私は今、彼氏の太ももを、爪楊枝で刺し続けている。

作者 あまね

28

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

細かい描写もなく、真相も隠されたまま、ただ淡々と彼女が彼氏の太ももに爪楊枝を刺し続ける。
そんなお話です。

どんな彼氏でどんな彼女なのか。
彼氏は本当に浮気をしたのか。
爪楊枝の刺し方は優しめか、それともかなり深く、出血するくらいぶっ刺しているのか。
それらの情報は全て読者の頭の中にあります。

ちなみに私の中では、彼氏は実際に浮気をしたけれど、彼女は結局それを許し、結婚したあとは、彼氏は二度と浮気をすることなく幸せに暮らすという、ほのぼのした感じのストーリーが展開されました。
それと、爪楊枝を刺されながらも抵抗せずに言い訳を並べる彼氏に萌えました。

Good!

 なんだか、ホラー気味のラブコメ。淡々と論理的に笑う彼女が怖くも、だけれどいとおしくもあるような、そんな掌編。
 あまり見かけない語り口調であることも、お話の雰囲気を形作っていて、一貫されたストーリーの「感じ」がのめりこむポイントでしょうか。
 ぜひ、続きを。