モジモジくえすと ~そして伝説へ~

作者 藤田アシシ

176

71人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

〇という名前の主人公の話です。

まず思ったのが、このステータス表いる!? と驚かされたのですが、RPG風に並ぶという記述を見て、なるほど、と思いました。

ファミコン時代のゲームを思い出しながら、ああ、あの頃はこんな馬鹿なことで笑っていたな、と幼少期を思い出し、ひそかに口元がゆるついています(笑)

次の作品にも期待して星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

無限の可能性を秘める不思議な要素、それは「文字」。たった1文字でも何かの言葉に付け加えれば、そこで物語を終わらせたり雰囲気をガラリと変えたり、果ては世界を一変させる大事件まで引き起こしてしまう力が現れるかもしれません。

そんな様々な要素が存分に楽しめるのがこの作品でしょう。たった1人の「文字」が冒険の中で出会う様々な仲間たち。そこにどんな影響を与えるのか、文字を見ればきっと分かるかもしれません。
長い冒険の中で最後に待つものは何か……大いに驚き、そして納得できるオチまで文字から目が離せない、楽しい童話作品です。

★★★ Excellent!!!


ネタがとにかくしょーもなさすぎて……でもそのしょーもなさが最高に良いんですね。

「ふ」さんが去ってゆく時の洒落など、思わず心の中で「やかましいわボケ(笑)」と突っ込んでしまいました。

本当に、品など欠片もないお笑いなのですが、これがいざ自分でやろうと思うとなかなかどうして難しいのです。

僕には、絶対に書けない。
純粋に、誰にとってもいやみじゃないこのような笑いを提供出来るエンターテイナーを、僕は心の底から尊敬します。

楽しい時間をありがとうございました。
よく分からないシュールギャグと違って、最後に白黒はっきりしているのもまたよかったです。

★★★ Excellent!!!

嗚呼、ス◯エニ様、発売っていつでしょうか、モジモジくえすと!と、なってしまうぐらいの面白さです!
きっと、藤田アシシ様が繰り広げられるありとあらゆるるギャグのツボに、見事にハマってしまうはずです。笑い上戸である私は見事にツボりまくりました。文字達とのパーティで発動されるいろんな楽しい特技を見てみたくなります。

最後まで読むと、「◯」という文字が大好きになります。きっと!

★★ Very Good!!

 いやあ、こういうのはなかなか面白いですね、とりわけ「読み」に特化した言葉遊びは、巷でもなかなかお目にかかることがありません。
 珍しいb。
 こういう工夫と着眼点は、習うべきものがあります。
 みなさんも読了後、この作品を振り返るでしょう。
 いい意味で二度見したくなる。
 ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

 句点の『。(まる)』が冒険に出るという、とんでもなく斬新な世界観に好奇心MAXで読み始めるが……。
 レベルが上がって『。』が進化するという設定に「ほう、そう来るか」と感心。そして最後のオチは――「うまいじゃなーい」と声を出しました。
 
 短編ならではの、サラリと読める面白さがここにあります。皆さまも是非コーヒー片手に読んでみてくださいっ。

★★★ Excellent!!!

爆笑しましたw

特にオチまでの流れでそりゃあ、そうなったらこうなるよ!
というツッコミが(主に読者から)飛び交いますw

ちょっと嫌なことがあったときや、夜眠れないとき。
緊張でお腹が痛くなってきたときなどに、このお話を服用すれば、きっとたちどころに笑顔になれるでしょう。

とても面白かったです。ありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

まず、何より発想がすごいですね。
こんなの(失礼  普通思いつきませんよ、あなた!
そんなトンデモ設定が、物語の形を成していることに唸るしかありません。 
途中、オセロに見立てたのも面白い発想ですね。
気軽に読んで、得した気分になれる……あ、お下品な箇所もありますが(笑
とにかく、なんか「すげぇ」作品でした。

★★★ Excellent!!!

主人公は『。』(まる)。
仲間とパーティーを組むと弱そうに見えるので敬遠されがち。
そんな彼もレベルアップして姿を変え、パーティーを組んでくれる仲間が現れるが……。

いやいやいや、なんとなくパーティー組んだらどうなるのかうっすらと予想はつくのですが……さすがです。
笑いのツボを押さえておられる!

『まる』逃げて超逃げて!!