第16話 春の三日月

今夜は三日月、桜の木の上、金色こんじきの三日月。

あなたは窓から三日月眺める、何を考えているのかな?

真剣な顔をして、哲学者のような詩人のような。

あなたの大きな金色きんいろの目、

おそらの大きな金色こんじきの月、

春の夜空の大きな三日月。


「ごはんだよ」

まぐろの缶詰、かつおぶし掛け。

にゃんっと窓から飛び降りて、トタタタタと階段下りる。


ハグハグハグハグ

月よりごはん。


今日は三日月見ながら、いっしょに寝ようか?

毛布にくるまり、月を見ながら、いっしょに寝よう。

カーテン閉めずに寝てみよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます