【SS・脚本】アルゴからの贈り物

作者 ハギわら

42

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 軽快なテンポが読みやすいです。
 だんだんボケとツッコミのようになってくる良太とアルゴの会話が面白い! 人間の成長に必要な、感情。あらゆる感情を一つずつ読み解いていく過程で成長していく主人公。友情あり、恋あり、そして最後は切ない別れ。
 SFとしての面白さもあります。AI・・・感情を手に入れるのは本当に可能なのか? 途中からすでに備わっているような感じもするし、やはり機能のような気もする。ラインをひくのは難しいのでしょうね。
 キャラもしっかりしていて好感がもてます。
 最後まで面白く、根底には考えさせられることのある作品でした。

★★★ Excellent!!!

この湧き上がってくる感情は何なのか。
一件、なにげない場面を切り取っているように見える。
良太とアルゴの生活をそのまま書いているだけ。

だから、作品は無味乾燥に見える。

しかし、作者は良太のアルゴの生活をそのまま読者に追体験してもらいたいのだ。
良太とアルゴの絆を大切にしているために、自分の意見を付け加えたくないのだろう。
地の文を書こうと思えば書けるのは、他の作品をみればわかる。

よくわからないが、妙に心に突き刺さる作品でした。

★★★ Excellent!!!

小説はこうあらねばならない、そんな概念を吹き飛ばす物語です。

独特の語り口で、少年とアルゴの成長記録をつまびらかに表して、読み手を引き込みます。

頭の中にあふれ出る物語を全部すくいきれない歯痒さを、所々カバーする書き手の真摯な態度にも好感が持てます。

この物語は、ハギワラさまにしか絶対に描けない。

クセになってしまいそうです。

★★★ Excellent!!!

絶妙なテンポの青春もの。

この作品の文体は脚本的なスタイルで、それがまたいい感じに登場人物たちの掛け合いを助長しており、非常に楽しめました。カクヨムには日記風や手紙風な作品もありますので、この脚本風の作品もアリだと思います。

内容をザックリと言い表すと、引きこもり中学生がリア充への道を駆け上っていく作品です(ザックリし過ぎてますが)。公太と美紀との青春模様が、コミカルでありつつも王道を抑えていてとても素晴らしかったです。まさに贈り物ですね。

個人的なことですが、なぜかデブトリオを気に入ってしまいました。願わくば今後も登場してほしいです。


5/30追記
以前レビューで「リア充への道を駆け上がっていく作品」と評しましたが、本当にリア充の道を駆け上がりきった大団円なラストでした。完結おめでとうございます。
では最後に、
アルゴ!! ありがとうーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

★★ Very Good!!

 主に二人でしゃべってる感じというか脚本のような作りになっていて逆に新鮮だった。
 これは一種のコントとして見た方が良いのかもしれない。
 風景描写が少ない分、人の会話がその分際立っている。それ故の舞台劇、だから考えてしまう。このやりとりを。
 割とコミカルなしゃべり口調だしそういう意味では楽しめた。
 今後に期待かな。

Good!

小説というよりはネットSS、あるいは舞台脚本に近い書き方でした。
文章を書き始めてまだまだ初心といった感じですが、ストーリーの根底にあるのは少年×人外という王道なものでした。『寄生獣』や『うしおととら』に近いものがベースになっていると思います。

アルゴのアップデートと共に、良太がどのように成長し、新たな世界を切り開いていくのか。読者に満足を与えられるストーリーを展開していってほしいです。

★★★ Excellent!!!

やんごとなき事情で不登校になった少年が、頭でっかちで過激な彼との二人で、感情を再確認する追憶のお話。
主題となる感情が短編の様に繋がっていて負荷なく読めます。漫才の様な楽しいやりとりがあれば尚更だ。
空いた時間にも重宝しますね。ではまた来ます、お疲れ様です。