小説家のための武術秘伝

作者 古月

133

55人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

参考になりました。
私自身は武芸に全く馴染みが無く、執筆でも避けてました。すると、調味料を使わない料理みたいに物足りない物語にしかなりません。仕方無く、自身が出汁になりそうな、骨太な題材を探す羽目になるのですが、そんなに簡単には思い付かないし、実力不足の私には手に負えないという末路を辿ります。
この指南書を読んで、自分なりに実験してみようと思いました。有難うございます。
短編にはMAX2つが信条なんですが、レッスン料込みで星3つ付けました。

★★★ Excellent!!!

――

 昨今、とにかく物書きには厳しい時代である。

 何しろ嘘がつきにくい。
 そして、面白さの為の妥協や嘘をつつかれるのも容易にされてしまった。インターネットのせいでもあろう。

 だが、物書きの垣根は圧倒的に下げた。
 web小説なんてものが隆盛になったのもまた事実で、こちらの調べ物にも重宝するものだから功罪甲相半ば、か。

 そんな中、目に入ってきた作品である。
 バトル展開は、血湧き肉躍り、読書を楽しくさせるものだ。その指南書である。
 楽しく読ませてもらった。
 また、体験や知識というものを知恵として作品に昇華させる助けになるし、その導きを示してくれる。何も武術に限ったことばかりではあるまい。
 どこかにリアリティを差し込むことで、描写はグッと向上するのだろう。

 というわけで、私もひとつ恥をさらそう。
 格闘ゲームをかつては好んで遊んだ私だが、連続技を実際に身体を動かして無理はないか試してみたことがある。
 決して、人に見られてはならない。

★★★ Excellent!!!

――

 私も修行中の身の上、「ああー、そうよねー」と思うことがちりばめられています。武術を題材にする小説を書こうとしている方々には良い参考文献なると思います。

 要点だけを上手く纏めていたのも、良いですね。お陰様で、一気に読み進めてしまいました。

 もし詳しい事を取材したい場合は、やはり専門書などを調べる方がオススメかしれませんが…。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

腕の立つ人を書きたい…と思いながらも、本を見てもよくわからず、すっごい時間をかけて「なんちゃって」しか書けない自分には、本当にタメになる作品でした。実践してみよう!をやってみたら、「本当だ、立てない」などと身をもって理解することができます(気になった方は本文を読んでお試しあれ)
武術に疎い私でも読み進められたのは、説明が丁寧なこと、テンポのいい、情景が目に浮かぶ見事な文章のおかげです。そしてなにより、本当に面白い!
創作に使いたい方はもちろんですが、面白いものを読みたい人にも熱烈推薦!

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

アクションものを書きたいけれど、格闘技経験のない自分には、そもそも近接戦闘の時に人間がどういう動き方をするのかすら、いまいち想像できない…。

これじゃあ、面白い戦闘シーンなんて書けないよう!


なんていう悩みが、吹き飛びました。

参考にさせて、いただきます!(ぺこり)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

勉強になりました!

武術の心得がないままファンタジーバトルものを書き始めてしまって、
毎回バトルシーンが来るたびに遅筆になっていたのですが、
本作を読ませていただいて「あ、そういう風に戦闘シーンを組み立てていけばいいのか!」と発想が広がりました。

ぜひ、参考にさせていただきます!

7/8追記
「戦闘中の会話の書き方を知りたい」とリクエストしたところ、ものすごく丁寧に解説いただきました…!
これはますます私の描写力がパワーアップしそうです…!ありがとうございます!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

華がない時など、リアルよりはフィクション寄りになる描写の場合は特に、
「知ってて」ウソをつくのと「知らずに」ウソをつくのは大きな違いですね。
個人的に実戦と演舞は別モノと知った上で書かれている描写は好感が持てます。

「痛み」なんかもそうですね。テンションなどによって、すぐ痛くなったり、痛みを感じなかったり。
痛いはずなのに動けてるのは、覚悟して我慢してるのか興奮して痛みを知覚できていないのか…などなど想像されます。
参考になります。

★★★ Excellent!!!

――

小説での所謂武闘は、どうしても映像作品に一歩遅れを取ると思います。視覚の効果は絶大ですから。基本ができていないとなおさらです。
ついつい、人体の動きの限界を超えた動きをしてしまいがちですが、かえって薄っぺらいものになってしまいます。
基本を押さえることで、より多角的なアプローチから、アクションを描写できるのではないでしょうか。
私も自作品で受け流すを使ってみたいと思います。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 簡潔かつロジカルな語り口でスラスラと読まされるうちに、自分の中の“戦闘描写”の引き出しがどんどん増えていく。
 アクションを書く際の『アイデアの活かし方』を多く紐解いてくれるので、実用的なことこの上ない!
 自分も及ばずながら武術・アクションを題材に作品を書く身として、大いに参考にさせて頂きました。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

とかくアクションというのはマンガやアニメに比べれば文章の表現が難しいと思う中で、作者さんの知識は参考になりました。
私はもっぱら素手の格闘技小説しか書いてきませんでしたが、それでも応用面はたくさんあるなと思いました。グリーンディスティニーのチャン・ツィイーやイップ・マンのドニー・イェン、ワンチャイのリー・リンチェイみたいな俳優たちに憧れ、少し中国武術をかじった身としては、あ、あれのことかな、とニヤリとしながら読む楽しさもありました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

私もとある武術ののプレイヤーなので非常に参考になります。
武術の描写はプレイヤーと資料では大きく違います。
特に呼吸、痛み、間合いはプレイヤーじゃないと表現するのが大変難しいです。
なにせ創作物はかなり美化されてますし、技術書は自分の流派の宣伝なのできれいな部分しか書いてません。
そういう意味でプレイヤー側から「実際はこういうもんよ」っていう情報を発信するのは凄く重要です。
期待してます!