第19話 どすん ぼすん

高い棚に飛び乗った。

にゃー にゃー にゃー とワタシを呼ぶ声。

「どうしたの?」

にゃー にゃー にゃー

(どうやら棚から降りれない)

にゃー にゃー にゃー

手を差し出しても こわい こわい。

(困ったな)


背中に飛び乗る?

身をかがめたら……おしりを ふりふり ぴょん!

どすん!と背中に飛び乗って、

ぼすん!とソファに飛び降りた。


にゃぁあああああぁ~!


無事に降りれたよ!

なんだか、少し誇らしそうに 可愛くいななく小さい勇者。

よかったね、降りれて。


にゃー にゃー にゃー とワタシを呼ぶ声。

「また登ったの?」

にゃー にゃー にゃー

背中を向けろと催促してる。


身をかがめると、おしり ふりふり ぴょん!

どすん!ぼすん!


にゃぁあああああぁ~!


気に入ったんだね、この遊び。

ワタシは背中が、ちょっと痛い。

今日は、何回呼ばれるのかな?




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます