「瓶に挿した花。」

作者 星村哲生

悲しい時も時間は過ぎる

  • ★★ Very Good!!

ガラス瓶と花を使って、人生の儚さを歌っている。
細やかな描写から、作者の感受性の高さが分かる一作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

みんちさんの他のおすすめレビュー 119