「瓶に挿した花。」

星村哲生

「瓶に挿した花。」

 季節の変わり目 変わり映えのしない毎日

 開け放った窓からはいつもと同じ 海からの湿った風

 ベランダの右隅には ガラスの瓶と枯れた花

 君と一緒にいたときは 窓際に置いて

 欠かさずに 咲かせていたのに



 ガラス瓶に挿した花

 道ばたの 折れた花を見て君は言う

「折れた花を見て悲しむのは 一方的な感情移入だって

 本に書いてあったけど」


 言いながら君は 花を瓶に挿して窓際に飾ってくれた

「こうすれば 折れた花じゃなく 摘んだ花でしょ」

 君はそう笑ってた

 そんな言葉も 今は遠くに感じるよ



 ガラス瓶に挿した花

 君との思い出も 折れたときに戻ったよ

 君の 強さが 飾り気のない優しさが

 僕の心に 満ちていたのに

 今は 空っぽになったよ



 気がつくと いつもの散歩道

 君と夢を語り合った道 一人で歩くと感じるのは

 どこを見ても 探しても

 色の無い空 匂いの無い風

 まるで瓶の底を ぐるぐる回っているようだよ



 ガラス瓶に挿した花

 君と一緒に 歩いて行けたなら

 どんな景色も 広がっていったのに


 今は君との思い出を なぞる事しかできないよ

 でも わかったんだ 君が気づかせてくれたんだ

 答えは最初から 君が言ってた事なんだ



 ガラス瓶に挿した花

 君との思い出は 君が教えてくれてた事

 折れたんじゃなくて 君が摘んでくれていたんだね


 花が枯れるのは さみしいけど

 枯れない花は 花じゃないから

 枯れても土に 根を残してくれるから



 ガラス瓶に挿した花

 君と一緒に飾った花は 枯れてしまったけど


 花は土に還そう 瓶は洗って乾かそう

 君との思い出が残せるように

 道に咲いた 新しい花を挿せるように



「もう一度、花を探そう。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

「瓶に挿した花。」 星村哲生 @globalvillage

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ