第12話 花びらひらひら

夜のおさんぽ。

桜のしたで、花びら ひらひら 落ちてくる。


小さいお手々ててでパシッと掴む。


上を見上げて、次の花びら ひらひら 落ちる。

掴んだ花びら、離したくない。

次の花びら、掴みたい。


上を見たり、手を見たり、

わたしの手のひらに花びらハラリと落ちてきた。


じっと花びら、見つめるあなた。


手の中、覗いた頭のうえに、花びらハラリと落ちてきた。


ピクピクお耳を動かすけれど、頭の花びら落ちてこない。


とってよ、とってよ、頭を突き出す、

私の鼻にゴチンとあたる。


なんだか、楽しくなったのかな。

鼻に、おでこを ぐりぐりぐりぐり 押し付ける。


帰り道、わたしに抱っこ、肩ごしに月を眺めた春の夜。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます