第2話 PV王に俺はなる!

「おめでとう、俺は美少女になった。」は、

 昨日 11時過ぎ 

  ★32 アクセス1,419PV

でした。

 今日 11時過ぎ 

  ★37 (5増) アクセス1,646PV (227PV増)


3月10日付ランキングは65位から49位になりました。


 運がいいことに昨日は2人★を入れてくださったのでPVが増えてもランキングが上がったようです。


 でもね、毎日★が増えるわけでもないし、昨日Twitterで

「★のパワーが足りないので、助けて」

とつぶやいていた方は10位台からランキング一桁になってました。既に★について書いていたつぶやきは削除されてましたけど。

 恋愛・ラブコメ部門はランキング5位内に入っていても1日のアクセス数はせいぜい300くらい。50くらいしかアクセスが増えないで★だけ増えていく人もいます。


  それが営業努力というものなのでしょうか。


 私は違うと思います。


 私の小説は、アクセス解析を見たところ、1章完結するごとにまとめ読みをされている方が多いようです。あと、一気読み。

 しかも、じわじわ1日のPV数が増えてきているので、★が多少ついたとしても、ランキングに残る可能性は少なくなります。(★数/PV数がランキングのベース)

 一部の方に読んでいただくより、多くの方に読んでいただけたらそれだけで有り難いもの。そして小説を読んでくださる方全員がカクヨムに登録しているわけでもないはずです。

 完結していない作品ですから★について多くを望むのは贅沢なのです。


 ランキングに残るための努力をするよりも、ここまできたら


   俺は恋愛・ラブコメ部門のPV王になる!


くらいの気持ちでいいのかなと考えるようになりました。


 ランキングから転落しても仕方ないですね。1人でも多くの方に読んでいただけるようにひたすら更新を続けるだけです。


 少し落ち込んだりしましたけど、3月23日頃には遅くても小説は完結していると思います。

 今は、締め切りまでに恋愛・ラブコメ部門でのPVがどこまで伸びるか楽しみです。


 でも、現在進行中の小説でも面白いと思ったら誰の書いたものであっても、どんどん評価してくださいませ。

 書きたい人は評価の有無に関わらず、書き続けます。

 それでも心が弱くなったとき、いい評価というものは、やはり書き続ける力の源になるのです。


【なんと連載再開となってしまいました。続きます】

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます