第30話 遅くなってゴメンね

今夜は遅くなりました。

深夜の帰宅、そっとドアを開けると玄関までトタタタタと走る音。

にゃー(遅いよ)と出迎える。


ごめんね、寝てた?

なんだかフラッと眠そうに階段上がってベッドの真ん中。

冷たい布団の真ん中だけが、ほわっと日向ひなたの温かさ。


暖めてくれてたの?


ありがとね。


そばにおいで、今度はワタシが温めるから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます