らくだ図書館(カクヨム版)

作者 常木らくだ

123

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

言うまでもないことだが、小説に関わる人でいちばん多いのは読者である。
投稿者はそこから大きく数を減らし、受賞者はさらに少なくなる。
デビューして、小説を生涯の仕事として生きることができた人となると本当に数えられるくらいになってしまうだろう。

だからこそ小説家のライフスタイルはレアという点で商品性があるのだが、ゆえに見落とされがちなのが投稿者のライフスタイルである。
受賞やベストセラーといったわかりやすいゴールがないので作品化しにくいが、ふと気づくと、ネット上の投稿サイトの隆盛により、読者の多くが投稿者であるような世界がさらに前景化してきた。

他ならぬカクヨムがまさにその一つなわけだが、小説というのは読んでも面白いが書いても面白いものである。
ことによっては作品自体よりも書いている様子の方が面白いかも……となるのが皮肉な事態ではあるのだが、本作にはそんな悲喜こもごもが詰まっており、今の時代だからこそ共感できる部分も多くなっているだろう。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=村上裕一)

★★★ Excellent!!!

とても貴重で、リアルなエッセイです。
素直に励まされました。ああ、この状態、この感情は自分だけじゃないんだ、と思わせてくれる力があります。
執筆で道に迷ったときは、ついまたふらふらと引き寄せられてしまいそうです。

お互い、頑張りましょう!

★★★ Excellent!!!

落選を笑い話に仕立てる奥に、
ほとばしる情熱を感じます。
これはエッセイの名を借りた私小説です。

成功者が語る過去の敗北よりも、
あした成功するかも知れない人の敗北譚を読む方が
「あの人が売れる前、知ってるんだぜー」
って優越感に浸れますよ。

そんな屈折した動機でも構いません。
熱く燃える人の心を読んでください。

★★★ Excellent!!!

ブログのほうをずっと拝見していたので、
こうして直接応援したい気持ちを伝えられる場ができたことが
とても嬉しく思います。
すべての作家志望者に勇気と教訓を与える内容で、
それでいてしっかりと面白いのが素晴らしい。
ぜひ作者さんにはデビューしてほしいです……!

★★★ Excellent!!!

 作家志望としての大先輩であり、投稿生活を続けるうえでの一つの解答を示してくれる常木らくださん。
 僕も小説を書くのが好きですが、落選してしまったときは、こらえきれないほどの悔しさと自己嫌悪の波がやってきます。そんなときは、「こんな風にポジティブに考えればいいよ」という示唆に富んだ常木らくださんの体験談を読んで気分を落ち着けることも。
 このエッセイは、元気をわけてもらえますよ!

★★ Very Good!!

図書館で検索したら出てきたので読んでみました。(かなり適当な選び方失礼します)
まず中国に行かれて、小説を書こうとするまでで引き込まれました。
まだ途中なのですが、テンポが良いので、すぐに読み進めちゃいそうです!

★★★ Excellent!!!

 書いてくださってありがとうございます。そんな思いで最後まで読みました。
 常木さんはブログ、『らくだ図書館』でコンスタントに文章を書かれる方ですが、まとまったエッセイともなるとまた違った風合いを感じました。より洗練された、一つの物語のようなエッセイだと思います。
 海外投稿はなかなか経験できるものではありませんし、そもそも投稿あるあるはあるあると言いながら、実は投稿者でないと経験できないことばかりです。投稿者にとって共感できるところだらけで、非投稿者には新鮮なエピソードがたくさん詰まっていると思います。
 この人の文章をもっと読んでいたいな、と思わせるエッセイでした。
 今後のご活躍をお祈りしています。

★★★ Excellent!!!

らくださんのように、文字を、日本語を、投稿を、同じ小説投稿者である自分は愛でているだろうか。
長年投稿していても当たってしまう一次選考の壁に、向き合えているだろうか。たとえ、落選してもそれを糧にできる姿勢のらくださんに感服です。
このエッセイを読んで、私も初心を思い出しました。
小説投稿者って、現実ではオープンしづらいです。
写真とか絵画とかスポーツとか、万人に分かりやすい趣味だったらよかったのにと嘆きつつ、ときには焦り、それでも書き続ける日々。
本家ブログも楽しく拝読しております。

お互い、いつか勝ち抜けましょう(できるだけ早めに)!

★★★ Excellent!!!

小説投稿エッセイ、それも作者は落選135回(!)という経歴の持ち主なのに、この笑える作風はスゴイ。自虐ネタをあくまで明るく披露するあたり、バランス感覚いいなあ、と思います。内容も共感するところが多く、同じ書き手として励まされるものがありました。
これからもときどき読み返したいです。

★★★ Excellent!!!

海外からの小説公募への挑戦。情熱がなければ途中でくじけてしまうだろう。

エッセイでありながら、作者自身が成長するストーリでもある。
小説を書くノウハウも盛り込まれているので、読んでいる読者もいっしょに成長できる。

夢中で読んでしまった。
楽しく読める。作者の小説への愛が感じられる。作者の文才も感じる。なぜ、なぜこれで受賞できない……。
作者の挑戦はまだ道の途中。

作者には読ませる力が確かにある。
誰もが応援したくなってしまう、そんなエッセイ。

★★★ Excellent!!!

どうも、らくだ図書館の愛読者です。
ワナビとして有名ならくださんでありますが、ご本人はワナビを卒業して早くプロになりたいでしょう。しかしながら、記念出版狙いや泡沫プロならばともかく、長く売れるプロになる為には、こういった経験の積み重ねは『物書きとしての貴重な財産』になるのではないでしょうか?

ワナビとしての楽しみと苦しみが赤裸々に綴られた本作。

プロ志望ではなくアマチュア物書きでも、充分に楽しめるエッセイでしょう。
ダイジェスト化されているカクヨム版だけではなく、多くの読者に愛読され続けている本家「らくだ図書館」もお勧めです。
本家の方は、写真入りで見応えありますよ。何気に写真が上手いです。

僕もワナビといえば、ワナビですが、最近はネット連載と仕事で手一杯で、公募に回すリソースがないです。今は厳密には、ネット小説作者であり、残念ながらワナビではないでしょう。別にネット連載の書籍化も考えていないし。読者を増やそうってだけです。
けれど、余裕が戻ったら、来年くらいから少しずつワナビに復帰して、らくださんと共に頑張りたいですね。来年までワナビとして待っていてくれ、とは言いませんけれど。

頑張って下さい、らくださん!
           一らくだファンより。

★★★ Excellent!!!

――落選回数135回。

これは作者にとって誇れる数字ではないはずなのに、それを包み隠さず、その135回を積み上げる過程で味わった初々しいまでの感情を、一切の誇張もなく吐露したエッセイです。

投稿に明け暮れる物書き死亡者……もとい志望者であれば味わったことのある「あるある」ネタから、作者である常木らくださんしか経験してないであろう特殊な海外からの投稿ネタなど、当時の心境を交え生き生きと描写されています。

――大人になっても、何かに情熱を捧げてもいいじゃない。

ほんのり心が温かくなって、笑えるエッセイ。
とても楽しく読ませていただきました。

★★★ Excellent!!!

らくだ図書館、数年前からファンです。

こちらのエッセイを読まれる方は、作家志望の方が多いと思います。
そして、そういった方々が、順調に受賞できることの方が少ないでしょう。
かくいう私もその一人。

らくださんの書かれるブログは、等身大で、だから自分を重ねることができ、笑えて泣ける珠玉の言葉の宝庫です。

今回は、その書き下ろしエッセイ。

やっぱりらくださんはらくださんです。
全部さらけ出して、私の(そして多分私以外の、作家志望に限らず夢を追いかけている人の)背中にそっと手を当てて寄り添ってくださっている、そんな感想を抱きました。

確かにらくださんは、まだプロ小説家ではありません。
ですが、プロの【夢追い人の応援者】だという自負が感じられました。

このエッセイを書いてくださったことに、心から感謝致します。