超すいりくらぶの日常は今日も平常運転。

作者 鶯ノエル

195

76人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

輝くように溌剌としたパワーが漲る高校時代。そんな、自分の力を持て余した時代が、誰にもあったと思います。
これは、そんな若さと「ミステリー好き」というその気持ちだけで押し切る、痛快なミステリー作品です。

ただひたすら推理小説が好きなだけで、「超すいりくらぶ」を結成した、それぞれ思考のぶっ飛んだ強烈な部員たち(2名)。そんなクラブへの入部を決めてしまった主人公チャッピーは、メンバーのぶっ飛んだ「超推理」へ時に厳しい突っ込みをくらわせ、時には3人で困っている人に力を貸し…次第にクラブのとんちんかんなカラーに馴染んでいきます。
彼らの推理の突き抜けたぶっ飛び具合と、チャッピーくんの爽快な突っ込みっぷりを楽しむ。これは、そんな珍味系ミステリーなのです。

じっくり推理し、何かを地道に解決していくミステリーの王道は大きく逸れ、そこにあるのは底抜けの明るさや若々しいパワー、理由なくあっけらかんと笑えてしまう爽快感。読んでいるうちに、不思議と「自分のやり方で、真っ正面から好きなことに向き合うっていいな」なんて、不思議な気持ちにさせられてしまいます。

彼らならではの力の抜けた謎解きが何故かクセになる、底抜けに陽気で楽しいミステリー。オススメです!

★★★ Excellent!!!

 謎が謎を呼ばないミステリー作品。この作品は一話一話が初めの内は独立しているので、試読みもできます。しかし、一度読んだら最後。もう読了するまで、ページをめくる手が止まらないのです。小生も、一気読みでした。
 そしてこの作中のミステリーは、問題の解決によってもたらされるのではなく、主人公のツッコミによってもたらされます。この作品の凄い所は、日常の切り取られたある一点を、別の角度から見ることによって「謎」にしてしまっているところです。読者は読んでいると、「これはどういう事だろう?」と考えることができるのに、答えはあっさり解決に向かいます。長い推理はありません。角度を変えれば、謎はもう謎ではなくなっているのですから。
 最後のオチも最高に面白かったです。
 まだ読んでいない方は是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

ミステリー好きの高校生たちが、日常で出会うささやかな謎を前に推理合戦に興じる、お約束のやつ……と思いきや、期待は良い方向に裏切られる!
一癖も二癖もある高校生たちが、突っ込みどころ満載の日々を送る日常の謎系バカミス。

ミステリーとしてのルールを踏まえながら、全力でぼけ、つっこむという展開は、ミステリー好きはもちろん、なじみがない人でも楽しめます。
自身の高校時代に、同じような仲間がいたらどれほど楽しかっただろう……と考えたりもしつつ、青春まっただ中の現役高校生にも読んでもらいたい一作です。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=カクヨム編集K)

★★★ Excellent!!!

バカ100パーセントに見えるけれど、ミステリーの知識があった方が楽しめるエンターテイメント。私はアナザーストーリーで驚きました。「最高の演技というのは、役になりきることなのだ」シャーロック・ホームズのセリフでオススメを。そして、物語は一回転してまた冒頭へ。鮮やかです。

★★★ Excellent!!!

この学校にミステリー研究会はない!
なのでしかたなく「超すいりくらぶ」なる怪しいサークルへの参加を決めたチャッピー(小学校時代からの主人公のあだ名)だった……
という感じで物語は始まります。

キャッチでも前書きでも「おバカ」を謳っていて、ぶっ飛んだキャラクターたちが小さな謎を大騒ぎしながら解いていく、まあコミカルな内容なのですが。全体的に「エラリー・クイーン」なのですよね。

キャラのひとりである摩耶ののかがエラリー信者という設定でもあるのですが、読者への挑戦状形式をとっている点や、「初期クイーン論(推理作家の法月綸太郎さんが発表した論文です)」に基づく会話劇等々、エラリー・クイーンを含めたミステリ知識があるとさらに楽しめる内容になっているのです!

ミステリ初心者にとっつきやすく、ミステリファンもクールに笑える本格派テイストの日常の謎。ぜひお試しあれー。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=髙橋 剛)

★★★ Excellent!!!

これぞ謎が謎を呼ぶシリアス王道ミステリー! ……ではなく、斜め45度どころか360度以上回ってきてんじゃないのと兎に角変わり種な「みすてりぃ」。
ゆるいかとおもいきやボケ倒し。謎の解明で「そう来たか」と思うことこと請け合い。
何が普通と違うって……読めばわかる! ミステリーを敬遠しがちな人にも読みやすくてオススメです。

★★★ Excellent!!!

謎を〈創る〉探偵とそれに〈ツッコミ〉を入れる語り手……と聞けば、同じく学園ものの『化石少女』が思い浮かびますが(銘探偵の諸短編はツッコミ要素が弱い)、こちらはテンションからして違います。探偵役は完全に暴走しており、止めるにはスリッパが不可欠。推理を披露するたびにスリッパで叩かれる不憫な探偵なのであります。
最後の最後でちゃぶ台をひっくり返す仕様もこの笑撃作に相応しいですね!

ミステリを愛し、ミステリを憎む全ての人々へ……。

★★★ Excellent!!!

麻耶ののかの圧倒的推理力にあなたは頭を抱え、頬を緩ませることでしょう。
キャラの痛快な掛け合いに潜む、ミステリー用語。
間違いない、これはミステリーの深淵へと誘うべく配された、作者様の巧妙なるステマであるっ!
ミステリー用語が登場しますが、知識は不要です。しかし、読み終えればきっとあなたもミステリーに興味を持つことでしょう。

『ゲーム・オブ・モノケロス』から御作を拝読した自分は、その文体の変わり様に驚きました。
作者様はシリアスからギャグまで多才だなぁと感嘆させられてしまいます。

各キャラに想いを馳せつつ、ラストエピソードに目を通せばーー!!!???
驚愕の結末、ぜひご覧あれっ!

★★★ Excellent!!!

あらすじを読むと、「日常系バカミス」ということになっているのですが、ミステリそのものを題材に扱ったユルい学園コメディという見方もできる作品ですね。
というか、まさに「超すいり」というべきトンデモなオチの数々に思わずズッコケ(死語)てしまいます(笑)。

普通に読んでも面白いのですが、クイーンやらルルーやら、作中のネタ元になっている古典ミステリを多少なりとも知っていると、たぶん面白さ倍増ではないかと! 

★★★ Excellent!!!

ミステリーに興味があるけれど、何から読んでいいか分からない……そんな方はぜひ、この作品を読んで欲しいと思います!

私自身、ミステリーに興味があるけど詳しくない読者なので、作品で言及されている作家や作品についてもほとんど知りません。
ですが、親切にも作中で解説してくれているので安心です!

……そう、こういう親切さがミステリーというジャンルには欠けているのはないかと、初心者の私などは思うのです!

「こんなの、ミステリーなら常識だろう?」

……といった体で進むミステリー作品が多い(ような気がする)中、本作は主役がミステリーの知識がほぼゼロで、それでも推理を展開しようとする様は、とても共感できました!

また、作中で扱われている「事件」はどれも些細なものではありながらも、その内容や解決する手順はミステリーの手法そのままなので、頭を使うことなくミステリーの醍醐味が味わえる……まさにミステリー入門にうってつけだと思います!

……などとミステリーに疎い私が絶賛していいものか疑問も残りますが、ミステリー云々を抜きにしても面白いので、ぜひご覧ください!

また、これだけの作品を書くには、本当にミステリーが好きで、ミステリー作品を読みこんでいないと無理だろうなと思いました!

★★ Very Good!!

極限まで軽いです。
ライトすぎるライトミステリーです。
バカミスの頂点かもしれません。

本格的なミステリーとは言い難い本作。
しかし、謎を次々に産み出す力は他のどの作品よりも勝っているのではないかと思います。

読者が推理するという楽しい仕掛けも多くあり、私も楽しませてもらいました。
(正当率は2割くらいでした(´・ω・`))

最終話も面白かったです。
えっ!? ええええええ!?ってなりました。

★★★ Excellent!!!

↑上記キャッチコピーが、私の想いのすべてです!!

私は呪いに掛かっておりまして…。ミステリーを誤読する、書けない、「うぎゃー」ってなる。という恐ろしい呪いです。いつか解けるのか永遠に引きずるのか分かりませんが、まぁ兎も角そんなデバフ付きの私でも、御作は楽しむことができました!
おすすめおすすめ。

★★★ Excellent!!!

読み始める前に読者の皆様のレビューを眺めていたところ、『脱力系ミステリー』とあって、どういうことだろうと読み進めていたら、そのままその通りでした(笑)

推理物って、読む側も結構身構えるものなんですけど、これは全く身構えずに読めましたwちょっとした出来事を、大袈裟に騒ぎ立てる摩耶ちゃん。それに凄まじくキレのあるツッコミを入れるチャッピー。これで初めて成り立つミステリーってwwスピード感があって面白かったです。

最後の追加エピソードが衝撃的……!ミステリー慣れしていない方でも楽しめますので、何を読もうか迷っている方は是非ご一読を!

★★★ Excellent!!!

古今東西のミステリーを愛しているからこそ書ける、最高のバカミスです!
もちろんミステリーをあまり読んだことのない人も無問題!だって(いい意味で)バカだから!

おばかなヒロインも可愛すぎますし、ボケ・ツッコミや、ちりばめられた小ネタも笑えます。
これは読んでおいて損はないと思います♪

★★★ Excellent!!!

「超推理くらぶ」の日常に、平凡な物は一つも無い!
と言えば、どれ程奇想天外な事件が相次いで起こるのかと思いきや、実は至極平凡な日常が起こっているだけなのです。
しかしどんな事でも、見る角度を変えればそれは「みすてりー」になる!

等と言う書き方をすると、更なる誤解を招きそうwww
ハッキリ言えば「中〇病」の集まりでしたねwww
しかしそう言った不思議を探す「時代」と言うのは、きっと誰にでもある物ではないでしょうか?ここまでぶっ飛んだ事には、当然なりませんがwww

そう言った意味で、非常に楽しめる作品でした!

★★ Very Good!!

とにかくスピード感がすごい。
休む暇を与えることなく最後まで一気に読み進められる。
バランスの取れた登場キャラの馬鹿っぷりもさることながら、
ミステリー小説は陰鬱なイメージでちょっと苦手という人でも
サクサク読めるライトでポップな推理もの。
いや、もはやこれは妄想の世界か!

と思ったらやっぱり……

今すぐステッキを手に『超すいり』を楽しもう!

★★★ Excellent!!!

とでもいえばいいでしょうか。
キャラクターたちがわいわいと、どうでもいい事件に騒いでいる様がほほえましいです。ミステリーは確かに難しいですよね。だからこれはこれでアリなのかと思います。もっと学校ならではの事件が出てくると、話が広がりそうな気がしますね。

★★ Very Good!!

追加エピソードが思いのほか、ノリノリで笑いました。
日常もの・・・そうだな。推理好きたちが織りなす漫才の日常物。それがこの作品です。

うまくツッコミとボケが分かれており、安心して毎話見れるのがこの作品のいいところ♪

それにしても……ダークファンタジーから一気に作風が変わるものだす(`・ω・´)ゞ

★★★ Excellent!!!

日常をここまで非日常的に捉えることが出来るとは!
おそるべし『超すいり』!
摩耶ののかの超すいり力には、私のパロディー作家魂(?)が揺さぶられました!
ライバル心が芽生えたほど!(笑)
友達になりたいっ!

ののかは、描写の通りツインテール大賛成!
さらに私の勝手なイメージでは、小柄で可愛いくて、喋り方とのギャップが楽しめる感じの。
そんな子をスリッパで突っ込むの〜!?  みたく。
チャッピーは黒髪の、ニヒルなちょいイケメンが浮かびました。

クイーン降臨シーンは、キラキラ魔法少女変身シーンさながらの、これでもかというくらいド派手な背景に!

漫画になっても楽しめますが、小説としても、もちろん楽しめます!
ミステリー好きには堪らず、詳しくない人にも、ミステリーに興味を持つきっかけとなってくれる作品です。
個人的には、「ダージリンは死を招く(ローラ・チャイルズ作)」を、さっそく読んでみたいと思いました!

楽しませていただき、ありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

 微笑ましいおバカな推理を引っ繰り返すが如きスリッパの冴え。

 各話しっかり笑いを誘うひっくり返しを読ませてくれて、最後の最後でニヤリとさせられるどんでん返し。

 軽快なノリと際だったキャラクター、読ませてくれる文章と最後のオチ。ストーリーに動きもあるし、漫画でも面白そうですね。

 これが、超すいり……か!

 どちらの部活も楽しそう。いや、後者は、どうかな(苦笑)それはそれで楽しいか、うん。

 楽しく読ませて頂きました、ありがとうございます。 

★★★ Excellent!!!

馬鹿っぽくて呆れを通り越して笑いが滲んでくるライトなミステリーの連作です。
謎が提示され、それを解くのは普通のミステリーと変わらないけれど、若干読者も参加型であるのが楽しいなあと思いました。それにしてもヒロインが馬鹿すぎて(最高の褒め言葉!!)かわいいし、読んでると元気になれます笑
悩みが半分くらい吹っ飛びます笑 ぜひご一読してみてください!

★★ Very Good!!

連作ミステリーもの。

トンデモ推理を連発する摩耶に強烈なツッコミが……という本格ミステリーとはかけ離れたギャグ全開のミステリー。その軽快なノリとテンポよさによって楽しみながら読めました。

またキャラが個性的なところもいいですね。いくらでもストーリーが作れるフォーマットなので、この面々でもっと話を読んでみたいです。

ライトミステリーよりも更にライトなミステリー。気楽に楽しみたい方は読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

 ブフォ! となんど心の中で吹いたかわかりません。

 ボケにミステリーを絡めてあるだけあって、どうなるのか先がまったく読めませんでした。

 これは先々がミステリーだなあ、彼らの人生。心の中でつぶやきをもらしつつ……。

 読ませていただきありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

親しみの持ちやすいタイトルのイメージ通り、彼らの日常を綴る物語もまた賑やかな中に潜む事件を解決する本作。

ちょっとした頭の体操をしつつ、キャラクターたちの和気藹々を楽しめる『超すいりくらぶ』の面々は、キャラ・ミステリとして一定以上の成功を収めている。

真剣に推理する反面、謎を解く馬鹿馬鹿しさを強調する探偵役もミステリに対するイロニーとして成立しており、平坦なロジック・パズルから脱却していた。

こんな青春、送りたかった...。

★★★ Excellent!!!

終始たのしい雰囲気で読ませてくれる、作者さんのミステリー愛が詰まった本作。超すいりくらぶの日常。

それがまさかの日常で……。

からの、ラストの~『ミステリー研究部おれたち』の日常は今始まったばかりだ!に、おもわずにんまり。

生きていればいいことがあるもんだ。な? チャッピー。

★★★ Excellent!!!

ミステリーが好きすぎて、自ら謎をでっち上げる「超すいりくらぶ」の皆様♪
可愛いというか、気持ちわかります!
私も学生の頃、死体を探して歩いてました(笑) 

謎自体は面白い日常系なのですが、その話の中にはミステリーの巨匠のお名前やウンチクがちりばめられ、ミステリー好きにはたまりません!

豊富な知識に基づく、痛快な笑いとプロット。
ミステリーの入り口へ、いらっしゃいませ。

★★★ Excellent!!!

しかし!
こいつらは謎を自分達で見つけてあまつさえ創り出してしまう。

それが超すいりくらぶだっ!

読者への視線誘導とコンパクトに纏められた日常系推理は読み易く、推理ものなのに流し読み出来ちゃうライトさ。

漫画原作想定作品ということで、尺もほどよく、テンポもいいです。

推理系日常ゆる4コマで脳内再生すると更に読み易くなります。巨乳の子がすごくバランスのいいキャラで、人気出そうです。

十戒や二十則もちらりと出て来ますし、ミステリーへの愛が伝わってくる作品です。

って!
あなざーえんでぃんぐストーリー!

あくまでもアナザーということで。

★★★ Excellent!!!

 しかし、コナンドイルでもなく、クリスティでもなく、クィーンとは。なかなかの変化球です。クィーンとくるなら、もしかして……? と思ってたらやっぱり出ました!! ダイイングメッセージ!!! しかしコレ、ミステリ通しか分かんねえよ。俺は好きだけどね。できればカーとか、ポー好きのキャラとかかが、それぞれのネタで対決、とかやって欲しいな。

★★★ Excellent!!!

 こういうミステリー作品を待ってました!
 というのもミステリー小説とかミステリー番組の謎が難しい、マニアック過ぎて謎が解かれても「あ、そう」としか思いませんでしたが、
 この作品は謎でも何でもない日常を謎に仕立て上げてるので、
 読者でも「当てようと思えば当てられます」
 そして、第2話くらいにはこの作品の軸である摩耶のボケなどの「お約束」を読者に馴染ませる作者の技術によって、
 傍観者であるチャッピーと同じ目線で作品を楽しむことができます。
 これは是非漫画化してほしいです。
 面白い作品をありがとうございました(^_^)

★★★ Excellent!!!

 作者さんのペンネームからも分かる通りミステリ好きが高じて書かれた、ミステリ好き(らしい)高校生たちののんびりした放課後を独自視点で描いています。
 話しの終わりにある『読者への挑戦状』、これが出たらもう一度読み返してみてください。
 真相に辿りつけなくても、新たな発見がある、かも。

★★ Very Good!!

ミステリーと聞くと手を出しにくい方もいると思います。
ですが、ご安心を!
この作品はとてもライトな感じに物語が進み、どなたでも楽しめるようにできています。
各話ごとにあるちょっとした謎。
その問題を、ツッコミしつつ解決していく話の運び方は、読んでいくうちにくせになりました。
愉快なキャラクター達の掛け合いもそれを手助けしていますね。

★★★ Excellent!!!

土用の丑の日ということで、晩飯に鰻。用意できるまでに、さわりだけでもチラッと読んでみよう――と思ったのが大間違い!
ハマったハマったw 最後まで読まずにいられなくなりました。
「審判の聖杖」を行う摩耶を想像すると、もう、ね?
スパコオオオン!も、出たー!ってなってくるし、悪い魔力に憑りつかれましたね。
もし、都合がよろしかったらぜひ他のエピソードの追加もお願いしたいです。字数に余裕ありますよ!(にやり

★★★ Excellent!!!

この物語って、ミステリーのカテゴリーなんですよね?
えっ? そんなこと今更言われても、てっきりミステリーだと思ってドアを開けたのに……
騙された私が悪い、きっちり最後まで読んでいけって、そんな強面で凄まなくても。

はいはい、じゃあ読みますよ……

えっ、ちょっと、何コレ?
面白いんですけど! を飛び越えて完全に私のツボにはまっちゃってますよ、コレ。
えっ、もう終わり?
それはないですよ、オニイさん。
ここまで無理やり引っ張ってきたのは、オニイさんですよ。
もっと読ませてくださいよっ!
読ませないなら、こっちは出るとこ出るよ。困るのはそちらさんだよ、それでもいいの?

というわけで、完璧にハマりました。面白い!

★★★ Excellent!!!

良かったです。活動をしそうでしなくてちょっぴりする、良質な部活モノでした。

個人的には3話あたりからクスッとするようになり、4話以降はいっぱい笑わせてもらいました。
たぶんこちらの作品のノリに慣れてきた頃から、楽しめるようになったのかと思います。

それと僕自身のことになってしまうのですが、最近自分の居場所を見失いがちで、主人公がこの部活に馴染んでいく姿を見ながら、何となくジーンとしました。
日常の中のハートフルも感じることができる作品となっていますよ。

★★★ Excellent!!!

日常の謎(?)を仕立て上げては推理(という名のボケ)を繰り返す日常。
推理もトンデモですが、そもそも謎と判定する基準もトンデモなのでなにがなにやら!
しまいにはとりあえず推理とか超越したところで、どうボケるのか、いつツッコむのかワクワクしてしまいます。

一方、作中に出てくるミステリーの小ネタから作者さまのミステリー好きさが伺えます。
それを踏まえてのこのおバカですから……ミステリー好きの方にもきっと楽しめるのではないかと、たぶん!
(私は海外作家のはほとんど読んだことがなく、作者名を知っている程度なので「たぶん」なのです、すみません……)

漫画原作コンテストにも参加中なようで、推理(という名のボケとツッコミ)の絵は漫画として映えそうですよねー!
ぜひとも漫画でも読んでみたいです。

Good!

そんなんわかるかぁ!

と思ったのも最初のうちだけ。

慣れてしまえば、ちゃんと推理できる材料が揃っていることに気がつく。

コミカルで軽いから頭の体操にもってこい。


いっこだけ難を言うと、誤字脱字ありすぎ。
他のジャンルならまだしも、ミステリでそれは致命傷になりかねないから気をつけて欲しい。