第7話 私がお勧めするTwitterの使い方

 私の書いた

『おめでとう、俺は美少女に進化した。』

は、完結した3月22日11時ごろのアクセス数は6,068。★の数は73。ランキングは恋愛・ラブコメで11位。

 4月12日11時ごろのアクセス数は39,658。★の数は274。ランキングは恋愛・ラブコメで2位。総合ランキングで14位。


 完結したら読まれないってよく言われていますが、そんなことはないと思います。


 沢山の方に小説を読んでいただくための努力をしておりますが、それが正しく伝わるかは読者の方の判断。

 ブラバ率が高いネット小説で最後まで読んでいただくために小説を何度も推敲するのが基本だと思います。

 今でも、紛らわしい文章があったら日々直しています。

 

  「ネット小説は一度読んだら、二度と読まない」


という方はいますが、面白かったら何度も読み返す方もいます。

 まずは、初めて自分の小説を読んでくださる方によりいいものを読んでいただき、

 「面白かった」

と口コミで広めてもらうのです。


 誰かがあなたの作品が面白かったとつぶやくことで、拡がることはあります。

 4月になって、Twitterで読み専の方が面白い小説を探しているとつぶやいたときに

「おめでとう、俺は美少女に進化した。」

が面白かったと推薦していただけたツイートを見つけました。


 本当に有り難いことだと思います。


 私はカクヨムでレビューをいただくとTwitterでこういうレビューをいただいたとつぶやき、カクヨムでレビューをしていなくても

「面白かった」

とTwitterでつぶやいてくださった方には、お礼の言葉をお伝えしてます。

 自分の作品名で検索したら、ツイッターでもwebでも探せます。

 是非、自分の言葉でお礼を伝えてください。

 そういうコミュニケーションにTwitterは向いています。


 闇雲に自作の宣伝をするだけがTwitterの使い方じゃないんですよ?


 あまり知られていませんが、『モノクローム・サイダー』の作者の鯨武さんはフォロワーが1万人を超えている方です。

 小説を読んでくれとたくさんつぶやいているわけではなく、普段の何気ないつぶやきの合間に小説の事をつぶやいてます。


 今回の熊本地震の支援でモノクローム・サイダーの宣伝ツイートをリツイートしたら1リツイートされるたびに10円自腹で寄付する企画も立ち上げてます。


 彼のつぶやきがテレビに取り上げられたり、まとめサイトに載ることもよくあります。わたしも鯨武さんが奥様とやった賭けのことはフォロワーじゃないときから知ってました。

 鯨武さんは本当に楽しい方で人間としてのファンが多い方です。

 その結果、恋愛・ラブコメ部門で3位のレビュー数を誇っているのが、全てを物語っています。


 Twitterは、鯨武さんのように面白いことを沢山つぶやいて自分のファンを作っちゃいましょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます