第8話 小さい子供は苦手です

ワーワー、キャーキャー、猫だ、猫だ、と追いかけ回す。

ムギュッとしっぽを掴まれた。

ゾワワと毛が逆立った。


今日は、眠っていられない、どこかに隠れろウロウロ、ウロウロ。

猫どこ?猫どこ?

ボク今日いないよ、誰にも見えないよ。

猫、布団の中でキョロキョロ、大きな、お目々めめがキョロキョロ。


今日は、お昼寝してられない。

ウトウト、ウトウトするけれど、

今日は、お昼寝してられない。


ん?ん?ん!

静かになったぞ。

そろり、そろりと這い出して、

隣のお部屋を、チラリと拝見。


小さい子供、眠ってる。

スヤスヤ眠ってる。


やっと安心。


しょうがないから隣で寝たげる。

しっぽだけ、ちょっと子供に、くっつけた。

ちょっとだけだよ、握っちゃダメだよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます