第18話 ちっさい子猫

この子 どこの子 ちっさい子猫。

初めて見る子 猫の子 子猫。


ボクの知らない ちっさい子猫。

チリンチリンと鈴を鳴らして、みゃーみゃーみゃーと寄ってきた。


「知らない子だよ」ソロソロ近寄る チラリとワタシを見るアナタ。

フンフンフンフン くるくるくるくる 廻りながら 鼻を近づけご挨拶。


「またね」

走っていくよ ちっさい子猫。

あの子 どこの子 ちっさい子猫。

鈴を鳴らして走っていくよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます