ほんとの春のただ中で

作者 aoiaoi

位置について。 よーい、ドン!!

  • ★★ Very Good!!


 このお話でようやくスタートの位置に着いたって感じかな。え? なんの競技かって? そりゃあ二人三脚のさ。
 前作まではパートナー選び。パートナーは決まっているんだけど、気持ちの踏ん切りが付かなくてバタバタ。
 そんでようやくお互いの足を結んで、今回は最初の一歩を踏み出すきっかけとなったお話だ。
 ゴールはまだまだ先にあるし。こっからが本当のスタート。

 雨降って地固まるなんて言葉もあるけど、雨なんて降らない方がいいっつーの。
 これ、固まれなかったら、えらいこっちゃになってたわ!
 ま、なんとか固まったみたいなので良かった。うん、固まったっていうか踏み固めたって言うか(笑)

 きっとこれから先が厳しいんだろうな~。山あり谷ありで。
 一緒に走ってくれる人達がいるのは心強いけどさ。これ、もしかしたら、世界が丸ごと敵になる感じじゃないか? 
 かく言う俺も、どうせ二人三脚するなら女性としたいって思うし。きっと大多数はそう思ってるだろうし。
 主人公達はそれでもゴールを目指すって言うんだ。俺は一緒に走れないけど、応援だけはしたい!
 さあ、相手は人類の心の根幹に住む『常識』が相手。この巨大な相手に、作者はこの先をどう描く?

 俺の常識を打ち破れ!
 読みやすい、馴染みやすい、わかりやすいの三拍子揃った、大注目の同性恋愛小説。そのスタートダッシュシナリオ。
 ぜひ堪能してみてくれよ!
 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

佳麓冬舞さんの他のおすすめレビュー 26