱える心情が繊細に丁寧に描かれているから、会話のひとつひとつに、彼らの心が溢れている。心が溢れているから、読み手の心が揺さぶられる。
 それぞれの人物が、ただカッコよかったり、かわいかったりではなく、奥行きがある。その奥行きを味わうのも楽しいのです。

 予想できない展開や、登場人物達のこれからに、目が離せません。
 毎週土曜日朝の更新が、凄く楽しみです!

★★★ Excellent!!!

何にって、この作品の圧倒的な面白さと筆力にです。
カクヨムにいるのは(私と同じく)書いてる人ばかりだと思いますが、まずこの作品を読み感じるのは、己の力量の足りなさと羨望になるのではないでしょうか。
それくらいすごい、磨きぬかれた文章のリズムと、あっという間にぐいぐい惹きこまれるストーリーテリング。
正直に申し上げて、作品の冒頭部を読んだ段階で書き手としての私は悲鳴を上げていました。「なんじゃこのすごい作品は!? わしのなけなしのプライドが無くなるだろ!」と。
しかし同時に、長年読書にいそしんできた読み手の私が「これを読め。間違いない」と狂喜乱舞したのも事実です。すごいものを見つけてしまいました。

お手軽なweb小説にはもう飽きたという方に推せる作品です。
本屋で売られているクオリティを欲する方にこそ、おすすめしたい作品でもあります。

なにが凄いかは読めばわかります。ぜひご一読のほどを。

★★★ Excellent!!!

流れるような文章を書かれる方だな、と言うのが最初に読んで思った印象。とても綺麗です。

キャラクターも素敵ですが、やはり文章。どんなに良い人物設定でも文章が遅いと素敵さが半減します。でもdi;vine+sin;foniaはどこまで行っても綺麗でした。

私は読む時にテンポよりもリズム重視なのですが、正に合奏曲(シンフォニア)を聞いているリズムです。

現時点で、もうすぐ4章が始まる箇所ですが、これからもっと素敵なリズムを聞けそうな気がしてなりません。

(マグカップリンを読んだ時にも思いましたが、リズムの強弱が綺麗で、何時の間にか巻かれる感覚です)★★★

★★★ Excellent!!!

現代世界と、ファンタジーと、SFが入り混じったような、独自の世界観の中で繰り広げられるストーリー。まず、この世界観だけでも、一読の価値があります。

月並みな言い方ですが、ストーリーと文章の練りこみのレベルが高い。説明しづらいですが、ただの「やりとり」を表現するにあたっても、その背景とか、心理とか、描写をきちんとしているから、納得できて、その世界に入れていく。つまり、変に引っかかるところが無いんですね。これは、すごいことです。

現在、まだ連載中ですが、これほどしっかりと、世界と、物語を描ける小説は、なかなか無いと思います。ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

そう思わずにはいられない、美しくも圧倒的な筆力で綴られる ファンタジー×アクション巨編…いよいよ第三章の幕開けです。

可憐で儚げながらもその瞳の奥に強さを宿す、少女メイシア…
ある使命を秘めて向かった凶賊の屋敷で出会う、鷹刀一族のルイフォン…
そしてこの物語では、すれ違う街人達にさえ生き生きとした命を感じドラマを感じます。
既存のカテゴリーでは決して括りきれない壮大かつ緻密なストーリーを是非ご自身で体感して下さい。


★★★ Excellent!!!

第二章が終わったところ、物語はまだ続いています。
とにかく文章がうまく、リズムがいいです。だからこそあっという間に世界に入り込んでしまいます。
舞台は現代、アジアをモチーフにした架空の世界でしょうか。貴族の娘が凶賊と呼ばれるマフィアに家族の奪還を依頼して…という内容ですがとにかく面白い。それに文章を追うことが楽しく感じられるのです。登場するキャラクターも魅力的で、ミステリーの要素をちりばめながら、物語はグングンと進んでいきます。
アクションファンタジーとタイトルには書きましたが、それにおさまらない強力な独自性があります。その独自性を支える「物語を語る力」に満ちた完成度の高い小説でした。

★★★ Excellent!!!

タイトルと序章に「神話」の要素が取り込まれているので、「異世界ファンタジーなのでは?」と思いながら本文を読み始めると……

いきなり迫力ある格闘シーンに引き込まれる。

そして、一癖も二癖もある個性的な登場人物が背負う物語に魅きつけられる。特にヒロインが清楚で可憐、それでいて、芯の通った頭の良い女性として描かれているのが好印象。

背景となる不思議な世界観。中国マフィアを思わせる一族は、残忍かつ狡猾でありながら驚異的な美貌を誇る、という設定は乙女心をときめかせる要素ともなり得る。

階級社会での様々な群像劇が繰り広げられる中、マフィアの末っ子である若者と貴族の娘であるヒロインの焦れったいほどの純愛に感情を揺さぶられ、禁忌を繰り返す謎の組織の不気味さに背筋を凍らせ……

これでもか、と言うほど娯楽要素が詰め込まれた物語は、流れるように美しい文章で語られる。まさしく「シンフォニア」の名にふさわしく、様々な音が共鳴しながら創り上げられる深い楽曲に耳を傾けるように、物語の世界に浸って頂きたい。