書き出し小説はいかがですか?

作者 宮下愚弟

44

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

人の見た目が100パーセントなら、小説は書き出しかな。
(「なら」だからね。「なら」だったらだからね!)

小説の書き出しって、小学校時代に書いた作文のように結構悩む部分で(ソースは私)絞りだした一行は案外平凡というか、無難というか……そういった文章になりがちです(ソースは私←ここ重要!)
冒険しすぎた文章だと、暗い洞窟の奥深くまでさ迷っちゃいますので。

『書き出し小説はいかがですか?』のアイデアは、書き出しだけ、つまり後先考えないで書けるから、どんな冒険をした文章でも大丈夫。
だからこそ、面白い。クスっと笑ったり、おいどうすんだよと突っ込んだり、思わず何度も読み返してしまう素敵で酷い(誉め言葉)書き出しとなってるのです。
アイデア自体は作者のものではないそうだが、しっかりと自分のものにしていると本作では感じました。

私のお気に入りは『プレゼント』『召喚』『十五匹目の猫』で思わず何度も見返しました。前2つは思わず吹き出して、3つ目のは状況を想像してムムムと続きを自分で考えてしまうようなものとなっています。

多分、このレビューの→here!←まで読むよりも、サクサクと読み進めていけますので、迷っているなら読んじゃったほうが早いです。
マジ、おすすめっす( ゚Д゚)

★★★ Excellent!!!

子供の頃にスーパーのお菓子売り場で夢見たような、お菓子のつまみ食い。そんな書き出し小説でした。ひとつひとつは小さいけれど、ちゃんと甘くて、ちゃんと美味しい。それで、しっかり余韻も残る。書き出しだけのはずなのに、「物語のすべて」も感じる、楽しい小説。次の「書き出し」が楽しみです。

★★ Very Good!!

書出し小説と言っているが、中にはショートショートのようにオチが付いているものがある。そういうものだと、その文のあとに広がる世界への想像力をかき立てられないので残念。本の書き出しだけで構成されたサイトの事に思いを馳せたくなる。書き出しだけを眺めて、その文の可能性に浸っている時間の、なんとなく豪華な感覚を思い出しました。