名無しの女

作者 八島清聡

悲しみが燃えている

  • ★★★ Excellent!!!

最後にどうして彼女が名無しの女なのかがわかるのですが、
知った瞬間、ああやっぱり・・・という絶望感とこれでよかったのだという
不思議な安堵感がありました。
ところどころに散らばった悲しい予感が最後に集約されてはじけるところが花火のようで美しいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

みかささんの他のおすすめレビュー 21