第3話 眠る眠る

眠る、眠る、今日も眠る。

ベッドの真ん中で、今日も眠る。

小さな身体を丸めて眠る。


わたしは起こさないように、ベッドの端で眠る。

気づくと、顔の前にあなたのしっぽ。


揺れる、揺れる、しっぽが揺れる。

顔の前でしっぽが揺れる。

あ~顔がムズムズします。


わたしが起こすと不機嫌そうにあくびをします。

わたしが離れると面倒くさそうに近寄ってきます。


一緒がいいね。

暑くても、寒くても。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます